研究者
J-GLOBAL ID:201601004186116657   更新日: 2021年12月20日

竹内 純

タケウチ ジュン | TAKEUCHI Jun
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 生物有機化学
研究キーワード (3件): 受容体アゴニスト・アンタゴニスト ,  アブシジン酸(ABA) ,  植物ホルモン
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2020 - 2022 光に安定で且つ代謝されにくいABA受容体アゴニスト/アンタゴニストの構造基盤設計
  • 2017 - 人工光受容体によるアブシジン酸シグナルの局所的且つ局時的制御
  • 2016 - イネのABAシグナル伝達機構を解明する ための分子ツールの創製
  • 2015 - ストリゴラクトンおよびジベレリン受容体アゴニスト/アンタゴニストの創出
論文 (13件):
MISC (8件):
  • 竹内 純, 轟 泰司. アブシシン酸受容体の機能制御機構. 植物の生長調節. 2019. 54. 2. 143-150
  • 責任著者, 轟, 泰司, 共著者, 竹内 純. アブシジン酸受容体を制御する人工分子. 化学と生物. 2018. 56. 6. 388-394
  • 轟 泰司, 竹内 純. アブシジン酸受容体アンタゴニストの創出. 化学と生物. 2015. 53. 6. 343-344
  • 竹内 純, 大西 利幸, 轟 泰司. 26. 6-nor-ABAと7'-nor-ABAのABA受容体サブタイプ選択性(口頭発表,植物化学調節学会第49回大会). 植物化学調節学会研究発表記録集. 2014. 49. 44-44
  • 責任著者, 竹内 純, 共著者, 岡本, 昌憲, 轟 泰司. アブシジン受容体のアンタゴニストの合理的な創出. ライフサイエンス新着論文レビュー. 2014. (vol). (num). (xxx)-(zzz)
もっと見る
講演・口頭発表等 (26件):
  • ABAよりも光に安定な受容体アゴニストの創出
    (植物化学調節学会第55回大会 2020)
  • ジベレリン生合成を阻害するジベレリン誘導体
    (日本農芸化学会2020年 2020)
  • トマトにおける香気単糖配糖化酵素の機能解析
    (植物化学調節学会第54回大会 2019)
  • バラ香気成分2-phenylethanol配糖化酵素の酵素学的解析
    (植物化学調節学会 2019)
  • ストリゴラクトンとアブシシン酸のシグナル伝達を制御するハイブリッド分子の創出
    (植物化学調節学会第54回大会 2019)
もっと見る
学位 (2件):
  • 博士(農学) (静岡大学)
  • Doctor of Philosophy
所属学会 (2件):
日本農芸化学会 ,  植物化学調節学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る