研究者
J-GLOBAL ID:201601004186116657   更新日: 2020年06月09日

竹内 純

タケウチ ジュン | TAKEUCHI Jun
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 生物有機化学
研究キーワード (3件): 受容体アゴニスト・アンタゴニスト ,  アブシジン酸(ABA) ,  植物ホルモン
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2017 - 人工光受容体によるアブシジン酸シグナルの局所的且つ局時的制御
  • 2016 - イネのABAシグナル伝達機構を解明する ための分子ツールの創製
  • 2015 - ストリゴラクトンおよびジベレリン受容体アゴニスト/アンタゴニストの創出
論文 (9件):
  • Aditya S. Vaidya, Jonathan, D. M. Helander, Francis C. Peterson, Dezi Elzinga, Wim Dejonghe, Amita Kaundal, Sang-Youl Park, Zenan Xing, Ryousuke Mega, et al. Dynamic control of plant water use using designed ABA receptor agonists. Science. 2019. 366. 6464. eaaw8848
  • 責任著者]Tadao Asami, Jun Takeuchi, 共著者]Kai Jiang, Kei Hirabayashi. Rationally Designed Strigolactone Analogs as Antagonists of the D14 Receptor. Plant and Cell Physiology. 2018. 59. 8. 1545-1554
  • 責任著者]Jun Takeuchi, Yasushi Todoroki, 共著者]Naoki Mimura, Masanori Okamoto, Shunsuke Yajima, Masayuki Sue, Tomonori Akiyama. Structure-Based Chemical Design of Abscisic acid Antagonists That Block PYL-PP2C Receptor Interactions. ACS Chemical Biology. 2018. 13. 5. 1313-1321
  • 責任著者, Yasushi Todoroki, 共著者]Jun Takeuchi, Masanori Okamoto, Ryosuke Mega, Yuri Kanno, Toshiyuki Ohnishi. Abscinazole-E3M, a practical inhibitor of abscisic acid 8′-hydroxylase for improving drought tolerance. Scientific Reports. 2016. (xxx)-(zzz)
  • 責任著者, Yasushi Todoroki, 共著者]Jun, Takeuchi, Toshiyuki Ohnishi, Masanori Okamoto. The selectivity of 6-nor-ABA and 7’-nor-ABA for abscisic acid receptor subtypes. Bioorganic and Medicinal Chemistry Letters. 2015. 25. 17. 3507-3510
もっと見る
MISC (3件):
  • 責任著者, 轟, 泰司, 共著者, 竹内 純. アブシジン酸受容体を制御する人工分子. 化学と生物. 2018. 56. 6. 388-394
  • 轟 泰司, 竹内 純. アブシジン酸受容体アンタゴニストの創出. 化学と生物. 2015. 53. 6. 343-344
  • 責任著者, 竹内 純, 共著者, 岡本, 昌憲, 轟 泰司. アブシジン受容体のアンタゴニストの合理的な創出. ライフサイエンス新着論文レビュー. 2014. (vol). (num). (xxx)-(zzz)
講演・口頭発表等 (24件):
  • トマトにおける香気単糖配糖化酵素の機能解析
    (植物化学調節学会第54回大会 2019)
  • バラ香気成分2-phenylethanol配糖化酵素の酵素学的解析
    (植物化学調節学会 2019)
  • ストリゴラクトンとアブシシン酸のシグナル伝達を制御するハイブリッド分子の創出
    (植物化学調節学会第54回大会 2019)
  • 単子葉イネ科穀類の根に作用するABAアナログ
    (植物化学調節学会第54回大会 2019)
  • ABAシグナル伝達に関わるPP2Cを阻害する低分子化合物
    (植物化学調節学会第54回大会 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(農学) (静岡大学)
所属学会 (2件):
日本農芸化学会 ,  植物化学調節学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る