研究者
J-GLOBAL ID:201601006277257914   更新日: 2019年12月17日

山川 志典

YAMAKAWA Yukinori
所属機関・部署:
職名: 研究員
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • 神奈川大学国際常民文化研究機構  研究員
  • ふじのくに地球環境史ミュージアム  研究員
研究分野 (2件): 文化財科学・博物館学 ,  文化人類学・民俗学
研究キーワード (6件): 文化財 ,  地域遺産 ,  文化資源 ,  文化遺産 ,  民俗学 ,  無形文化遺産
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2017 - 2021 民具の機能分析に関する基礎的研究
  • 2018 - 2020 奉納品からみる産育信仰と文化遺産としての継承-石川県金沢市真成寺を事例として-
  • 2019 - 2020 民具の活用に関する基礎的研究
論文 (5件):
MISC (6件):
  • 山川 志典. 茶農家の暮らしと茶草場の関わりー世界重要農業遺産システムを契機とした「暮らしを調べること」の展望ー. 静岡県民俗学会会報. 2019. 173. 1-6
  • 山川 志典. 書評:一柳廣孝(監)今井秀和、大道晴香(編著)『怪異の時空1 怪異を歩く』. 世間話研究. 2017. 25. 93-106
  • 山川 志典. 書評:石川直樹、須藤功ほか著『宮本常一と写真』. 季刊 しま. 2017. 248. 152
  • 山川 志典. 宮本常一写真を読む4 佐久島. 季刊 しま. 2016. 245. 106-113
  • 山川 志典. 宮本常一写真を読む3 三宅島 後篇. 季刊しま. 2016. 244. 96-103
もっと見る
書籍 (1件):
  • 無形学へ かたちになる前の思考 まちづくりを俯瞰する5つの視座
    水曜社 2017 ISBN:9784880654065
講演・口頭発表等 (18件):
  • Fuji-san and Life of communities in Hoku-sun
    (The 1st Asia Parks Congress 2013)
  • 岩手県遠野市における文化遺産の保存と活用に関する研究
    (日本生活学会第41回研究発表大会 2014)
  • 「地域遺産」の保存と活用-岩手県遠野市を事例として-
    (人文建築会 2014年修士研究報告会 2014)
  • 遠野遺産認定制度における住民の地域遺産の保全と活用の実態
    (日本生活学会第42回研究発表大会 2015)
  • Life with volcanic island:1969-2015 of Miyake-jima
    (Conservation of Marine Biodiversity under Global Environmental Change,Tokyo 2015)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2008 - 2012 國學院大學 文学部 日本文学科伝承文学専攻
  • 2012 - 2013 早稲田大学大学院 創造理工学研究科建築学専攻科目等履修生
  • 2013 - 2015 筑波大学大学院 人間総合科学研究科 世界遺産専攻(博士前期課程)
  • 2015 - 2018 筑波大学大学院 人間総合科学研究科 世界文化遺産学専攻(博士後期課程)
学位 (1件):
  • 博士(学術) (筑波大学)
経歴 (3件):
  • 2015/05 - 2018/03 独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所 調査・研究スタッフ
  • 2016/04 - 2019/03 国際基督教大学 研究助手
  • 2019/04 - 現在 静岡県富士山世界遺産センター 研究員
委員歴 (1件):
  • 2017/04 - 2019/04 日本口承文芸学会 運営理事・事務局
所属学会 (7件):
日本口承文芸学会 ,  日本都市計画学会 ,  日本造園学会 ,  世間話研究会 ,  文化資源学会 ,  日本生活学会 ,  日本民俗学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る