研究者
J-GLOBAL ID:201601004797514844   更新日: 2024年02月01日

岡部 弘尚

オカベ ヒロヒサ | Okabe Hirohisa
所属機関・部署:
職名: 特定研究員
研究分野 (1件): 消化器外科学
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2020 - 2023 新規治療薬開発を目指した腫瘍微小環境におけるPD-L1発現の意義と機序解明
  • 2020 - 2023 膵癌におけるPD-L1/PD-1クロストークが癌細胞に与える影響
  • 2018 - 2021 肝内胆管癌におけるCXCL12の肝転移促進機序の解明と革新的治療開発への基盤研究
  • 2018 - 2021 膵癌進展におけるTGFβ-Hippoシグナルのクロストークに関する研究
  • 2018 - 2021 膵癌における補体C5a受容体を介した癌と間質の相互作用に関する研究
全件表示
論文 (436件):
  • Kosuke Mima, Hiromitsu Hayashi, Yuki Adachi, Takuya Tajiri, Takashi Ofuchi, Kosuke Kanemitsu, Daisuke Ogawa, Shinsei Yumoto, Takashi Matsumoto, Rumi Itoyama, et al. Patient vulnerability is associated with poor prognosis following upfront hepatectomy for colorectal liver metastasis. International journal of clinical oncology. 2023
  • Toru Takematsu, Kosuke Mima, Hiromitsu Hayashi, Yuki Kitano, Shigeki Nakagawa, Yukiharu Hiyoshi, Hirohisa Okabe, Katsunori Imai, Yuji Miyamoto, Hideo Baba. RAS mutation status in combination with the JSHBPS nomogram may be useful for preoperative identification of colorectal liver metastases with high risk of recurrence and mortality after hepatectomy. Journal of hepato-biliary-pancreatic sciences. 2023
  • Kensuke Yamamura, Toru Beppu, Tatsunori Miyata, Kosuke Mima, Hirohisa Okabe, Hidetoshi Nitta, Katsunori Imai, Hiromitsu Hayashi, Eri Oda, Ryuichi Karashima, et al. Surgery for Hepatocellular Carcinoma With Macroscopic Vascular Invasion in the Era of Modern Molecular Therapy. Anticancer research. 2023. 43. 10. 4285-4293
  • Masahiro Tomita, Hirohisa Okabe, Toshiro Masuda, Asuka Ono, Daisuke Kuroda, Hideyuki Kuroki, Masahiko Hirota, Taizo Hibi, Hideo Baba, Hiroki Sugita. A case of accessory hepatic duct entering cystic duct successfully treated by laparoscopic cholecystectomy for cholecystolithiasis. Asian journal of endoscopic surgery. 2023. 16. 3. 546-549
  • Kensuke Yamamura, Toru Beppu, Tatsunori Miyata, Hirohisa Okabe, Katsunori Imai, Takatoshi Ishiko. A novel comprehensive ALPPS preoperative risk assessment (CAPRA) score is beneficial in creating a treatment strategy for advanced liver malignancy. Hepatobiliary surgery and nutrition. 2023. 12. 2. 287-290
もっと見る
MISC (470件):
  • 冨田 真裕, 岡部 弘尚, 小野 明日香, 黒田 大介, 黒木 秀幸, 増田 稔郎, 廣田 昌彦, 日比 泰造, 馬場 秀夫, 杉田 裕樹. 大腸手術後縫合不全予測におけるフレイル評価の有効性. 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2023. 123回. SF-8
  • 岡部 弘尚, 増田 稔郎, 冨田 真裕, 小野 明日香, 黒田 大介, 黒木 秀幸, 岩下 博文, 原岡 克樹, 田村 文雄, 廣田 昌彦, et al. 切除不能膵癌に対する化学療法におけるNLRの意義. 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2023. 123回. DP-6
  • 小野 明日香, 岡部 弘尚, 増田 稔郎, 冨田 真裕, 黒田 大介, 黒木 秀幸, 廣田 昌彦, 日比 泰造, 馬場 秀夫, 杉田 裕樹. 亜全胃温存膵頭十二指腸切除において,Braun吻合は胃空腸吻合部潰瘍と関連する. 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2023. 123回. DP-7
  • 岡部 弘尚, 増田 稔郎, 冨田 真裕, 小野 明日香, 黒田 大介, 黒木 秀幸, 岩下 博文, 原岡 克樹, 廣田 昌彦, 日比 泰造, et al. 胆道癌症例におけるFoundationOneを用いた遺伝子検査結果報告 生検組織例を1例含む7例の解析結果. 日本消化器病学会雑誌. 2023. 120. 臨増総会. A345-A345
  • 岡部 弘尚, 増田 稔郎, 上村 紀雄, 黒田 大介, 黒木 秀幸, 廣田 昌彦, 原岡 克樹, 岩下 博文, 田村 文雄, 杉田 裕樹. 胆道癌症例におけるFoundation Oneを用いた遺伝子検査解析5例の報告. 胆道. 2022. 36. 3. 478-478
もっと見る
講演・口頭発表等 (145件):
  • 膵癌術後5年生存を得た症例の臨床病理学的特徴
    (第48回九州膵研究会 2019)
  • Lysyl oxidase induces epithelial-mesenchymal transition and is associated with early recurrence and poor survival in patients with hepatocellular carcinoma after curative hepatectomy
    (12th AACR-JCA Joint Conference on Breakthroughs in Cancer Research: Biology to Precision Medicine 2019)
  • Hangingテクニックを併用した腹腔鏡下左肝切除術
    (第40回九州肝臓外科研究会 2019)
  • 肝門アプローチ困難例に対する腹腔鏡下肝後区域切除
    (第40回九州肝臓外科研究会 2019)
  • 肝切除後胆汁瘻の予防と治療
    (第40回九州肝臓外科研究会 2019)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る