研究者
J-GLOBAL ID:201601005942510611   更新日: 2022年01月05日

川上 理

Kawakami Satoru
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://smcurology.com
研究分野 (4件): 泌尿器科学 ,  代謝、内分泌学 ,  実験病理学 ,  病態医化学
研究キーワード (2件): Urogenial malignancy ,  泌尿生殖器悪性腫瘍
競争的資金等の研究課題 (30件):
  • 2017 - 現在 経尿道的手術で発生するサージカルスモークの曝露回避を目的とした閉鎖式持続還流システムの後方視的観察研究
  • 2016 - 現在 片腎摘出術後の高尿酸血症に対する尿酸降下療法の腎機能への影響の後向き検討
  • 2016 - 現在 泌尿器がん由来のがん幹細胞の制御機構の解明
  • 2016 - 現在 化学療法未治療去勢抵抗性前立腺がんにおけるエンザルタミドの効果予測因子としての好中球数・リンパ球数比を評価するための後方視的研究
  • 2015 - 現在 急性陰嚢症とくに精巣捻転症の診断と外気温との関連についての前方視的検討
全件表示
論文 (154件):
  • 川上 理, 矢野晶大, 竹下英毅. 転移性ホルモン感受性前立腺癌(mHSPC)に対する最新のアプローチおよび治療決定の指針. 臨床泌尿器科. 2021. 75. 5. 292-295
  • Yamamoto G, Miyabe I, Tanaka K, Kakuta M, Watanabe M, Kawakami S, Ishida H, Akagi K. SVA retrotransposon insertion in exon of MMR genes results in aberrant RNA splicing and causes Lynch syndrome. European Journal of Human Genetics. 2021. 29. 4. 680-686
  • Kamada S, Namekawa T, Ikeda K, Suzuki T, Kagawa M, Takeshita H, Yano A, Okamoto K, Ichikawa T, Horie K, et al. Functional inhibition of cancer stemness-related protein DPP4 rescues tyrosine kinase inhibitor resistance in renal cell carcinoma. Oncogene. 2021. 40. 22. 3899-3913
  • Miyoshi Y, Yasui M, Yoneyama S, Kawahara T, Nakagami Y, Ohno Y, Iizuka J, Tanabe K, Hashimoto Y, Tsumura H, et al. A novel prognostic model for Japanese patients with newly diagnosed metastatic hormone-naïve prostate cancer. BJUI Compass. 2021. 2. 105-114
  • Hussain M, Mateo J, Fizazi K, Saad F, Shore N, Sandhu S, Chi KN, Sartor O, Agarwal N, Olmos D, et al. Survival with Olaparib in Metastatic Castration-Resistant Prostate Cancer. New England Journal of Medicine. 2020. 383. 24. 2345-2357
もっと見る
書籍 (44件):
  • 第8章 泌尿・生殖器疾患 50 前立腺癌 病期・病態・重症度からみた疾患別看護過程 第4版
    医学書院 2020
  • 第8章 泌尿・生殖器疾患 49 前立腺肥大症 病期・病態・重症度からみた疾患別看護過程 第4版
    医学書院 2020
  • Q68 oligometastasisの定義は?積極的な治療は有効ですか? Q&Aでスッキリわかる前立腺癌
    メジカルビュー社 2017
  • Q68 oligometastasisの定義は?積極的な治療は有効ですか?「Q&Aでスッキリわかる前立腺癌」
    メジカルビュー社 2017
  • 第8章 泌尿・生殖器疾患 50 前立腺癌 病期・病態・重症度からみた疾患別看護過程+病態関連図 第3版
    2016
もっと見る
講演・口頭発表等 (176件):
  • M1前立腺癌の予後予測因子としてhigh-risk diseaseはhigh-volume diseaseに優る
    (第107回 日本泌尿器科学会総会 2019)
  • 去勢抵抗性前立腺癌へと進行するまでの時間はM1前立腺癌の強い予後因子である
    (第107回 日本泌尿器科学会総会 2019)
  • 原発巣臨床病期T4の前立腺癌の予後解析
    (第106回 日本泌尿器科学会総会 2018)
  • Short-term dynamics of dehydroepiandrosterone sulfate can predict responsiveness to hormone therapy in patients with hormone-naïve metastatic prostate cancer
    (33rd Annual EAU Congress 2018)
  • Development and validation of a nomogram for predicting testicular torsion among acute scrotum using environmental conditions and physical examinations
    (33rd Annual EAU Congress 2018)
もっと見る
Works (4件):
  • ポイントにタッチ! 前立腺がんマスター講座 第9回 ホルモン療法の副作用
    2015 -
  • こんな時は泌尿器科に 6 前立腺肥大症Q&A
    2011 -
  • Saitama Prostate Cancer Update 前立腺癌の外科治療を考える
    井坂茂夫, 川上 理, 住友 誠, 蜂谷隆彦 2010 -
  • がんの悩み相談室 -前立腺がん-
    2010 -
学歴 (2件):
  • 1982 - 1988 東京医科歯科大学 泌尿器科
  • 1977 - 1982 東京大学 工業化学科
学位 (3件):
  • 工学士 (東京大学)
  • 医学士 (東京医科歯科大学)
  • 医学博士 (東京医科歯科大学)
経歴 (6件):
  • 2019/09 - 現在 埼玉医科大学総合医療センター 泌尿器科 教授
  • 2006/04 - 2010/06 東京医科歯科大学大学院 医学部 助教授・准教授
  • 2006/04 - 2010/06 東京医科歯科大学大学院 医学部 助教授・准教授
  • 2003/04 - 2006/03 東京医科歯科大学大学院 泌尿器科学 専任講師
  • 2003/04 - 2006/03 東京医科歯科大学大学院 泌尿器科学 専任講師
全件表示
委員歴 (16件):
  • 2016/07/01 - 現在 日本泌尿器科学会埼玉地方会運営委員会 運営委員
  • 2016/07 - 現在 Japanese Urological Association Editorial board
  • 2016/07 - 現在 日本泌尿器科学会 編集委員
  • 2016/07 - 現在 Japanese Urological Association Editorial board
  • 2016/07 - 現在 日本泌尿器科学会 編集委員
全件表示
受賞 (17件):
  • 2017/11 - 日本泌尿器科学会埼玉地方会 ベストプレゼンテーション賞 腎原発ガストリノーマの一例
  • 2017/05 - American Urological Association 2017 AUA Best Poster Definitive management of carcinogenic surgical smoke during transurethral resection of the prostate using a closed irrigation system
  • 2015/07 - 埼玉医科大学 Best Effort of the Year 2014
  • 2015/06 - 日本泌尿器科学会埼玉地方会 ベストプレゼンテーション賞 総腸骨静脈血栓を合併した巨大腎血管筋脂肪腫に対し一時的下大静脈フィルターを留置し摘除しえた1例
  • 2010/07 - 第603回日本泌尿器科学会東京地方会ベストプレゼンテーション賞(日本泌尿器科学会)
全件表示
所属学会 (10件):
日本泌尿器癌局所療法研究会 ,  American Society of Clinical Oncology ,  日本小切開・鏡視外科学会 ,  欧州泌尿器科学会 ,  日本内視鏡外科学会 ,  日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会 ,  日本癌学会 ,  日本不妊学会 ,  日本癌治療学会 ,  日本泌尿器科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る