研究者
J-GLOBAL ID:201601003887808182   更新日: 2020年08月24日

中畑 雅樹

ナカハタ マサキ | Nakahata Masaki
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): http://www.cheng.es.osaka-u.ac.jp/sakailabo/home.html
研究分野 (3件): 生体材料学 ,  高分子材料 ,  高分子化学
研究キーワード (7件): 細胞 ,  バイオマテリアル ,  ヒドロゲル ,  高分子材料 ,  分子認識 ,  高分子科学 ,  超分子科学
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2019 - 2020 アミノ酸モノマーをビルディングブロックとしたバイオインターフェースの構築
  • 2018 - 2020 迅速な三次元組織体の構築を実現するための形状記憶造形法の開発
  • 2017 - 2019 力学特性を時空間的に制御可能な高分子を基盤とした革新的メカノバイオマテリアルの創成
  • 2018 - 2019 バイオ医薬品デリバリーシステムへの応用を目指した複合分子認識ポリマーの開発
  • 2018 - 2019 自身の酵素分解生成物が分解を加速するヒドロゲルの開発とバイオマテリアルへの応用
全件表示
論文 (16件):
  • Dynamic Contact Guidance of Myoblasts by Feature Size and Reversible Switching of Substrate Topography: Orchestration of Cell Shape, Orientation and Nematic Ordering of Actin Cytoskeletons. Langmuir. 2018
  • Cross-linking building blocks using a “boronate bridge” to build functional hybrid materials. ChemNanoMat. 2018
  • Yoshinori Takashima, Kohei Otani, Yuichiro Kobayashi, Hikaru Aramoto, Masaki Nakahata, Hiroyasu Yamaguchi, Akira Harada. Mechanical Properties of Supramolecular Polymeric Materials Formed by Cyclodextrins as Host Molecules and Cationic Alkyl Guest Molecules on the Polymer Side Chain. Macromolecules. 2018
  • Yu Kashiwagi, Takuya Katashima, Masaki Nakahata, Yoshinori Takashima, Akira Harada, Tadashi Inoue. Control of the threading ratio of cyclic molecules in polyrotaxane consisting of poly(ethylene glycol) and a-cyclodextrins. Journal of Polymer Science Part B: Polymer Physics. 2018. 56. 15. 1109-1117
  • Horning Marcel, Nakahata Masaki, Linke Philipp, Yamamoto Akihisa, Veschgini Mariam, Kaufmann Stefan, Takashima Yoshinori, Harada Akira, Tanaka Motomu. Dynamic Mechano-Regulation of Myoblast Cells on Supramolecular Hydrogels Cross-Linked by Reversible Host-Guest Interactions (vol 7, 2017). SCIENTIFIC REPORTS. 2018. 8
もっと見る
MISC (17件):
  • 中畑 雅樹, 境 慎司, 田谷 正仁. 細胞や生体に穏和なゲル形成とその利用法. ケミカルエンジニヤリング. 2019
  • 木村拓郎, 浦山健治, 中畑雅樹, 高島義徳, 原田明, 田中求, 田中求. 多様な変形モードで調べたホストゲストゲルの非線形応力緩和挙動. 日本レオロジー学会年会講演予稿集. 2018. 45th. 3-4
  • 中畑 雅樹. 機能性ヒドロゲルの最前線. 生物工学会誌. 2018. 96. 271
  • 藤原央之, 境慎司, 戸井田力, 中畑雅樹, 田谷正仁, 藤田聡史. ヒドロゲルドームを配列した浮遊細胞アレイの開発. 化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM). 2018. 83rd. ROMBUNNO.PB268
  • 中畑雅樹, HOERNING Marcel, LINKE Philipp, 山本暁久, VESCHGINI Mariam, KAUFMANN Stefan, 高島義徳, 原田明, 田中求, 田中求. ホスト-ゲスト相互作用を利用した刺激応答性ヒドロゲル上での細胞の力学的制御. 日本バイオマテリアル学会大会予稿集(Web). 2017. 39th. 230 (WEB ONLY)
もっと見る
特許 (8件):
  • 自己修復性導電性材料
  • 自己修復性を有する高分子材料
  • 培地用高分子ゲル、培地、細胞の培養方法及びキット
  • ポリロタキサンの製造方法
  • 自己修復材料及びその製造方法
もっと見る
書籍 (2件):
  • 自己組織化マテリアルのフロンティア
    フロンティア出版 2015
  • ゲルテクノロジーハンドブック
    エヌティーエス 2014
講演・口頭発表等 (56件):
  • 可逆的な分子間相互作用によりチューニング可能な材料上での細胞動態制御
    (化学工学会第50回秋季大会 2018)
  • 可逆的な分子間相互作用を利用したメカノバイオマテリアルの開発
    (第66回高分子討論会 2018)
  • 分子間相互作用を利用した高分子材料の機能創発
    (材料化学システム工学討論会2018 2018)
  • 二種類の可逆的な架橋により形成された形状記憶ヒドロゲルの細胞培養基材への応用
    (第67回高分子学会年次大会 2018)
  • 二種類の可逆的な架橋により形成された形状記憶ゲルの細胞培養基材への応用
    (化学工学会第83年会 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2012 - 2015 大阪大学 大学院理学研究科 高分子科学専攻博士後期課程
  • 2010 - 2012 大阪大学 大学院理学研究科 高分子科学専攻博士前期課程
  • 2006 - 2010 大阪大学 理学部 化学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (大阪大学)
経歴 (4件):
  • 2016/10 - 現在 大阪大学 助教
  • 2015/04 - 2016/09 大阪大学 日本学術振興会特別研究員(PD)
  • 2012/04 - 2015/03 大阪大学 日本学術振興会特別研究員(DC1)
  • 2014/07 - 2014/08 ハイデルベルク大学 訪問研究員
受賞 (10件):
  • 2017/08 - International Symposium of Materials on Regenerative Medicine (ISOMRM 2017) Outstanding Poster Award Dynamic Mechano-Regulation of Myoblast Cells on Supramolecular Hydrogels Cross-Linked by Reversible Host-Guest Interactions
  • 2016/05 - 18th International Cyclodextrin Symposium Poster Award Highly Flexible, Tough, and Self-Healable Supramolecular Polymeric Materials Using Host-Guest Interaction
  • 2016/05 - 日本化学会 第96春季年会 優秀講演賞(学術) Flexible, tough, and self-healable polymeric materials using molecular recognition
  • 2016/02 - 井上科学振興財団 第32回井上研究奨励賞 マクロスケールでの自己組織化と外部刺激制御を融合した新規機能性超分子材料の創製
  • 2015/03 - 日本学術振興会 第5回育志賞 マクロスケールでの自己組織化と外部刺激制御を融合した新規機能性超分子材料の創製
全件表示
所属学会 (6件):
日本バイオマテリアル学会 ,  日本生物工学会 ,  化学工学会 ,  シクロデキストリン学会 ,  高分子学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る