研究者
J-GLOBAL ID:201601005240707808   更新日: 2020年07月03日

吉田 遼司

Ryoji Yoshida
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 歯科口腔外科学講座  准教授
研究キーワード (5件): 腫瘍微小環境 ,  癌幹細胞 ,  浸潤・転移 ,  治療抵抗性 ,  口腔癌
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2016 - 2018 難治性口腔癌の分泌型microRNAによる腫瘍微小環境構築の理解と新規治療法開発
  • 2014 - 2016 口腔扁平上皮癌幹細胞と関連するマイクロRNAの機能解析と新規治療法の開発
  • 2012 - 2014 幹細胞関連分子ヌクレオステミンの口腔扁平上皮癌における機能解析と新規治療法の開発
論文 (54件):
  • Tetsuo Higashi, Hideaki Miyamoto, Ryoji Yoshida, Yoki Furuta, Katsuya Nagaoka, Hideaki Naoe, Hisaki Naito, Hideki Nakayama, Motohiko Tanaka. A Case of Sjögren's Syndrome as an Immune-related Adverse Event of Nivolumab Treatment for Gastric Cancer. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2020
  • Tatsuro Yamamoto, Akiyuki Hirosue, Masafumi Nakamoto, Ryoji Yoshida, Junki Sakata, Yuichiro Matsuoka, Kenta Kawahara, Yuka Nagao, Masashi Nagata, Nozomu Takahashi, et al. BRD4 promotes metastatic potential in oral squamous cell carcinoma through the epigenetic regulation of the MMP2 gene. British journal of cancer. 2020
  • Ryo Toya, Tetsuo Saito, Kohsei Yamaguchi, Tomohiko Matsuyama, Takahiro Watakabe, Tadashi Matsumoto, Ryoji Yoshida, Akiyuki Hirosue, Daizo Murakami, Yorihisa Orita, et al. Hypofractionated palliative volumetric modulated arc radiotherapy with the Radiation Oncology Study Group 8502 "QUAD shot" regimen for incurable head and neck cancer. Radiation oncology (London, England). 2020. 15. 1. 123-123
  • Mayumi Hirayama, Fan-Yan Wei, Takeshi Chujo, Shinya Oki, Maya Yakita, Daiki Kobayashi, Norie Araki, Nozomu Takahashi, Ryoji Yoshida, Hideki Nakayama, et al. FTO Demethylates Cyclin D1 mRNA and Controls Cell-Cycle Progression. Cell reports. 2020. 31. 1. 107464-107464
  • Ryo Toya, Tetsuo Saito, Tomohiko Matsuyama, Yudai Kai, Shinya Shiraishi, Daizo Murakami, Ryoji Yoshida, Takahiro Watakabe, Fumi Sakamoto, Noriko Tsuda, et al. Diagnostic Value of FDG-PET/CT for the Identification of Extranodal Extension in Patients With Head and Neck Squamous Cell Carcinoma. Anticancer research. 2020. 40. 4. 2073-2077
もっと見る
MISC (172件):
  • 竹下 尚志, 吉田 遼司, 劉 隣, 高橋 望, 平山 真敏, 中山 秀樹. 頸部痛を契機に診断に至った特発性総頸動脈解離の1例. 日本口腔外科学会雑誌. 2020. 66. 1. 20-24
  • Sakata Junki, Yoshida Ryoji, Matsuoka Yuichiro, Kawahara Kenta, Arita Hidetaka, Nakashima Hikaru, Hirosue Akiyuki, Naito Hisaki, Takeshita Hisashi, Kawaguchi Sho, et al. FOXP3 lymphocyte status may predict the risk of malignant transformation in oral leukoplakia(和訳中). Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology. 2020. 32. 1. 33-39
  • 緒方 克守, 吉田 遼司, 米田 雅一, 竹下 尚志, 中山 秀樹, 篠原 正徳. 頬骨および顎骨骨折に伴って発症し用手的頸動脈圧迫法にて治癒した外傷性頸動脈海綿静脈洞瘻の1例. 日本口腔外科学会雑誌. 2019. 65. 11. 719-725
  • 宮原 知也, 福間 大喜, 川原 健太, 永田 将士, 廣末 晃之, 吉田 遼司, 中山 秀樹. 当科におけるARONJ患者の病的骨折に関する検討. 口腔顎顔面外傷. 2019. 18. 2. 64-65
  • 永尾 優果, 廣末 晃之, 中元 雅史, 川口 翔, 郷原 俊輔, 山名 啓介, 竹下 尚志, 川原 健太, 永田 将士, 吉田 遼司, et al. 口腔扁平上皮癌において、ANGPTL4はエピジェネティック調整を介して高悪性度の獲得に関与する(ANGPTL4 is involved in the highly-malignant potential in oral squamous cell carcinoma through the epigenetic regulation). 日本癌学会総会記事. 2019. 78回. P-1173
もっと見る
講演・口頭発表等 (121件):
  • 予防的頸部郭清術はどのような症例で有用か?=Wait-and-Seeの観点から=
    (日本口腔腫瘍学会総会・学術大会プログラム・抄録集 2019)
  • 口腔扁平上皮癌におけるトシリズマブによる放射線感受性効果の検討
    (日本口腔腫瘍学会総会・学術大会プログラム・抄録集 2019)
  • 口腔扁平上皮癌のOsteopontin発現と放射線耐性に関する検討
    (日本口腔腫瘍学会総会・学術大会プログラム・抄録集 2019)
  • 当科における口腔腫瘍診療への3Dプリンターの活用
    (日本口腔腫瘍学会総会・学術大会プログラム・抄録集 2019)
  • 当科における再発・転移性口腔がんに対するNivolumabの使用経験
    (日本口腔腫瘍学会総会・学術大会プログラム・抄録集 2019)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る