研究者
J-GLOBAL ID:201601003667399702   更新日: 2020年05月30日

上野 賢一

ウエノ ケンイチ | Ueno Kenichi
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 経済政策
研究キーワード (4件): 計量経済分析 ,  不動産 ,  公共経営 ,  公共政策
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2018 - 2020 放置空き家発生リスクに焦点をあてた賃貸住宅の空き家の実態分析
論文 (7件):
  • 上野 賢一. 日本のPFI事業におけるBOTとBTOに関する一考察. 日本不動産学会誌. 2019. 33. 2. 98-103
  • 上野賢一. 中心地からの距離と住宅地価格の関係における地域間の比較について. 日本不動産学会誌. 2018. N0125. 2018 VOL.32 NO.2. 119-126
  • 上野 賢一. 首都圏における中心地からの距離と住宅地価格の関係性に関する一考察. 日本不動産学会誌. 2017. NO.120. 2017 Vol.31 NO.1
  • 上野賢一. 官民パートナーシップと不動産特定共同事業. アーバンスタディ. 2017. 64. 97-100
  • 上野賢一. カナダの不動産事情について. 不動産鑑定. 2017. 第54. 第5. 40-44
もっと見る
MISC (3件):
  • 上野賢一. 世界の住宅価格と日本. 土地総研メールマガジン. 2019. 第78号
  • カナダの不動産市場からの一考察. 土地総合研究所 メールマガジン「今月の窓」9月号. 2017
  • シンガポール都市戦略・不動産市場等調査. 新都市. 2011. 65. 102-105
講演・口頭発表等 (5件):
  • 住宅地価格の下落要因に関する分析
    (日本不動産学会2019年度秋季全国大会(第35回学術講演会) 2019)
  • 日本のPFI事業におけるBOTとBTOに関する考察
    (国土交通政策研究所研究発表会 2019)
  • 日本のPFI事業における事業方式の再検証
    (日本不動産学会2018年度秋季全国大会(第34回学術講演会) 2018)
  • 地価勾配曲線の比較からの一考察
    (国土交通政策研究所研究発表会 2018)
  • 地価勾配曲線の比較に関する一考察
    (不動産学会2017年度秋季全国大会(第33回学術講演会) 2017)
学歴 (2件):
  • 1994 - 1996 東京大学
  • 1984 - 1988 東京大学 経済学科
学位 (1件):
  • 経済学修士 (東京大学)
経歴 (7件):
  • 2019/07 - 現在 国土交通省中部地方整備局 副局長
  • 2016/09 - 2019/03 日本大学 経済学部 教授
  • 2015/07/31 - 2016/08/31 国土交通省 土地・建設産業局地価調査課 課長
  • 2013/04/01 - 2015/07/30 国土交通省関東地方整備局 建政部 部長
  • 2011/06/30 - 2013/03/31 西日本高速道路株式会社 総務部 部長
全件表示
所属学会 (2件):
応用地域学会 ,  日本不動産学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る