研究者
J-GLOBAL ID:201601006710622592   更新日: 2022年01月02日

村上 昭義

MURAKAMI Akiyoshi
所属機関・部署:
職名: 主任研究官
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 経済協力開発機構(OECD)  政策アナリスト
研究分野 (3件): 科学社会学、科学技術史 ,  知能情報学 ,  図書館情報学、人文社会情報学
研究キーワード (5件): 科学技術指標 ,  科学技術政策 ,  科学計量学 ,  産学連携 ,  核融合学
論文 (6件):
MISC (32件):
  • Izumi Yamashita, Akiyoshi Murakami, Stephanie Cairns, Fernando Galindo-Rueda. Measuring the AI content of government-funded R&D projects. OECD Science, Technology and Industry Working Papers. 2021
  • 村上昭義, 伊神正貫. 科学技術の状況に係る総合的意識調査(NISTEP定点調査2019)データ集. NISTEP REPORT No.185. 2020
  • 村上昭義, 伊神正貫. 科学技術の状況に係る総合的意識調査(NISTEP定点調査2019)報告書. NISTEP REPORT No.184. 2020
  • 伊神 正貫, 神田 由美子, 村上 昭義. 長期のインプット・アウトプットマクロデータを用いた日本の大学の論文生産の分析. 科学技術・学術政策研究所(Discussion Paper No.180). 2020
  • 村上 昭義, 伊神 正貫. 研究論文に着目した日英独の大学ベンチマーキング2019-大学の個性を活かし、国全体としての水準を向上させるために-. 科学技術・学術政策研究所(調査資料-288). 2020
もっと見る
講演・口頭発表等 (35件):
  • Toward integrated analyses of research funding and outputs: NISTEP’s role in the introduction of standardized grant number in Japan
    (The 14th Trilateral Science and Technology Policy Seminar 2019)
  • 国際連合による地理区分でみる地域ごとの研究活動の特徴
    (研究・イノベーション学会 第34回年次学術大会 2019)
  • NISTEP定点調査ワークショップ2019の結果報告:大学等における研究環境改善に向けた今後の示唆
    (研究・イノベーション学会 第34回年次学術大会 2019)
  • 大規模意識調査からみた大学の研究室・研究グループの研究教育活動の特徴
    (RA協議会第5回年次大会 2019)
  • 大規模意識調査からみた日本の科学技術の状況:「若手育成」と「女性活躍」に注目して
    (第60回日本植物生理学会年会 男女共同参画委員会ランチョンセミナー 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2007 - 2012 総合研究大学院大学 核融合科学専攻
  • 2003 - 2007 信州大学 物理科学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (総合研究大学院大学)
経歴 (6件):
  • 2021/04 - 現在 文部科学省科学技術・学術政策研究所 科学技術予測・政策基盤調査研究センター 主任研究官
  • 2020/06 - 現在 経済協力開発機構 (OECD) 政策アナリスト
  • 2019/04 - 2021/03 文部科学省科学技術・学術政策研究所 科学技術・学術基盤調査研究室 主任研究官
  • 2015/04 - 2019/03 文部科学省 科学技術・学術政策研究所 科学技術・学術基盤調査研究室 研究員
  • 2013/02 - 2015/03 信州大学 産学官・社会連携推進機構 助教(URA)
全件表示
受賞 (2件):
  • 2017/12 - 文部科学省 科学技術・学術政策研究所 所長賞
  • 2012/06 - 第9回核融合エネルギー連合講演会 若手優秀発表賞
所属学会 (4件):
リサーチ・アドミニストレーター協議会 ,  日本物理学会 ,  プラズマ・核融合学会 ,  研究・イノベーション学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る