研究者
J-GLOBAL ID:201601004043286411   更新日: 2020年10月14日

渡邉 宙志

ワタナベ ヒロシ | Watanabe Hiroshi C
所属機関・部署:
職名: 特任講師
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): https://scholar.google.com/citations?user=nSSNcA8AAAAJ
研究分野 (4件): 基礎物理化学 ,  計算科学 ,  生物分子化学 ,  生物物理、化学物理、ソフトマターの物理
研究キーワード (5件): 生物物理 ,  理論化学 ,  蛋白質科学 ,  物理化学 ,  分子シミュレーション
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2020 - 2023 水の量子化学効果を取り込んだ自由エネルギー計算の開発と応用
  • 2020 - 2022 金属イオンの水和ダイナミクスとタンパク質配位シミュレーション
  • 2017 - 2021 量子化学効果を取り込んだタンパク質のシームレスな動的解析法の開発と応用
  • 2017 - 2019 溶液中の水素イオンの動力学計算手法の開発と生体分子への応用
  • 2014 - 2015 計算機シミュレーションによるチャネルロドプシンの構造と機能の解析
全件表示
論文 (28件):
  • Hitoshi Ishiwata, Hiroshi C. Watanabe, Shinya Hanashima, Takayuki Iwasaki, Mutsuko Hatano. Label-free phase change detection of lipid bilayers using nanoscale diamond magnetometry. arXiv.2007.13085. 2020
  • Proton Transfer in Bulk Water by Full Adaptive QM/MM Method: Integration of Solute- and Solvent-Adaptive Approaches. chemrxiv.12638285. 2020
  • Qi Gao, Gavin O Jones, Mario Motta, Michihiko Sugawara, Hiroshi C Watanabe, Takao Kobayashi, Eriko Watanabe, Yu-ya Ohnishi, Hajime Nakamura, Naoki Yamamoto. Applications of Quantum Computing for Investigations of Electronic Transitions in Phenylsulfonyl-carbazole TADF Emitters. 2020
  • Hiroshi C. Watanabe, Qiang Cui. Quantitative analysis of QM/MM boundary artifacts and the correction in adaptive QM/MM methods. Journal of Chemical Theory and Computation. 2019. 15. 7. 3917-3928
  • Keiichi Kojima, Hiroshi C. Watanabe, Satoko Doi, Natsuki Miyoshi, Misaki Kato, Hiroshi Ishikita, Yuki Sudo. Mutational analysis of the conserved carboxylates of anion channelrhodopsin-2 (ACR2) expressed in Escherichia coli and their roles in anion transport. Biopysics and Physicobiology. 2018. 15. 179-188
もっと見る
講演・口頭発表等 (51件):
  • 水の量子化学効果を取り込んだダイナミクス計算手法の開発と生体系への応用
    (QIQBシンポジウム"量子化学と量子情報・量子生命の接点 2019)
  • Solute adaptive QM/MM分子動力学法によるプロトン移動
    (第33回分子シミュレーション討論会 2019)
  • Toward Incorporation of Quantum Chemical effect of Solvation into Molecular dynamics simulations: Stable and efficient adaptive QM/MM
    (The 5th International Conference on Molecular Simulation 2019)
  • バルクでのプロトン輸送の分子動力学シミュレーション
    (第42回溶液化学シンポジウム 2019)
  • The development and the applications of the seamless analysis of protein dynamics with incorporated quantum chemical effect
    (第57回日本生物物理学会年会 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2007 - 2009 名古屋大学大学院 博士後期課程
  • 2005 - 2007 名古屋大学大学院 博士前期課程
  • 2001 - 2005 名古屋大学 物理学科
学位 (1件):
  • 理学博士 (名古屋大学)
経歴 (8件):
  • 2018/07 - 現在 慶應義塾大学 理工学研究科 量子コンピューティングセンター 特任講師
  • 2017/10 - 現在 科学技術振興機構 さきがけ 研究員(兼任)
  • 2015/07 - 2018/06 東京大学 先端科学技術研究センター 助教
  • 2014/04 - 2015/06 日本学術振興会 特別研究員 【PD】
  • 2011/04 - 2014/03 カールスルーエ工科大学 ポスドク
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2017 - 現在 生物物理学会 理事
  • 2016 - 2016 光化学討論会 2016年度 現地実行委員
受賞 (6件):
  • 2017/06 - 第17回蛋白質科学会 若手奨励賞 多へムシトクロムMtrFにおける電子移動経路
  • 2016/11 - 生物物理学会 若手招待講演賞 タンパク質の構造と機能の相関を利用したChannelrhodopsinとMtrFの戦略的立体構造モデリング
  • 2016/05 - 第19回理論化学討論会 優秀講演賞 Size-Consistent Multipartitioning QM/MM method
  • 2009/03 - 日本生物物理学会中部支部講演会 優秀講演賞 On the spectral properties of retinal proteins --inhomogeneity and static disorder
  • 2008/11 - 第22回分子シミュレーション討論会 ポスター賞 バクテリオロドプシンO中間体の構造モデリング
全件表示
所属学会 (5件):
分子科学会 ,  分子シミュレーション研究会 ,  理論化学研究会 ,  日本蛋白質科学会 ,  日本生物物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る