研究者
J-GLOBAL ID:201601006524790388   更新日: 2020年09月01日

松岡 千博

マツオカ チヒロ | Matsuoka Chihiro
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 応用数学、統計数学 ,  数学基礎
研究キーワード (1件): 渦層, 非線形解析, カオス力学系,数値解析
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2018 - 2021 非可積分系に対する厳密解とカオス的集合の実験数学的構成
  • 2017 - 2021 磁気流体における電流渦層の数理的解析とその応用
  • 2019 - 2020 「渦」の縦糸と「物理」の横糸で紡ぐ非平衡・不安定系の学理の構築
  • 2019 - 2020 リヒトマイヤー・メシュコフ不安定性における界面とバルク渦の非線形相互作用に関する研究
  • 2018 - 2019 磁場による流体不安定性の抑制に関する研究
全件表示
論文 (10件):
  • Chihiro Matsuoka, Katsunobu Nishihara, Takayoshi Sano. Nonlinear interfacial motion in magnetohydrodynamic flows. Elsevier・High Energy Density Physics. 2019. 31. 19-23
  • C. Matsuoka, K. Nishihara, T. Sano. Nonlinear Dynamics of Non-uniform Current-Vortex Sheets in Magnetohydrodynamic Flows. Journal of Nonlinear Science. 2017. 27. 2. 531-572
  • C. Matsuoka, K. Nishihara, T. Sano. Nonlinear motion of a current-vortex sheet in MHD Richtmyer-Meshkov instability. IOP. 2016. 688. 1742-6596
  • Motion of non-uniform double current-vortex sheets in magnetohydrodynamics flows. IOP. 2016. 91. 034005_1-9
  • C. Matsuoka, K. Hiraide. Computation of entropy and Lyapunov exponent by a shift transform. Chaos. 2015. 25. 103110_1-103110_6
もっと見る
講演・口頭発表等 (33件):
  • 多層界面の非線形運動
    (日本物理学会第75回年次大会 2020)
  • Nonlinear motion of current-vortex sheets in magnetohydrodynamic flows
    (NITEP one year anniversary conference“Turbulence of all kinds” 2020)
  • 不変複素曲線のLaplace積分による漸近展開表現と古典的整関数表現の関係
    (2019年度冬の力学系研究集会 2020)
  • 渦層モデルによる多層界面の非線形解析
    (海洋・海岸等における波動の解析モデルの発展 2019)
  • Deterministic representation of chaotic attractors and capture of all homoclinic points in Henon map
    (3rd Asia-Pacific Conference on Plasma Physics 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 静岡大学
  • 名古屋大学
学位 (2件):
  • 博士(理学) (名古屋大学)
  • Doctor of Philosophy (Nagoya University)
経歴 (4件):
  • 2019/04/01 - 現在 大阪市立大学 南部陽一郎物理学研究所 研究員
  • 2017/04/01 - 現在 大阪市立大学 数学研究所 研究員
  • 2016/04/01 - 現在 大阪市立大学 工学研究科 機械物理系専攻 教授
  • 愛媛大学
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る