研究者
J-GLOBAL ID:201601005674075400   更新日: 2020年09月04日

藤間 大順

フジマ ヒロノブ | FUJIMA Hironobu
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (2件): http://taxfujima.hatenablog.com/http://taxfujima.hatenablog.com/
研究分野 (1件): 公法学
研究キーワード (3件): 租税法 ,  貧困 ,  所得税
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2016 - 2019 債務免除益に対する所得課税の理論的根拠の検討
論文 (7件):
  • 藤間大順. 消費者問題と債務免除益課税-貸与型奨学金およびクレジットカード債務の減免に関する課税問題を検討対象として-. 青山法学論集. 2020. 61. 4. 353-383
  • 藤間 大順. 企業再生税制と事業再生税制の差異. 日本租税理論学会編『租税理論研究叢書28 所得概念の再検討』(財経詳報社). 2018. 153-165
  • 藤間 大順. 租税利益の原則(Tax Benefit Rule)-米国における生成および展開ならびに日本法に与える示唆-. 青山社会科学紀要. 2018. 47. 1. 45-77
  • 藤間 大順. 貸与型奨学金と債務免除益課税. 青山ローフォーラム. 2018. 6. 2. 153-191
  • 藤間 大順. 債務免除益の年度帰属-米国における「特定の事実」テストを比較対象として-. 第13回「税に関する論文」入選論文集. 2017. 1-58
もっと見る
MISC (6件):
  • 藤間大順. 【論文紹介】公平性と中立性の対立を越えて-Ari Glegower, Taxing Inequality, 93 N.Y.U. L. Rev. 1421-1488 (2018)-. アメリカ法. 2020. 2019-2. 254-258
  • 藤間 大順. 【判例研究】借入金に係る債務免除益の所得分類の判断構造(東京地判平成30年4月19日(平成26年(行ウ)第649号)裁判所ウェブサイト). 税法学. 2019. 582. 175-191
  • 藤間 大順. 【判例研究】不動産所得および一時所得の意義または範囲-東京地判平成30年4月19日裁判所ウェブサイト-. 月刊税務事例. 2019. 51. 8. 45-52
  • 藤間 大順. 【参考資料】租税特別措置法40,70条に関連する裁判例および先行学説について. 青山ローフォーラム. 2019. 8. 1. 151-164
  • 藤間 大順. 債務免除益の課税理論. 博士学位論文 : 論文の内容の要旨及び審査の結果の要旨. 2019. 76. 37-52
もっと見る
書籍 (1件):
  • 『典型契約の税法務-弁護士のための税法×税理士のための民法-』
    日本加除出版 2018 ISBN:9784817844729
講演・口頭発表等 (9件):
  • クラウドファンディング(Crowdfunding, CF)に対する課税-寄附型CFに関する実体法における問題点を検討対象として-
    (日本租税理論学会第31回大会 2019)
  • クラウドファンディング(Crowdfunding, CF)に対する課税-寄附型CFに関する実体法における問題点を検討対象として-
    (日本税法学会第454回関東地区研究会 2019)
  • 源泉徴収制度をめぐる近時の法的紛争とその課題-『天引』との関連からの整理-
    (名古屋青年税理士連盟合同研修会 2019)
  • 不動産所得および一時所得の意義または範囲-東京地判平成30年4月19日(判例集未登載,LEX/DB文献番号2544997)-
    (アコード租税総合研究所第23回判例研究会 2019)
  • Tax Benefit Rule and COD Taxation
    (Japan Scholar Meeting at UVA Law 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2016 - 2019 青山学院大学 公法専攻博士後期課程
  • 2014 - 2016 青山学院大学 公法専攻博士前期課程
  • 2009 - 2014 東京大学 思想文化学科哲学専修課程
学位 (1件):
  • 博士(法学) (青山学院大学)
経歴 (5件):
  • 2020/04 - 現在 神奈川大学 助教
  • 2019/04 - 現在 青山学院大学 非常勤講師
  • 2019/11 - 2020/03 公益財団法人東京財団政策研究所 リサーチアシスタント
  • 2019/04 - 2020/03 青山学院大学 非常勤助手
  • 2016/04 - 2019/03 日本学術振興会 特別研究員(DC1)
受賞 (1件):
  • 2017/11 - 公益財団法人納税協会連合会 第13回「税に関する論文」専門家の部 奨励賞 「債務免除益の年度帰属-米国における「特定の事実」テストを比較対象として-」
所属学会 (3件):
租税法学会 ,  日本租税理論学会 ,  日本税法学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る