研究者
J-GLOBAL ID:201601004584532490   更新日: 2020年10月15日

近藤 あゆみ

コンドウ アユミ | kondo ayumi
所属機関・部署:
職名: 室長
研究分野 (1件): 社会福祉学
研究キーワード (4件): 家族支援 ,  精神保健福祉 ,  物質使用障害 ,  薬物依存
論文 (31件):
  • 嶋根卓也, 高橋哲, 竹下賀子, 小林美智子, 高岸百合子, 大宮宗一郎, 近藤あゆみ, 高野洋一, 山木麻由子, 松本俊彦. 覚せい剤事犯者における薬物依存の重症度と再犯との関連性:刑事施設への入所回数からみた再犯. 日本アルコール・薬物医学会雑誌. 2019. 54. 5. 211-221
  • 近藤 あゆみ. 薬物問題を抱える家族に対する相談支援 (特集 精神科臨床における家族への支援と働きかけ : 家族心理教育). 臨床精神医学 = Japanese journal of clinical psychiatry. 2019. 48. 6. 737-741
  • 大宮 宗一郎, 谷渕 由布子, 石田 惠美, 柳 友里, 山口 拓洋, 藤井 実, 吉水 宏太郎, 林 偉明, 関谷 希望, 田畑 聡, et al. 精神保健福祉センターにおいて薬物再乱用防止プログラムを提供することの意義 : プログラム参加時点の参加者の特徴を踏まえた考察. 日本アルコール・薬物医学会雑誌. 2019. 54. 3. 120-135
  • 近藤 あゆみ, 高橋 郁絵, 森田 展彰. 物質使用障害治療の最前線(最終回)家族支援のための集団療法 : 家族教室のためのツール. 精神療法. 2017. 43. 6. 876-882
  • 近藤 あゆみ, 栗坪 千明, 白川 雄一郎, 松本 俊彦. 民間依存症回復支援施設DARC利用者を対象とした認知行動療法SMARPPの有効性評価. 日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence. 2016. 51. 6. 414-424
もっと見る
MISC (55件):
  • 近藤 あゆみ. 【嗜癖社会のゆくえ-嗜癖問題からの回復-】薬物依存症者の家族が抱える困難と相談支援の意義. アディクションと家族. 2020. 35. 2. 73-77
  • 近藤 あゆみ, 石田 惠美, 大上 裕之, 加賀谷 有行, 酒井 ルミ, 佐藤 嘉孝, 松岡 明子, 室屋 亜希子, 森 由貴, 白川 教人, et al. 薬物依存症者をもつ家族を対象とした心理教育プログラムの効果計価 : 介入6ヶ月後の変化を評価した縦断調査結果より. 日本アルコール・薬物医学会雑誌. 2020. 55. 1. 11-24
  • 近藤 あゆみ. 【薬物依存症からの回復のために-国立精神・神経医療研究センターの取り組み-】薬物使用者の家族を対象とした相談支援. 新薬と臨牀. 2020. 69. 1. 37-40
  • 近藤 あゆみ. 【薬物乱用のトレンド:大麻をめぐる諸問題】薬物使用者の家族に対する相談支援の意義. 医学のあゆみ. 2019. 271. 11. 1227-1230
  • 近藤 あゆみ. 様々な依存症の問題をもつ家族に対する相談支援〜さらなる家族支援の充実に向けて〜 薬物依存症者をもつ家族を対象とした心理教育プログラム. 日本アルコール関連問題学会雑誌. 2019. 21. 1. 108-110
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2004 東京大学大学院 健康科学看護学科博士課程
  • - 2001 東京大学大学院 健康科学看護学科修士課程
  • - 1999 東京大学 健康科学看護学科
経歴 (3件):
  • 2015/10 - 現在 国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 薬物依存研究部 診断治療開発研究室長
  • - 2015/09 新潟医療福祉大学 社会福祉学部 社会福祉学科 講師/准教授
  • - 2008/03 国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 薬物依存研究部 流動研究員
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る