研究者
J-GLOBAL ID:201601006185599606   更新日: 2020年12月31日

西野 偉彦

ニシノ タケヒコ | Nishino Takehiko
所属機関・部署:
職名: 上席所員
その他の所属(所属・部署名・職名) (3件):
  • 日本シティズンシップ教育フォーラム  監事
  • 一般社団法人生徒会活動支援協会  理事長
  • 松下政経塾  政経研究所主任
ホームページURL (1件): http://takehikonishino.net/
研究分野 (3件): 教育学 ,  政治学 ,  社会法学
研究キーワード (7件): 公共政策 ,  政治学 ,  教育学 ,  シティズンシップ ,  18歳選挙権 ,  政治参加 ,  主権者教育
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2015 - 2016 シティズンシップ教育における生徒会活動の可能性
  • 2014 - 2015 政策過程から検証するシチズンシップ教育の現状と課題
論文 (3件):
  • 西野 偉彦. 18歳選挙権における主権者教育の現状と課題~どのようにして「社会的意思決定」を学ぶのか~. 慶應義塾大学湘南藤沢学会「第14回研究発表大会」抄録集. 2016. 13-16
  • 西野 偉彦. 高校生の政治的リテラシーの習得可能性. 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科. 2016
  • 西野 偉彦. 18歳選挙権に伴う主権者教育に関する研究~ドイツの事例を参考にして~. 第34回昭和池田賞受賞作品集. 2015. 34. 17-31
MISC (2件):
  • 西野 偉彦. 〔参院選・争点特集〕「異論・反論・激論」18歳選挙「主権者教育は付け焼き刃にすぎない」. サンデー毎日. 2016. 95. 29
  • 西野 偉彦. 〔時の話題〕18歳選挙権「日本における主権者教育の現状と課題」. 三田評論. 2016. 1206. 42-43
書籍 (1件):
  • ドイツの子ども・若者参画のいま
    2015
講演・口頭発表等 (2件):
  • 主権者教育としての新しい生徒会活動~「社会的意思決定学習」の実践から~
    (2016)
  • 18歳選挙権における主権者教育の現状と課題~どのようにして「社会的意思決定」を学ぶのか~
    (慶應義塾大学湘南藤沢学会「第14回研究発表大会」)
学歴 (2件):
  • 2014 - 2016 慶應義塾大学 政策・メディア研究科修士課程
  • 2006 - 2010 明治学院大学 政治学科
学位 (1件):
  • 修士(政策・メディア) (慶應義塾大学)
経歴 (13件):
  • 2020/04 - 現在 日本シティズンシップ教育フォーラム 監事
  • 2019/11 - 現在 松下政経塾 政経研究所主任
  • 2016/04 - 現在 慶應義塾大学 SFC研究所 上席所員
  • 2015/04 - 現在 一般社団法人 生徒会活動支援協会 理事長
  • 2018/03 - 2020/03 日本シティズンシップ教育フォーラム 運営委員
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2017/06 - 現在 神奈川県教育委員会 小・中学校における政治的教養を育む教育 実践協力校連絡会 座長
  • 2018/03 - 2020/03 神奈川県教育委員会 シチズンシップ教育推進プロジェクト会議 座長
  • 2016/05 - 2017/03 神奈川県教育委員会 小・中学校における政治的教養を育む教育 検討会議 座長
受賞 (4件):
  • 2016/03 - 慶應義塾大学 SFC STUDENT AWARD
  • 2015/11 - 慶應義塾大学湘南藤沢学会 優秀賞 第13回研究発表大会
  • 2015/07 - 公益財団法人昭和池田記念財団 第34回 昭和池田賞
  • 2010/03 - 明治学院大学 法学部卒業生特別表彰
所属学会 (2件):
慶應義塾大学湘南藤沢学会 ,  一般社団法人生徒会活動支援協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る