研究者
J-GLOBAL ID:201601004632681258   更新日: 2021年09月19日

島田 恭子

シマダ キョウコ | Shimada Kyoko
研究分野 (1件): 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない
研究キーワード (10件): ウェルビーイング ,  精神保健学 ,  産業組織心理学 ,  カスタマーハラスメント ,  公衆衛生学 ,  予防医学 ,  ワーク・ライフ・バランス ,  健康増進 ,  ストレスマネジメント ,  メンタルヘルス
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2017 - 2021 子どもの健康増進を目的とした親のワークライフバランスとこころの健康への介入
  • 2017 - 2020 セクシュアル・マイノリティへの適切な対応を促進する産業保健スタッフ向け研修の開発
  • 2010 - 2015 ワーク・ライフ・バランスと夫婦および子どもの健康に関する大規模追跡研究
論文 (13件):
  • Akihito Shimazu, Arnold B Bakker, Evangelia Demerouti, Takeo Fujiwara, Noboru Iwata, Kyoko Shimada, Masaya Takahashi, Masahito Tokita, Izumi Watai, Norito Kawakami. Workaholism, Work Engagement and Child Well-Being: A Test of the Spillover-Crossover Model. International journal of environmental research and public health. 2020. 17. 17. 6213-6213
  • Kyoko Shimada, Akihito Shimazu, Sabine A. E. Geurts, Norito Kawakami. Reliability and validity of the Japanese version of the Survey Work-Home Interaction - NijmeGen, the SWING (SWING-J). COMMUNITY WORK & FAMILY. 2019. 22. 3. 267-283
  • Kanami Tsuno, Norito Kawakami, Akihito Shimazu, Kyoko Shimada, Akiomi Inoue, Michael P. Leiter. Workplace incivility in Japan: Reliability and validity of the Japanese version of the modified Work Incivility Scale. JOURNAL OF OCCUPATIONAL HEALTH. 2017. 59. 3. 237-246
  • Mayumi Watanabe, Akihito Shimazu, Arnold B. Bakker, Evangelia Demerouti, Kyoko Shimada, Norito Kawakami. The impact of job and family demands on partner's fatigue: A study of Japanese dual-earner parents. PLOS ONE. 2017. 12. 2. e0172291
  • Kotaro Imamura, Norito Kawakami, Kanami Tsuno, Masao Tsuchiya, Kyoko Shimada, Katsuyuki Namba, Akihito Shimazu. Effects of web-based stress and depression literacy intervention on improving work engagement among workers with low work engagement: An analysis of secondary outcome of a randomized controlled trial. JOURNAL OF OCCUPATIONAL HEALTH. 2017. 59. 1. 46-54
もっと見る
MISC (35件):
  • 大塚 泰正, 松高 由佳, 津野 香奈美, 藤 桂, 堀口 康太, 飯田 順子, 遠藤 寛子, 島田 恭子. セクシュアル・マイノリティへの理解と支援を促進させるための研修プログラムのパイロットスタディ. 産業精神保健. 2019. 27. 増刊. 165-165
  • 津野 香奈美, 島津 明人, 島田 恭子, 安藤 絵美子, 井上 彰臣, 栗岡 住子, 川上 憲人. 職場の尊重度(シビリティ)尺度日本語版の信頼性・妥当性検証と属性別得点比較. 産業衛生学雑誌. 2019. 61. 臨増. 306-306
  • Noboru Iwata, Akihito Shimazu, Takeo Fujiwara, Norito Kawakami, Kyoko Shimada, Masaya Takahashi, Masahito Tokita, Izumi Watai. WIFE'S HAPPINESS OR DISTRESS? WHICH IS AFFECTING THE HUSBAND'S MENTAL HEALTH?. INTERNATIONAL JOURNAL OF BEHAVIORAL MEDICINE. 2018. 25. S25-S25
  • 大塚 泰正, 松高 由佳, 飯田 順子, 遠藤 寛子, 島田 恭子, 津野 香奈美, 藤 桂, 堀口 康太. 【職域におけるLGBTとその周辺領域への理解と支援】米国心理学会におけるLGBT対応ガイドラインと産業保健スタッフへの提言. 産業精神保健. 2018. 26. 2. 121-126
  • 日高 結衣, 島津 明人, 今村 幸太郎, 岩田 昇, 島田 恭子, 高橋 正也, 時田 征人, 渡井 いずみ, 渡辺 和広, 川上 憲人. ワーク・ファミリー・スピルオーバーと睡眠の質の関連 日本人労働者の前向き研究. 産業ストレス研究. 2017. 25. 1. 180-180
もっと見る
書籍 (4件):
  • わかる社会人基礎力 : 人生100年時代を生き抜く力
    誠信書房 2019 ISBN:9784414300161
  • Q&Aで学ぶワーク・エンゲイジメント : できる職場のつくりかた
    金剛出版 2018 ISBN:9784772416696
  • 科学的根拠に基づくマネジメントの実践
    誠信書房 2017 ISBN:9784414802108
  • Global perspectives on research and practice
    Wiley-Blackwell 2010 ISBN:9780470682654
講演・口頭発表等 (11件):
  • 子育て女性の心理的ウェルビーイング向上を目的とした ランダム化比較試験(RCT) 対人関係焦点型ストレスマネジメント動画プログラム=ヒプコム (HIPCom) の開発および効果検証
    (日本応用心理学会 第87回大会 2021)
  • 先輩インタビューを通じた,大学生のキャリア・レディネスおよび社 会人基礎力向上の試み
    (産業・組織心理学会 第34回大会 (P10) 2018)
  • 未就学児を持つ共働き夫婦におけるWLBの精神的健康影響:夫婦間の関連を考慮したマルチレベルモデルによる検討
    (第90回 日本産業衛生学会 (産業衛生学雑誌,第59巻) 2017)
  • WLB向上のためのアクションチェックリスト作成の試み
    (第32回 産業・組織心理学会 (大会発表論文集 243-244) 2016)
  • 共働き夫婦のWLBおよび精神的健康と子どもの情緒・行動問題との関連
    (第88回日本産業衛生学会 (産業衛生学雑誌,第57巻,p384) 2015)
もっと見る
学位 (2件):
  • 博士(保健学) (東京大学大学院医学系研究科)
  • 修士(公衆衛生学) (東京大学大学院医学系研究科)
委員歴 (4件):
  • 2016 - 2020 日本産業衛生学会 代議員
  • 2017/12 - 第24回 日本行動医学会 学術総会 事務局長
  • 2017 - 日本行動医学会 将来構想委員
  • 2011 - 第17回 日本産業ストレス学会 実行委員
受賞 (3件):
  • 2017/12 - 第24回 日本行動医学会学術総会 第19回 内山記念賞 就学児を持つ共働き夫婦におけるワーカホリズムとパートナーの精神的健康との関連・・・夫婦間コミュニケーションの媒介効果の検討
  • 2017 - 第90回日本産業衛生学会 優秀演題賞 未就学児を持つ共働き夫婦におけるWLBの精神的健康影響:夫婦間の関連を考慮したマルチレベルモデルによる検討
  • 2015/05 - 第88回日本産業衛生学会 優秀演題賞 共働き夫婦のWLBおよび精神的健康と子どもの情緒・行動問題との関連
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る