研究者
J-GLOBAL ID:201601003573446979   更新日: 2021年04月02日

宮坂 武志

ミヤサカ タケシ | Miyasaka Takeshi
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 工学研究科  教授
研究分野 (2件): 航空宇宙工学 ,  プラズマ科学
研究キーワード (24件): 電気推進・宇宙推進システム工学 ,  電気推進 ,  TiN ,  超耐熱材料 ,  ガストンネル型プラズマ溶射 ,  ジルコニア複合膜 ,  シミュレーション工学 ,  壁面効果 ,  電気推進機 ,  プラズマ計測 ,  オリフィス形状 ,  推進性能 ,  プラズマ ,  流体 ,  航空宇宙工学 ,  放電振動 ,  振幅抑制 ,  推進・エンジン ,  ホール推進機 ,  航空宇宙流体力学 ,  流入条件 ,  ホールスラスタ ,  粒子シミュレーション ,  ロケット
競争的資金等の研究課題 (18件):
  • 2020 - 2023 多孔板への噴流衝突を利用した高圧水素設備の安全性向上技術の評価
  • 2019 - 2022 アノードレイヤ型クラスタシステムの干渉物理解明と最適化
  • 2016 - 2019 マグネチックレイヤ型クラスタシステムのプラズマ干渉物理の解明と最適化
  • 2016 - 2017 メタン直接分解水素製造システムの開発
  • 2012 - 2015 ホール推進機クラスタシステムのビーム・磁場干渉物理の解明とシステム最適化
全件表示
論文 (86件):
  • Makoto Asahara, Tei Saburi, Toshiki Ando, Yoshiaki Takahashi, Takeshi Miyasaka, Shiro Kubota. Self-ignited flame behavior of high-pressure hydrogen release by rupture disk through a long tube. International Journal of Hydrogen Energy. 2021. 46. 24. 13484-13500
  • Takeshi Miyasaka, Kouji Nishigaki, Yoshimasa Matsui, Makoto Asahara, Tomoya Inaba, Riku Ono, Shoki Kumagai. Impulse bit and ablation characteristics of double cylindrical pulsed plasma thruster. Vacuum. 2021. 186
  • Takeshi Miyasaka, Tomoya Inaba, Riku Ono, Makoto Asahara. Performance of Double Cylindrical Pulsed Plasma Thruster. Plasma Application & Hybrid Functionally Materials. 2021. 30
  • Akane Kato, Ryo Nagao, Kohei Fukagawa, Naoto Maeda, Takeshi Miyasaka, Makoto Asahara. Plume Interference Evaluation of Racetrack Anode-Layer System. Plasma Application & Hybrid Functionally Materials. 2021. 30
  • 朝原 誠, 服部 晏明, 宮坂 武志, 神谷 朋宏. 衝撃波発生時間の高精度制御を実現するレーザー破膜衝撃波発生法の確立. 日本機械学会論文集. 2020. 86
もっと見る
MISC (23件):
書籍 (1件):
  • 電気推進ロケット入門
    東京大学出版会 2003 ISBN:4130628054
講演・口頭発表等 (12件):
  • Effects of Plume Interaction on Operational Characteristics of Side by Side Hall Thruster Systems
    (2014)
  • Investigation of Side by Side Hall Thruster System
    (2013)
  • Overview on Developments of High-Power Anode Layer Thruster in Japan
    (2013)
  • 粒子法によるイオンエンジングリッド粒子解析
    (JAXA 2010)
  • 粒子シミュレーションによるホールスラスタ内プラズマの可視化
    (可視化情報学会・年会 2007)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 名古屋大学大学院工学研究科航空工学専攻
  • 東北大学理学部物理第2学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (名古屋大学)
経歴 (3件):
  • 2012 - 2014 岐阜大学 工学部 准教授
  • 岐阜大学工学部機械システム工学科 准教授
  • 名古屋大学大学院工学研究科航空宇宙工学専攻 助手
委員歴 (4件):
  • 2018 - 現在 JAXA ETS-9ホールスラスタ技術委員会
  • 2019/04 - 2021/03 宇宙科学研究所 スペースチェンバー専門委員会 委員長
  • 2020/11 - 2020/11 岐阜県高等学校文化連盟自然科学部会 研究発表会講師、審査員
  • 日本航空宇宙学会中部支部 日本航空宇宙学会中部支部商議員
所属学会 (5件):
日本機械学会 ,  プラズマ応用科学会 ,  日本航空宇宙学会 ,  日本燃焼学会 ,  アメリカ航空宇宙学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る