研究者
J-GLOBAL ID:201601004381878090   更新日: 2020年06月09日

薬師寺 文華

Yakushiji Fumika
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 薬系化学、創薬科学
研究キーワード (6件): 天然物合成 ,  ケミカルエピジェネティクス ,  エピジェネティクス ,  創薬化学 ,  ケミカルバイオロジー ,  有機合成化学
論文 (9件):
  • Synthesis and biological evaluation of MraY selective analogue of tunicamycins. Nucleosides, Nucleotides & Nucleic Acids. 2019
  • Polycomb Repressive Complex 2: Modulator Development for Functional Regulation of a Multiprotein Complex by Using Structural Information. ChemBioChem. 2019. 20. 2046-2053
  • Study of the structure-activity relationship of polymixin analogues. Bioorg. Med. Chem. Lett. 2018
  • Total synthesis of plusbacin A3 and its dideoxy derivative using a solvent-dependent diastereodivergent Joullié-Ugi three-component reaction. J. Org. Chem. 2018
  • Total Synthesis of Tunicamycin V. Org. Lett. 2018. 20. 256-259
もっと見る
MISC (7件):
  • Development of Positive Modulators of Histone H3K27 Methylation. Peptide Science. 2018. 14
  • 薬師寺 文華. 鉄を持たない非天然ヘムタンパク質:新たな反応性を求めて. 月刊化学. 2017
  • 薬師寺 文華. Schreiber 研究室に留学して. MEDCHEM NEWS. 2016
  • 薬師寺 文華. Schreiber 研究室留学体験記 -ユニークな化学者へ-. Peptide news letters. 2015
  • 薬師寺 文華. バンコマイシンの部位選択的脱酸素化が示す立体配座効果. ファルマシア. 2013. 49. 73
もっと見る
講演・口頭発表等 (9件):
  • タンパク質複合体の機能制御を指向した分子創製研究
    (第51回若手ペプチド夏の勉強会 2019)
  • 天然物合成からはじまる創薬/ケミカルバイオロジー研究への展開
    (第2回女性研究者シンポジウム-女性研究者が拓く有機化学の未来-(東北大学 女性機能有機分子創生チーム ORCHID) 2018)
  • 海洋性天然物の全合成からケミカルバイオロジー研究へ
    (日本薬学会北海道支部第1回若手シンポジウム 2017)
  • 天然物合成からはじまる創薬/ケミカルバイオロジー研究への展開
    (若手研究者のための有機化学札幌セミナー(有機合成化学協会北海道支部) 2017)
  • Identification of a small-molecule for histone H3K27 methyl mark reduction
    (The 19th HU-SNU Joint Symposium 2016)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(薬学)
経歴 (3件):
  • 2016/04 - 現在 北海道大学 講師
  • 2009/04 - 2016/03 東京薬科大学 助教
  • 2013 - 2015 Broad Institute of Harvard and MIT
委員歴 (4件):
  • 2018 - ファルマシアトピックス小委員会 委員
  • 2018 - 第 36 回メディシナルケミストリーシンポジウム 実行委員
  • 2017 - 第 59 回天然有機化合物討論会 実行委員会事務局
  • 2017 - ケミカルバイオロジー学会年会 プログラム委員
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る