研究者
J-GLOBAL ID:201601003716029401   更新日: 2021年04月19日

齋藤 貴之

Saitoh Takayuki
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): その他 ,  血液、腫瘍内科学
研究キーワード (5件): 多職種連携 ,  遺伝子多型 ,  DNA修復 ,  多発性骨髄腫 ,  白血病
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2017 - 2021 マイクロPIXEによる骨髄異形成症候群の血球中微量元素の動態解明と新規治療薬開発
  • 2017 - 2020 DNA修復に着眼した多発性骨髄腫の耐性機構の解明と新たな治療法の開発
  • 2016 - 2020 臨床検査値調和化ネットワークの構築と大規模症例集積によるEBLM実践環境の創出
  • 2015 - 2020 WHOとの連携に基づくチーム医療教育効果に対する2施設縦断研究とアジア展開
  • 2016 - 2019 PD-1遺伝子多型解析に基づく多発性骨髄腫治療効果予測バイオマーカーの検討
全件表示
論文 (273件):
  • Tetsuhiro Kasamatsu, Nao Hashimoto, Nao Sakaya, Maaya Awata-Shiraiwa, Rei Ishihara, Yuki Murakami, Yuta Masuda, Nanami Gotoh, Kazue Nagai, Tsukasa Oda, et al. IDO2 rs10109853 polymorphism affects the susceptibility to multiple myeloma. Clinical and Experimental Medicine. 2021
  • Tsukasa Oda, Ruri Nakamura, Tetsuhiro Kasamatsu, Nanami Gotoh, Keiko Okuda, Takayuki Saitoh, Hiroshi Handa, Hirokazu Murakami, Takayuki Yamashita. DNA-double strand breaks enhance the expression of major histocompatibility complex class II through the ATM-NF-κΒ-IRF1-CIITA pathway. Cancer Gene Therapy. 2021
  • Takayuki Saitoh, Tsukasa Oda. DNA Damage Response in Multiple Myeloma: The Role of the Tumor Microenvironment. Cancers. 2021. 13. 3. 1-22
  • Yuuju Kanayama, Tetsuhiro Kasamatsu, Maaya Awata, Rei Ishihara, Yuki Murakami, Yuta Masuda, Nanami Gotoh, Hiroshi Handa, Takayuki Saitoh, Hirokazu Murakami. SF3A1 Gene Polymorphism Affects Clinical Features, but not Susceptibility to Myelodysplastic Syndromes. The Kitakanto Medical Journal. 2020. 70. 4. 315-323
  • Hiroshi Handa, Kazuki Honma, Tsukasa Oda, Nobuhiko Kobayashi, Yuko Kuroda, Kei Kimura-Masuda, Saki Watanabe, Rei Ishihara, Yuki Murakami, Yuta Masuda, et al. Long Noncoding RNA PVT1 Is Regulated by Bromodomain Protein BRD4 in Multiple Myeloma and Is Associated with Disease Progression. International journal of molecular sciences. 2020. 21. 19. 1-17
もっと見る
MISC (117件):
  • 須永 征伸, 小田 司, 山根 瑛子, 石原 領, 村上 有希, 浅尾 優太, 武井 寿史, 小林 宜彦, 大崎 洋平, 松本 守生, et al. DNA損傷修復応答に関与するDNAポリメラーゼPOLQとPOLHの多発性骨髄腫における発現. The Kitakanto Medical Journal. 2019. 69. 3. 296-297
  • 橋本 菜央, 横濱 章彦, 粟田 真彩, 浅尾 優太, 須永 征伸, 相馬 佳奈, 山根 瑛子, 石原 領, 村上 有希, 後藤 七海, et al. 末梢血幹細胞採取におけるSphingosine-1-phosphateの関与. The Kitakanto Medical Journal. 2019. 69. 3. 300-301
  • 粟田 真彩, 横濱 章彦, 橋本 菜央, 後藤 七海, 笠松 哲光, 齋藤 貴之, 半田 寛, 塚本 憲史. 次世代シーケンサーを用いた原発性マクログロブリン血症およびIgG産生型リンパ形質細胞性リンパ腫における遺伝子変異の解析. The Kitakanto Medical Journal. 2019. 69. 3. 301-301
  • 相馬 佳奈, 後藤 七海, 笠松 哲光, 須永 征伸, 山根 瑛子, 村上 有希, 石原 領, 粟田 真彩, 半田 寛, 齋藤 貴之. Th1サイトカイン遺伝子多型は慢性免疫性血小板減少症(cITP)の重症度に影響する. The Kitakanto Medical Journal. 2019. 69. 3. 301-301
  • 山根 瑛子, 小田 司, 須永 征伸, 村上 有希, 石原 領, 浅尾 優太, 武井 寿史, 小林 宜彦, 大崎 洋平, 松本 守生, et al. 多発性骨髄腫におけるc-MAF、MAFB発現とp53. The Kitakanto Medical Journal. 2019. 69. 3. 302-303
もっと見る
書籍 (24件):
  • 多発性骨髄腫の診療指針 第5版
    日本骨髄腫学会編 2020
  • カルフィルゾミブ登場の意義と期待.多発性骨髄腫診療PROGRESS. 赤司浩一監修.
