研究者
J-GLOBAL ID:201601004173840240   更新日: 2020年03月06日

赤司 賢一

アカシ ケンイチ | Akashi Kenichi
研究分野 (2件): 膠原病、アレルギー内科学 ,  胎児医学、小児成育学
論文 (48件):
  • Toshio Katsunuma, Takao Fujisawa, Takanobu Maekawa, Kenichi Akashi, Yukihiro Ohya, Yuichi Adachi, Koji Hashimoto, Mihoko Mizuno, Takanori Imai, Mari S Oba, et al. Low-dose l-isoproterenol versus salbutamol in hospitalized pediatric patients with severe acute exacerbation of asthma: A double-blind, randomized controlled trial. Allergology international : official journal of the Japanese Society of Allergology. 2019. 68. 3. 335-341
  • 鳥山 泰嵩, 長尾 江里菜, 藤多 慧, 小泉 友希, 相良 長俊, 本木 隆規, 青田 明子, 赤司 賢一, 勝沼 俊雄. 治療抵抗性喘息との鑑別が困難であったびまん性汎細気管支炎の小児例. 小児科診療. 2018. 81. 12. 1795-1798
  • Ryohei Suzuki, Kengo Sugimura, Kenichi Akashi, Toshio Katsunuma. Sinobronchial syndrome treated as intractable asthma. Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society. 2018. 60. 10. 979-981
  • 鈴木 亮平, 小西 愛里, 関 真澄, 関口 由利子, 斎藤 遥子, 相良 長俊, 本木 隆規, 赤司 賢一, 柳原 格, 勝沼 俊雄. Ureaplasma感染に伴う肺炎にアジスロマイシンが奏功した新生児2例. 日本小児科学会雑誌. 2018. 122. 9. 1450-1455
  • 鈴木 亮平, 前田 恵里, 渡辺 雅子, 村山 淳子, 相良 長俊, 山田 早彌, 赤司 賢一, 勝沼 俊雄. りんご摂取によりアナフィラキシー様症状を呈した心因反応の1例. 日本小児アレルギー学会誌. 2018. 32. 2. 230-235
もっと見る
MISC (42件):
  • 赤司 賢一. 【小児 一次救急マニュアル-帰宅可能か?二次救急か?判断のための手引き-】一次救急でみられる主な疾患 免疫・アレルギー. 小児科. 2019. 60. 5. 723-733
  • 赤司 賢一, 勝沼 俊雄. 【小児疾患の診断治療基準】(第2部)疾患 アレルギー性疾患、自己免疫・リウマチ性疾患(膠原病) 気管支喘息. 小児内科. 2018. 50. 増刊. 284-287
  • 赤司 賢一, 勝沼 俊雄. アナフィラキシーは現場で起きている!誤食事故を無くす現場の取り組み 医師、ホットラインの取り組み、医療者の立場から. 日本小児臨床アレルギー学会誌. 2018. 16. 1. 53-55
  • 川本 典生, 清水 麻由, 赤司 賢一, 荒川 浩一. CQ7小児気管支喘息患者の急性増悪(発作)時に吸入ステロイド薬の増量は有用か?. 日本小児アレルギー学会誌. 2017. 31. 3. 336-342
  • 赤司 賢一, 勝沼 俊雄. アナフィラキシーは現場で起きている!誤食事故を無くす現場の取り組み 医師、ホットラインの取り組み、医療者の立場から. 日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会誌. 2017. 15. 2. 153-153
もっと見る
講演・口頭発表等 (15件):
  • 統計解析の実際 統計解析ソフトの選び方
    (日本小児科学会雑誌 2019)
  • アナフィラキシーは現場で起きている!誤食事故を無くす現場の取り組み 医師、ホットラインの取り組み、医療者の立場から
    (日本小児臨床アレルギー学会誌 2018)
  • アナフィラキシー対応ホットライン運用開始後1年間の状況報告
    (日本小児救急医学会雑誌 2015)
  • アナフィラキシー対応ホットライン運用報告 アレルギー疾患児を守るための地域医療連携の試み
    (日本小児アレルギー学会誌 2014)
  • 軽〜中等症の気管支喘息小児患者に対するSHARP製プラズマクラスターイオン(R)発生機とプラセボ機の多施設二重盲検ランダム化比較研究
    (日本小児アレルギー学会誌 2014)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る