研究者
J-GLOBAL ID:201601004048768880   更新日: 2020年09月01日

張 瑩

チョウ エイ | YING ZHANG
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (2件): http://www.med.niigata-u.ac.jp/nim/welcomej.htmlhttp://www.med.niigata-u.ac.jp/nim/welcomej.html
研究分野 (1件): 腎臓内科学
研究キーワード (2件): 実験病理学 ,  腎臓病学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2016 - 2019 次世代シーケンサー解析によるネフローゼ症候群の新規治療標的分子の探索
  • 2015 - 2015 糸球体と尿のプロテオーム解析による糖尿病性腎症のバイオマーカーの探索
論文 (7件):
  • Fukusumi Y, Zhang Y, Yamagishi R, Oda K, Watanabe T, Matsui K, Kawachi H. Nephrin-Binding Ephrin-B1 at the Slit Diaphragm Controls Podocyte Function through the JNK Pathway. Journal of American Society Nephrology. 2018. 29. 5. 1462-1474
  • 河内裕, 福住好恭, 張瑩. レニン-アンジオテンシン-アルドステロン系(RAAS)阻害薬. 腎と透析. 2016. 81. 1
  • Magdeldin S, Hirao Y, El Guoshy A, Xu B, Zhang Y, Fujinaka H, Yamamoto K, Yates JR, Yamamoto T. Comprehensive data analysis of human ureter proteome. Data Brief. 2016. 6. 853-857
  • Zhang Y, Muller M, Xu B, Yoshida Y, Horlacher O, Nikitin F, Garessus S, Magdeldin S, Kinoshita N, Fujinaka H, Yaoita E, Hasegawa M, Lisacek F, Yamamoto T. Unrestricted modification search reveals lysine methylation as major modification induced by tissue formalin fixation and paraffin embedding. Proteomics. 2015. 15. 15. 2568-2579
  • Gaudet P, Michel PA, Zahn-Zabal M, Cusin I, Duek PD, Evalet O, Gateau A, Gleizes A, Pereira M, Teixeira D, Zhang Y, Lane L, Bairoch A. he neXtProt knowledgebase on human proteins: current status. Nucleic Acids Res. 2015. D764-770
もっと見る
講演・口頭発表等 (1件):
  • 次世代シーケンサー解析による新規ネフリン 関連分子、スリット膜機能分子の同定
    (第59回日本腎臓学会学術総会 2016)
学歴 (2件):
  • 2003 - 2007 新潟大学 医学系研究科
  • - 2002 ハルビン医科大学 医学部
学位 (1件):
  • 医学博士 (新潟大学)
経歴 (2件):
  • 2016/04/01 - 現在 新潟大学 助教
  • 2015/09/01 - 2016/03/31 新潟大学 助教
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る