    メディカルビュー社 2016
  • 多発性骨髄腫におけるmiRNA異常.造血器腫瘍アトラス改訂第5版.谷脇雅史、横田昇平、黒田純也編、
    日本医事新報社 2016
  • 多発性骨髄腫学 -最新の診療と基礎研究- 高齢者骨髄腫の治療-脆弱性の評価と治療の選択・用量調節 日本臨床
    日本臨牀 2016
  • 多発性骨髄腫におけるエピゲノム異常とmiRNA
    血液内科 2016
もっと見る
講演・口頭発表等 (277件):
  • P53 Pathway Activation Mediated High c-MAF Expression Is Associated with Overall and Post-Progression Survival in Multiple Myeloma
    (第61回 アメリカ血液学会 2019)
  • DNA Polymerases Pol θ/Pol η Involved in Error-Prone DNA Repair Are Highly Expressed in Multiple Myeloma and Upregulated By DNA Damage
    (第61回 アメリカ血液学会 2019)
  • Impact of Continuous and Maintenance Therapy on Survival Outcome in Patients with Newly Diagnosed Multiple Myeloma: A Multicenter Retrospective Collaborative Study of the Japanese Society of Myeloma
    (第61回 アメリカ血液学会 2019)
  • Th1 Cytokine Polymorphism Gene: TNF-Alpha -857C/T Affects the Pathogenesis and Progression of Acute Myeloid Leukemia
    (第61回 アメリカ血液学会 2019)
  • 多発性骨髄腫におけるc-MAF、MAFB発現とp53
    (第66回北関東医学会総会 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1991 群馬大学
  • - 1991 群馬大学 医学科
学位 (1件):
  • 医学博士 (群馬大学)
経歴 (7件):
  • 2016 - 現在 群馬大学大学院 保健学研究科 生体情報検査科学 教授
  • 2012 - 2016 群馬大学大学院 保健学研究科 生体情報検査科学 准教授
  • 2008 - 2012 群馬大学医学部附属病院 腫瘍センター 助教 副センター長
  • 2004 - 2008 群馬大学 血液内科 助手、助教
  • 2001 - 2004 UCLA Hemtology/Oncology CSMC Post Doc
全件表示
委員歴 (7件):
  • 2018 - 現在 Asian Myeloma Network members
  • - 現在 セルセラピー 世話人
  • - 現在 群馬県外来化学療法研究会 世話人
  • - 現在 日本骨髄腫学会 代議員
  • - 現在 日本血液学会 専門医 指導医 評議員
全件表示
受賞 (8件):
  • 2013 - Travel Award of KSBMT
  • 2011 - 日本血液学会優秀ポスター賞
  • 2011 - 日本血液学会優秀ポスター賞
  • 2011 - 日本血液学会優秀ポスター賞
  • 2011 - 関東造血幹細胞移植共同研究グループ奨励賞
全件表示
所属学会 (9件):
セルセラピー ,  日本検査血液学会 ,  群馬県外来化学療法研究会 ,  日本骨髄腫学会 ,  日本造血細胞移植学会 ,  日本臨床血液学会 ,  日本血液学会 ,  日本内科学会 ,  Asia Myeloma Network
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る