研究者
J-GLOBAL ID:201601004822819884   更新日: 2021年12月16日

髙田 篤

タカタ アツシ | Takata Atsushi
所属機関・部署:
職名: チームリーダー
ホームページURL (1件): https://mppd-takatalab.com/
研究分野 (5件): 神経科学一般 ,  神経科学一般 ,  ゲノム生物学 ,  精神神経科学 ,  医化学
研究キーワード (11件): 体細胞変異 ,  遺伝統計学 ,  神経科学 ,  機械学習 ,  クロマチン ,  双極性障害 ,  統合失調症 ,  次世代シーケンサー ,  バイオインフォマティクス ,  精神医学 ,  遺伝学
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2021 - 2024 双極性障害大規模シーケンス解析による稀な生殖細胞系列変異と体細胞変異の包括的研究
  • 2020 - 2023 クラスタ/ハブダイナミズムの決定剛軟因子探索における総括研究
  • 2020 - 2023 クラスタ/ハブ細胞を決定する遺伝子・鍵分子経路の特定およびヒト疾患との関連解析
  • 2019 - 2023 オリゴジェニックモデルに基づくヒト疾患の遺伝的構造の解析
  • 2018 - 2020 遺伝統計学的解析によるてんかん性脳症の新規原因遺伝子探索及び病態解明
全件表示
論文 (65件):
  • Masaki Nishioka, An-A Kazuno, Takumi Nakamura, Naomi Sakai, Takashi Hayama, Kumiko Fujii, Koji Matsuo, Atsuko Komori, Mizuho Ishiwata, Yoshinori Watanabe, et al. Systematic analysis of exonic germline and postzygotic de novo mutations in bipolar disorder. Nature communications. 2021. 12. 1. 3750-3750
  • Takeshi Mizuguchi, Tomoko Toyota, Satoko Miyatake, Satomi Mitsuhashi, Hiroshi Doi, Yosuke Kudo, Hitaru Kishida, Noriko Hayashi, Rie S Tsuburaya, Masako Kinoshita, et al. Complete sequencing of expanded SAMD12 repeats by long-read sequencing and Cas9-mediated enrichment. Brain : a journal of neurology. 2021. 144. 4. 1103-1117
  • Hiromi Aoi, Takeshi Mizuguchi, Toshifumi Suzuki, Shintaro Makino, Yuka Yamamoto, Jun Takeda, Yojiro Maruyama, Rie Seyama, Shiori Takeuchi, Yuri Uchiyama, et al. Whole exome sequencing of fetal structural anomalies detected by ultrasonography. Journal of human genetics. 2021. 66. 5. 499-507
  • Kazushi Aoto, Mitsuhiro Kato, Tenpei Akita, Mitsuko Nakashima, Hiroki Mutoh, Noriyuki Akasaka, Jun Tohyama, Yoshiko Nomura, Kyoko Hoshino, Yasuhiko Ago, et al. ATP6V0A1 encoding the a1-subunit of the V0 domain of vacuolar H+-ATPases is essential for brain development in humans and mice. Nature communications. 2021. 12. 1. 2107-2107
  • Noriko Miyake, Shermineh Heydari, Masoud Garshasbi, Shinji Saitoh, Jafar Nasiri, Kohei Hamanaka, Atsushi Takata, Naomichi Matsumoto, Farnaz Hosseini Beheshti, Ahmad Reza Salehi Chaleshtori. The identification of two pathogenic variants in a family with mild and severe forms of developmental delay. Journal of human genetics. 2021. 66. 4. 445-448
もっと見る
MISC (33件):
講演・口頭発表等 (14件):
  • The rare variant genetics of neuropsychiatric disorders; exome sequencing and beyond
    (The 1st CJK (China-Japan-Korea) International Meeting on Neuroscience 07/28/2021 2021)
  • 統計学と人工知能で世界標準の遺伝子診断ガイドラインをカイゼンする
    (AMEDゲノム医療基盤研究開発課・令和2年度成果報告会 2021)
  • クラスタ/ハブ細胞を決定する 遺伝子・鍵分子経路の 特定およびヒト疾患 との関連解析
    (クラスタ/ハブダイナミズムの決定剛軟因子キックオフシンポジウム 2021)
  • 自閉スペクトラム症のゲノム解析
    (日本人類遺伝学会第65回大会 2020)
  • 大規模エクソーム解析をやってみたらてんかん性脳症は単純なメンデル型遺伝病の集合体ではなさそうだった
    (第61回日本神経学会学術大会 2020)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(医学) (九州大学大学院)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る