研究者
J-GLOBAL ID:201601004043286411   更新日: 2022年05月17日

渡邉 宙志

ワタナベ ヒロシ | Watanabe Hiroshi C
所属機関・部署:
職名: 特任講師
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): https://scholar.google.com/citations?user=nSSNcA8AAAAJ
研究分野 (4件): 基礎物理化学 ,  計算科学 ,  生物分子化学 ,  生物物理、化学物理、ソフトマターの物理
研究キーワード (5件): 理論化学 ,  蛋白質科学 ,  物理化学 ,  分子シミュレーション ,  生物物理
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2020 - 2023 水の量子化学効果を取り込んだ自由エネルギー計算の開発と応用
  • 2020 - 2022 金属イオンの水和ダイナミクスとタンパク質配位シミュレーション
  • 2017 - 2021 量子化学効果を取り込んだタンパク質のシームレスな動的解析法の開発と応用
  • 2017 - 2019 溶液中の水素イオンの動力学計算手法の開発と生体分子への応用
  • 2014 - 2015 計算機シミュレーションによるチャネルロドプシンの構造と機能の解析
全件表示
論文 (32件):
  • Kaito Wada, Rudy Raymond, Yu-ya Ohnishi, Eriko Kaminishi, Michihiko Sugawara, Naoki Yamamoto, Hiroshi C. Watanabe. Simulating Time Evolution with Fully Optimized Single-Qubit Gates. Physical Review A. 2022. accepted
  • Hiroshi C. Watanabe, Rudy Raymond, Yu-Ya Ohnishi, Eriko Kaminishi, Michihiko Sugawara. Optimizing Parameterized Quantum Circuits with Free-Axis Selection. 2021 IEEE International Conference on Quantum Computing and Engineering (QCE). 2021. 100-111
  • Yutaka Shikano, Hiroshi C. Watanabe, Ken M. Nakanishi, Yu-ya Ohnishi. Post-Hartree-Fock method in quantum chemistry for quantum computer. The European Physical Journal Special Topics. 2021. 230. 4. 1037-1051
  • Qi Gao, Gavin O. Jones, Mario Motta, Michihiko Sugawara, Hiroshi C. Watanabe, Takao Kobayashi, Eriko Watanabe, Yu-ya Ohnishi, Hajime Nakamura, Naoki Yamamoto. Applications of quantum computing for investigations of electronic transitions in phenylsulfonyl-carbazole TADF emitters. npj Computational Materials. 2021. 7. 70
  • Hitoshi Ishiwata, Hiroshi C. Watanabe, Shinya Hanashima, Takayuki Iwasaki, Mutsuko Hatano. Label-Free Phase Change Detection of Lipid Bilayers Using Nanoscale Diamond Magnetometry. Advanced Quantum Technologies. 2021. 4. 4. 2000106-2000106
もっと見る
講演・口頭発表等 (61件):
  • Proton transfer in bulk water using the full adaptive QM/MM method
    (Pacifichem 2021 2021)
  • 回転軸選択法による量子回路最適化
    (日本コンピュータ化学会2021年秋季大会 2021)
  • Optimizing Parameterized Quantum Circuits with Free-Axis Selection
    (2021 IEEE International Conference on Quantum Computing and Engineering 2021)
  • Proton transfer dynamics simulation using adaptive QM/MM method
    (13th symposium on Discovery, Fusion, Creation of New Knowledge by Multidisciplinary Computational Sciences 2021)
  • 回転軸選択法による量子回路最適化
    (第15回分子科学討論会 2021)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2007 - 2009 名古屋大学大学院 博士後期課程
  • 2005 - 2007 名古屋大学大学院 博士前期課程
  • 2001 - 2005 名古屋大学 物理学科
学位 (1件):
  • 理学博士 (名古屋大学)
経歴 (8件):
  • 2018/07 - 現在 慶應義塾大学 理工学研究科 量子コンピューティングセンター 特任講師
  • 2017/10 - 2021/09 科学技術振興機構 さきがけ 研究員(兼任)
  • 2015/07 - 2018/06 東京大学 先端科学技術研究センター 助教
  • 2014/04 - 2015/06 日本学術振興会 特別研究員 【PD】
  • 2011/04 - 2014/03 カールスルーエ工科大学 ポスドク
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2017 - 現在 生物物理学会 理事
  • 2020/12 - 分子シミュレーション学会 第34回分子シミュレーション討論会現地実行委員
  • 2016 - 2016 光化学討論会 2016年度 現地実行委員
受賞 (6件):
  • 2017/06 - 第17回蛋白質科学会 若手奨励賞 多へムシトクロムMtrFにおける電子移動経路
  • 2016/11 - 生物物理学会 若手招待講演賞 タンパク質の構造と機能の相関を利用したChannelrhodopsinとMtrFの戦略的立体構造モデリング
  • 2016/05 - 第19回理論化学討論会 優秀講演賞 Size-Consistent Multipartitioning QM/MM method
  • 2009/03 - 日本生物物理学会中部支部講演会 優秀講演賞 On the spectral properties of retinal proteins --inhomogeneity and static disorder
  • 2008/11 - 第22回分子シミュレーション討論会 ポスター賞 バクテリオロドプシンO中間体の構造モデリング
全件表示
所属学会 (5件):
分子科学会 ,  分子シミュレーション研究会 ,  理論化学研究会 ,  日本蛋白質科学会 ,  日本生物物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る