研究者
J-GLOBAL ID:201601005227557554   更新日: 2021年04月17日

大路 駿介

オオジ シュンスケ | Shunsuke Ohji
所属機関・部署:
職名: 理学療法士
ホームページURL (1件): http://www.tmd.ac.jp/med/spt/index.html
研究分野 (2件): リハビリテーション科学 ,  スポーツ科学
研究キーワード (3件): スポーツバイオメカニクス ,  理学療法学 ,  リハビリテーション医学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2020 - 2023 前十字靭帯再建術後アスリートの反応時間の遅れに着目した新たなスポーツ復帰指標作成
  • 2019 - 2020 前十字靭帯再建術後アスリートのスポーツ復帰の可否に影響する体組成特性
  • 2018 - 2019 前十字靭帯再建術後アスリートにおける再損傷恐怖心と着地時の下肢関節角度との関 連
  • 2014 - 2015 ジャンプ着地方法の違いによる体幹・下肢の着地前後の筋活動の特徴
  • 新たな方法による足部内側縦アーチ計測の信頼性と妥当性に関する研究
論文 (35件):
  • Shunsuke Ohji, Junya Aizawa, Kenji Hirohata, Takehiro Ohmi, Sho Mitomo, Hideyuki Koga, Kazuyoshi Yagishita. Injury-related fear in athletes returning to sports after anterior cruciate ligament reconstruction - A quantitative content analysis of an open-ended questionnaire. Asia-Pacific Journal of Sports Medicine, Arthroscopy, Rehabilitation and Technology. 2021. 25. 1-7
  • Junya Aizawa, Kenji Hirohata, Shunsuke Ohji, Takehiro Ohmi, Sho Mitomo, Hideyuki Koga, Kazuyoshi Yagishita. Correlations between isokinetic knee torques and single-leg hop distances in three directions in patients after ACL reconstruction. BMC Sports Science, Medicine and Rehabilitation. 2021. 13. 1. 38
  • Shunsuke Ohji, Junya Aizawa, Kenji Hirohata, Takehiro Ohmi, Sho Mitomo, Tetsuya Jinno, Hideyuki Koga, Kazuyoshi Yagishita. Single-leg hop distance normalized to body height is associated with the return to sports after anterior cruciate ligament reconstruction. 2021. 8. 1. 26
  • Shunsuke Ohji, Junya Aizawa, Kenji Hirohata, Sho Mitomo, Takehiro Ohmi, Tetsuya Jinno, Hideyuki Koga, Kazuyoshi Yagishita. Athletic identity and sport commitment in athletes after anterior cruciate ligament reconstruction who have returned to sports at their pre-injury level of competition. BMC Sports Science, Medicine and Rehabilitation. 2021. 13. 1. 37
  • Shunsuke, Ohji, Junya Aizawa, Kenji Hirohata, Takehiro Ohmi, Sho Mitomo, Hideyuki Koga, Kazuyoshi Yagishita. Single-leg hop can result in higher limb symmetry index than isokinetic strength and single-leg vertical jump following anterior cruciate ligament reconstruction. The Knee. 2021. 22. 29. 160-166
もっと見る
MISC (2件):
書籍 (8件):
  • イラスト図解 筋力トレーニング 医・科学的根拠に基づくアプローチ
    文光堂 2019
  • 平成30年度老人保健事業推進費等補助金「介護予防の取り組みによる社会保障費抑制効果の検証および科学的根拠と経験を融合させた介護予防ガイドの作成」
    2019
  • 疾患別 整形外科理学療法ベストガイド
    中外医学社 2018
  • メディカルスタッフのためのひと目で選ぶ統計手法
    羊土社 2018
  • エピソードで学ぶ転倒予防78
    文光堂 2018
もっと見る
講演・口頭発表等 (38件):
  • 前十字靭帯再建術後のスポーツ復帰に関わる心理的要因
    (TMDU SPORTS MEDICINE SYMPOSIUM 2021~パフォーマンス向上や競技復帰のための、アスリート心理評価法の開発と実践~ 2021)
  • 膝スポーツ傷害後の再受傷予防と競技復帰に向けた応急管理と術前後アスレティックリハビリテーションの実践的技術
    (日本理学療法士協会 平成31年度理学療法士講習会 2020)
  • 着地前の下肢筋同時収縮率と、着地中の下肢関節角度、垂直床反力の関連性 -フィードフォワード制御の役割について-
    (第6回日本スポーツ理学療法学会学術大会 2019)
  • 膝スポーツ傷害後の再受傷予防と競技復帰に向けた応急管理と術前後アスレティックリハビリテーションの実践的技術
    (日本理学療法士協会 平成31年度理学療法士講習会 2019)
  • Measurement of self-propulsion distance of wheelchair in hospitalized, convalescing, stroke patients
    (13th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine World Congress 2019)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2018 - 現在 東京医科歯科大学大学院
  • 2016 - 2018 筑波大学大学院 人間総合科学研究科
  • 2007 - 2011 了徳寺大学 理学療法学科
  • 2004 - 2007 東京農業大学第一高等学校 普通科
委員歴 (5件):
  • 2019/05 - 現在 公益財団法人 日本スケート連盟 スピードスケート強化スタッフ(医学部門)
  • 2019/04 - 現在 公益財団法人 日本オリンピック委員会 強化スタッフ(医・科学スタッフ)
  • 2018/06 - 現在 NECレッドロケッツ 理学療法士(非常勤)
  • 2017 - 現在 公益社団法人 日本理学療法士協会 ガイドライン・用語策定委員会システマティックレビュー班(フレイル)
  • 2017 - 現在 公益社団法人 日本理学療法士協会 ガイドライン・用語策定委員会システマティックレビュー班(ACL)
所属学会 (6件):
日本スポーツ心理学会 ,  National Strength and Conditioning Association ,  日本理学療法士協会 ,  日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 ,  日本臨床スポーツ医学会 ,  日本臨床バイオメカニクス学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る