研究者
J-GLOBAL ID:201601003872467532   更新日: 2020年10月09日

東 志保

Azuma Shiho
所属機関・部署:
職名: 助教
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (1件): 芸術実践論
研究キーワード (4件): フランス ,  比較文化 ,  ドキュメンタリー ,  映像
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2019 - 2019 映画、写真、ビデオ、インスタレーションの美学的観点からの比較研究
  • 2017 - 2019 映画における移動の意味に関する研究-イヴェンス、マルケル、ヴァルダの作品を中心に
論文 (7件):
  • Shiho Azuma. The utilization of the lightweight equipment by Jean Rouch and Chris Marker: Cinéma vérité and images of Africa. Dispositif, Cinema & Transmedia Institute at Dong Eui University. 2020. 6. 7-18
  • 東志保. ヨリス・イヴェンスのエッセイ映画-『セーヌの詩』から『ロッテルダム・ユーロポート』まで. Arts and Media. 2019. 9
  • 東志保. Villes Ouvertes. La flânerie dans les images urbaines de Chris Marker. パリ第三大学(博士論文). 2014
  • 東志保. クリス・マルケルのOuvroirにみられる戦争の記憶. 年報カルチュラルスタディーズ. 2013. 1. 123-138
  • 西川葉澄, 東志保, 古賀健太郎. TAとの連携による課外活動の試み. RENCONTRES. 2013. 27. 75-79
もっと見る
MISC (11件):
  • 東志保. 映画史のふたつの潮流について:国際共同研究促進プログラムの報告とその後の雑感. Arts and Media. 2020. 10. 259-261
  • 東志保. 須藤健太郎著『評伝 ジャン・ユス ターシュ 映画は人生のように』. 日本映画学会会報. 2020. 59. 10-13
  • 東志保. 連続公開セミナーおよび国際ワーク ショップ「展示の映画」(5/8, 15, 22, 29)「イメージと時間:写真、映画、ニ ューメディア」(5/26). 表象文化論学会ニューズレ ター『REPRE』. 2019. 37
  • 東志保. 「シネマフィア」を探して. 日本映像学会報. 2019. 186. 2-2
  • 東志保. 表象文化論学会第13回研究発表集 会報告 関連企画 バザン・レリス・ 闘牛-映画『闘牛』の上映とワークシ ョップ. 表象文化論学会ニューズレ ター『REPRE』. 2019. 35
もっと見る
書籍 (6件):
  • 大阪大学 国際共同研究促進プログラム報告書:連続公開セミナー「展示の映画」、国際ワークショップ「イメージと時間:写真、映画、ニューメディア」
    大阪大学文学研究科 2020
  • ジャン・ルーシュ 映像人類学の越境者
    森話社 2019
  • CinémAction n°165 Chris Marker : Pionnier et novateur
    Edition Charles Corlet 2017
  • 時間のランドスケープ-パトリック・キーラー「ロビンソン三部作」
    Office 903 2015
  • クリス・マルケル 遊動と闘争のシネアスト
    森話社 2014
もっと見る
講演・口頭発表等 (22件):
  • 「ファシズムの道具にならない芸術の概念」と映画:クリス・マルケル、 アレクサンダー・クルーゲ、パトリシ オ・グスマンを例に
    (第15回形象論研究会 2020)
  • エッセイ映画作家としてのヨリス・ イヴェンス:1950 年代叙情的エッセイ 映画時代の作品にみられる主観性
    (表象文化論学会オンライン研究フォーラム 2020)
  • La photographie, le cinéma et le bricolage: Chris Marker et Agnès Varda
    (International Workshop "L'image et le temps: la photographie, le cinéma et les nouveaux médias"@大阪大学 2019)
  • ジャン・ルーシュとクリス・マルケルーアフリカとシネマ・ヴェリテ
    (日本映像学会関西支部研究会@関西学院大学 2019)
  • クリス・マルケルのトランスポジション
    (第11回恵比寿映像祭日仏会館共催シンポジウム@日仏会館 2019)
もっと見る
学歴 (5件):
  • 2008 - 2014 パリ第三大学 芸術メディア研究科博士課程
  • 2006 - 2008 国際基督教大学大学院 比較文化研究科博士後期課程
  • 2007 - 2008 パリ第七大学 文学・芸術・映画研究科
  • 2004 - 2006 国際基督教大学大学院 比較文化研究科博士前期課程
  • 1998 - 2002 国際基督教大学 社会科学科
学位 (3件):
  • 博士(映画視聴覚研究) (パリ第三大学)
  • 修士(比較文化) (国際基督教大学)
  • 学士(教養) (国際基督教大学)
経歴 (7件):
  • 2017/04 - 現在 大阪大学 文学研究科 助教
  • 2019/09 - 2020/03 神戸市立外国語大学 非常勤講師
  • 2018/04 - 2020/03 京都産業大学 文化学部 非常勤講師
  • 2015/04 - 2018/03 国際基督教大学 教養学部 非常勤講師
  • 2014/07 - 2017/03 国際基督教大学 平和研究所 助手
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2018/12 - 現在 日本映像学会関西支部 幹事
所属学会 (5件):
日本映画学会 ,  日本フランス語教育学会 ,  表象文化論学会 ,  カルチュラルスタディーズ学会 ,  日本映像学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る