研究者
J-GLOBAL ID:201601004838557448   更新日: 2024年05月16日

三嶋 崇靖

ミシマ タカヤス | Mishima Takayasu
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 神経内科学
研究キーワード (1件): パーキンソン病 、デバイス補助療法、 神経変性疾患に伴う排便障害、ペリー病( ペリー症候群 )、遺伝カウンセリング 、遺伝子改変動物、 iPS細胞、遠隔医療
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2023 - 2028 Perry病の病態解明および創薬を目指した新規モデルマウスの作製
  • 2018 - 2022 iPS細胞を用いたPerry症候群疾患モデルの確立
  • 2022 - 令和3年度公益財団法人臨床研究奨励基金Perry病の予後予測バイオマーカー探索
  • 2014 - 2018 Perry症候群の病態解明研究
  • 2016 - 2017 平成28年度~平成30年度:難治性疾患政策研究事業 Perry病診断基準の確立 分担
全件表示
論文 (69件):
  • Kanako Kurihara, Shinsuke Fujioka, Takayasu Mishima, Yoshio Tsuboi. Impact of weight loss for depressive symptom in mid-stage patients with Parkinson’s disease: a 4-year follow-up study. Frontiers in Neurology. 2024. 14
  • Takayasu Mishima, Junichi Yuasa-Kawada, Shinsuke Fujioka, Yoshio Tsuboi. Perry Disease: Bench to Bedside Circulation and a Team Approach. Biomedicines. 2024
  • Kenichi Inoue, Toshiyasu Ogata, Takayasu Mishima, Hideki Ishibashi, Fumihito Hirai, Yoshio Tsuboi. 治療抵抗性の潰瘍性大腸炎に上行大動脈内血栓と塞栓性脳梗塞を合併した1例. Rinsho Shinkeigaku. 2024. 64. 2. 93-98
  • Koichi Nagaki, Takayasu Mishima, Tomoko Ohura, Kanako Kurihara, Shinsuke Fujioka, Yoshio Tsuboi. Association between physical activity and health literacy in patients with Parkinson's disease: an online web survey. BMC neurology. 2023. 23. 1. 403-403
  • Nobutaka Takahashi, Takayasu Mishima, Shinsuke Fujioka, Kohtarou Izumi, Masahiro Ando, Yujiro Higuchi, Hiroshi Takashima, Yoshio Tsuboi. Siblings with Cockayne Syndrome B Type III Presenting with Slowly Progressive Cerebellar Ataxia. Internal Medicine. 2023. 62. 15. 2253-2259
もっと見る
MISC (9件):
  • 三嶋崇靖. Parkinson病治療薬. 臨床雑誌内科. 2023. 131. 4. 1041-1045
  • 藤岡伸助, 森下登史, 山下兼史, 野瀬可南子, 林優佳, 柳本祥三郎, 三嶋崇靖, 坪井義夫. 特集 パーキンソン病診療最前線 デバイス補助療法-脳深部刺激術,デュオドーパ. Pharma Medica. 2019. 37. 59-63
  • 藤岡伸助, 野瀬可南子, 林優佳, 三嶋崇靖, 坪井義夫. 【神経疾患の現在とこれから】Overview:神経疾患common diseaseの現在とこれから Parkinson病診療update. 内科. 2019. 123. 1227-1232
  • 三嶋崇靖, 坪井義夫. Perry症候群. Frontiers in Parkinson Disease. 2018. 11. 28-31
  • 三嶋崇靖, 坪井義夫. パーキンソン病における疾患特異的iPS細胞研究. 医学のあゆみ. 2017. 262. 647-650
もっと見る
書籍 (1件):
  • 一酸化炭素中毒
    2013
講演・口頭発表等 (33件):
  • セロトニン神経によるうつ・衝動制御のメカニズムとその破綻 Perry病の臨床とモデル動物・細胞を用いた病態解明
    (第53回日本神経精神薬理学会年会 2023)
  • Long-term evaluation of LCIG in Parkinson’s disease patients: a real world study in Kyushu island
    (第17回パーキンソン病運動障害疾患コングレス 2023)
  • Update on Perry disease in Japan: Analysis of long-term survivors and genetic counseling
    (第64回日本神経学会学術大会 2023)
  • Characteristics of constipation in multiple system atrophy
    (第16回パーキンソン病運動障害疾患コングレス 2022)
  • Dynactin1 binds to TDP-43 and regulates its aggregation
    (第63回日本神経学会学術大会 2022)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 2008 福岡大学 医学部
学位 (1件):
  • 博士(医学) (福岡大学)
経歴 (13件):
  • 2024/04 - 福岡大学医学部脳神経内科学 准教授 医局長
  • 2023/04 - 福岡大学病院脳神経内科 准教授
  • 2021/04 - 福岡大学病院脳神経内科 講師 病棟医長
  • 2017/04 - 福岡大学病院神経内科・健康管理科(脳神経内科) 助教
  • 2016/10 - 米国メイヨークリニックフロリダ 留学
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2022 - Review Editor in Frontiers in Neuroscience - Neurodegeneration
  • 2021 - Journal of Personalized Medicine, Editorial Board as Topic Editor
受賞 (11件):
  • 2023 - 令和5年度福岡大学医学部同窓会研究奨励賞
  • 2021 - 第62回日本神経学会学術大会優秀ポスター
  • 2021 - 令和3年度福岡大学医学部同窓会研究奨励賞
  • 2021 - 優秀演題, 第14回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス
  • 2021 - 第23回福岡大学医学会金賞
全件表示
所属学会 (10件):
日本神経治療学会 ,  International Parkinson and Movement Disorder Society (MDS) ,  日本パーキンソン病・運動障害疾患学会 ,  日本遺伝カウンセリング学会 ,  日本人類遺伝学会 ,  日本老年医学会 ,  日本認知症学会 ,  日本脳卒中学会 ,  日本神経学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る