研究者
J-GLOBAL ID:201601006103719986   更新日: 2020年10月06日

月本 翔太

ツキモト ショウタ | Tsukimoto Shota
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (3件): 外科系歯学 ,  免疫学 ,  麻酔科学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2019 - 2022 APOBEC3・AID二重欠損マウスを用いた白血病疾患モデルの構築と機能解析
論文 (7件):
  • Haruyuki Yuasa, Yukio Onoda, Atsuhiro Kitaura, Takashi Mino, Shota Tsukimoto, Shinichi Nakao. Anesthesia management in a patient with very long-chain acyl-Coenzyme A dehydrogenase deficiency. JA clinical reports. 2020. 6. 1. 72-72
  • 青木 理紗, 月本 翔太, 永野 沙紀, 湯浅 あかね, 高杉 嘉弘. 植込み型除細動器を植え込んだ高齢心臓サルコイドーシス患者に対する全身麻酔経験. 臨床麻酔. 2019. 43. 11. 1463-1467
  • Tsukimoto S, Takasugi Y, Aoki R, Kimura M, Konishi T. Inferior Alveolar Nerve Block Using the Anterior Technique to Anesthetize Buccal Nerve and Improve Anesthesia Success Rates for Third Molar Extraction: A Randomized Controlled Trial and Magnetic Resonance Imaging Evaluation. Journal of oral and maxillofacial surgery : official journal of the American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons. 2019. 77. 10. 2004-2016
  • Takasugi Yoshihiro, Aoki Risa, Tsukimoto Shota. Asymptomatic hemilateral pneumothorax and pneumomediastinum following surgical tracheostomy in a patient with hyponatremia and zolpidem withdrawal delirium. JA CLINICAL REPORTS. 2018. 4
  • 青木 理紗, 月本 翔太, 湯浅 あかね, 鹿島 悠子, 濱田 傑, 高杉 嘉弘. 周術期に著しい血糖値変動を示した1型糖尿病患者に対する口腔外科手術症例. 日本歯科麻酔学会雑誌. 2017. 45. 2. 232-234
もっと見る
MISC (3件):
  • 下出 孟史, 森影 恵里, 内橋 隆行, 木全 正彰, 榎本 明史, 中谷 貴範, 中原 寛和, 山中 康嗣, 木村 沢郎, 中林 由佳, et al. 当院入院センターにおける周術期口腔機能管理 口腔チェックによる歯科的トリアージについて. 日本口腔科学会雑誌. 2015. 64. 2. 119-120
  • 金澤 太顕, 内橋 隆行, 中原 寛和, 榎本 明史, 山中 康嗣, 木全 正彰, 下出 孟史, 中谷 貴範, 森影 恵里, 木村 沢郎, et al. 上顎歯肉原発悪性黒色腫に対し、切除後の再発に対し重粒子線治療を行った1例. 日本口腔科学会雑誌. 2015. 64. 2. 197-197
  • 松田 亮, 室井 奈央, 室井 茉央, 児玉 昭彦, 坂本 真一, 月本 翔太, 西山 今日子, 古庄 寿子, 犬伏 俊博, 宮内 睦美, et al. 歯周病は肝炎の発症、増悪に関与する. 日本歯科医師会雑誌. 2012. 65. 5. 687-687
講演・口頭発表等 (10件):
  • 全身麻酔患者での直接経口抗凝固薬アピキサバン休薬後の抗活性化凝固第X因子活性の変動
    (日本歯科麻酔学会雑誌 2019)
  • 植込み型除細動器を植え込んだ高齢心臓サルコイドーシス患者に対する全身麻酔経験
    (日本歯科麻酔学会雑誌 2019)
  • 下歯槽神経近位伝達麻酔法における頬神経支配領域での麻酔範囲と臨床的奏効率の検討
    (日本歯科麻酔学会雑誌 2018)
  • 喉頭蓋腫瘤での声門上器具(i-gel)の適切な換気獲得の限界についての検討
    (日本麻酔科学会学術集会(Web) 2018)
  • 下歯槽神経近位伝達麻酔法における頬神経支配領域での麻酔範囲の検討
    (日本歯科麻酔学会雑誌 2017)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る