研究者
J-GLOBAL ID:201601004490612172   更新日: 2021年04月14日

井出 和希

イデ カズキ | Ide Kazuki
所属機関・部署:
職名: 特任准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 日本大学  文理学部 自然科学研究所   客員研究員
ホームページURL (1件): https://www.ide-research.com/
研究分野 (3件): 医療管理学、医療系社会学 ,  医療薬学 ,  政治学
研究キーワード (5件): 学校保健 ,  疫学 ,  薬学 ,  政策科学 ,  社会医学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2021 - 2022 学術誌の倫理性・公正性の探索:大規模データベースを活用した分析
  • 2020 - 2021 プレプリントサーバーを活用した未査読学術論文の公表と活用:動向および認識の探索
  • 2018 - 2021 保健水準の向上を目標とする学校健診情報の利活用に向けた社会との相互理解の形成
  • 2017 - 2018 健康・保健教育の向上を目標とする 学校健診情報の還元に向けた保護者ニーズの探索
  • 2015 - 2017 緑茶を利用した認知症補完代替医療の臨床的展開と作用メカニズムの解析
論文 (89件):
  • Ide K, Koshiba H, Hawke P, Fujita M. Guidelines are urgently needed for the use of preprints as a source of information. J Epidemiol. 2021. 31. 97-99
  • Ide K, Fujiwara T, Shimada N, Tokumasu H. Influence of acetaminophen on renal function: A longitudinal descriptive study using a real-world database. Int Urol Nephrol. 2021. 53. 129-135
  • Honjo Y, Ide K, Takechi H. Use of day services improved cognitive function in patients with Alzheimer’s disease. Psychogeriatrics. 2020. 20. 5. 620-624
  • Tomitaka S, Kawasaki Y, Ide K, Akutagawa M, Ono Y, Furukawa TA. Age-related changes in item responses to the Patient Health Questionnaire-9: Evidence from the National Health and Nutrition Examination Survey. Front Psychiatry. 2020. 11. 723 (9 pp)
  • Aoki Y, Kawasaki Y, Ide K, Shimizu Y, Sato S, Yokoyama J. Landiolol hydrochloride for prevention of atrial fibrillation during esophagectomy: A randomized controlled trial. JA Clin Rep. 2020. 6. 34 (9 pp)
もっと見る
MISC (16件):
  • 今井匠, 井出和希. 毒舌妻と統計家 臨床試験論文を読んでみる「第5回:カプランマイヤー曲線と患者の半分が回復するまでの時間」. 月刊「薬局」. 2021. 72. 5. 102-112
  • 今井匠, 井出和希. 毒舌妻と統計家 臨床試験論文を読んでみる「第4回:介入と曝露, ピコとペコ」. 月刊「薬局」. 2021. 72. 3. 503-509
  • 今井匠, 井出和希. 毒舌妻と統計家 臨床試験論文を読んでみる「第3回:ハザード比, 信頼区間, 統計学的に有意」. 月刊「薬局」. 2021. 72. 2. 147-154
  • 今井匠, 井出和希. 毒舌妻と統計家 臨床試験論文を読んでみる「第2回:盲検化, 主要評価項目, ITT」. 月刊「薬局」. 2020. 71. 13. 131-140
  • 今井匠, 井出和希. 毒舌妻と統計家 臨床試験論文を読んでみる「第1回:ランダムに分ける」. 月刊「薬局」. 2020. 71. 12. 89-94
もっと見る
書籍 (6件):
  • 学問の在り方-真理探究、学会、評価をめぐる省察-
    ユニオン・エー 2021
  • 京大100人論文ー第5回学内良縁創出プロジェクトー(成果報告冊子)
    京都大学 学際融合教育研究推進センター 2020
  • ストロムの薬剤疫学-Textbook of Pharmacoepidemiology-.
    南山堂 2019
  • Studies in Natural Products Chemistry.
    Elsevier 2018
  • エキスパートが教える薬の使い方×エビデンスの調べ方.
    じほう社 2017
もっと見る
講演・口頭発表等 (99件):
  • デイサービスによるアルツハイマー型認知症への介入効果.
    (第39回日本認知症学会学術集会 2020)
  • 健康情報の根拠となる学術誌の質の評価:書誌データベースを活用した量的分析.
    (第20回日本抗加齢医学会総会 2020)
  • 学校健診情報の可視化と利活用-自治体保有の情報活用に向けた基盤整備-.
    (第2回政策のための科学オープンフォーラム~科学による政策課題解決への挑戦:たゆまぬ共創・協働~ 2020)
  • 健康情報の利活用・パーソナルヘルスレコードに対する認識と希望:全国47都道府県を対象とした質問紙調査.
    (日本学校保健学会 第66回学術大会 2019)
  • 臨床研究計画前にResearch Questionからシノプシスを作成しよう 失敗しない臨床研究計画立案に向けて(落とし穴に陥らない臨床研究実践のための極意(入門編)).
    (第29回日本医療薬学会年会 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2013 - 2016 静岡県立大学 博士後期課程 薬科学専攻
  • 2011 - 2013 静岡県立大学大学院 博士前期課程 薬科学専攻
  • 2007 - 2011 静岡県立大学 薬科学科
学位 (1件):
  • 博士(薬科学) (静岡県立大学)
経歴 (8件):
  • 2021/04 - 現在 大阪大学 感染症総合教育研究拠点 科学情報・公共政策部門 特任准教授
  • 2019/10 - 現在 日本大学 文理学部 自然科学研究所 客員研究員
  • 2020/04 - 2021/03 京都大学 iPS細胞研究所 上廣倫理研究部門 特定助教
  • 2016/10 - 2021/03 静岡県立大学 薬学部 客員共同研究員
  • 2019/04 - 2020/03 京都大学 学際融合教育研究推進センター 学融合フェロー・研究員
全件表示
委員歴 (9件):
  • 2020/08 - 現在 Medicine Editorial Board Member (Academic Editor, Public Health)
  • 2020/05 - 現在 Publons Academy Mentor
  • 2020/04 - 現在 京都大学 iPS細胞研究所 倫理審査委員会 委員
  • 2020/03 - 現在 MDPI AG Reviewer Board Member
  • 2019/11 - 現在 (公財)大原記念倉敷中央医療機構 倉敷中央病院 研究顧問
全件表示
受賞 (9件):
  • 2019/09 - Publons, Web of Science Top Peer Reviewer Award 2019 in Cross-Field (世界上位1%)
  • 2019/03 - Art Innovation 2019 Junji Ito Award (京都大学・ロンドン大学 アートサイエンス国際シンポジウム併催展示)
  • 2018/12 - 第6回 京都大学 学際研究着想コンテスト2018 奨励賞
  • 2018/09 - Publons’ 2018 Global Peer Review Awards (Top 10 Reviewers for the Top 30 Journals (Nutrients))
  • 2018/09 - 日本臨床疫学会 第2回年次学術大会 優秀ポスター賞
全件表示
所属学会 (8件):
日本臨床薬理学会 ,  日本神経科学学会 ,  日本神経学会 ,  日本薬理学会 ,  日本疫学会 ,  日本学校保健学会 ,  日本薬剤疫学会 ,  日本薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る