研究者
J-GLOBAL ID:201601006710622592   更新日: 2020年08月31日

村上 昭義

MURAKAMI Akiyoshi
所属機関・部署:
職名: 主任研究官
研究キーワード (3件): 核融合学 ,  産学連携 ,  科学計量学
論文 (3件):
MISC (25件):
  • 村上昭義, 伊神正貫. 科学技術の状況に係る総合的意識調査(NISTEP定点調査2018)報告書. 科学技術・学術政策研究所 NISTEP REPORT No.179. 2019
  • 村上昭義, 伊神正貫. 科学技術の状況に係る総合的意識調査(NISTEP定点調査2018)データ集. 科学技術・学術政策研究所 NISTEP REPORT No.180. 2019
  • 村上昭義. 組織的な産学官連携を行う上での問題点とその背景要因:産学官の有識者による自己診断とそこから得られる示唆. 科学技術・学術政策研究所 STI Horizon 2018 Vol.4 No.4. 2018
  • 伊神正貫, 村上昭義, 川村隆浩. サイエンスマップ2016 -論文データベース分析(2011-2016年)による注目される研究領域の動向調査-. 科学技術・学術政策研究所 NISTEP REPORT No.178. 2018
  • 村上昭義. 論文を生み出すような研究活動の活発度とその変動要因:NISTEP定点調査2017の深掘調査からの示唆. 科学技術・学術政策研究所 STI Horizon 2018 Vol.4 No.3. 2018
もっと見る
講演・口頭発表等 (31件):
  • 大規模意識調査からみた日本の科学技術の状況:「若手育成」と「女性活躍」に注目して
    (第60回日本植物生理学会年会 男女共同参画委員会ランチョンセミナー 2019)
  • 研究力の現状把握と研究戦略策定に向けて
    (岡山大学IR/IE講演会 2018)
  • Output structure of the university system in Japan: In-depth analysis of the scientific papers by the university group
    (The 13th Trilateral Science and Technology Policy Seminar in Sendai 2018)
  • 産学官の研究者や有識者が考える組織的な連携を行う上での問題点とは?:大規模意識調査を用いた考察
    (研究・イノベーション学会第33回年次学術大会 2018)
  • 科学技術指標2018から見た日本:知識産出構造に注目した考察
    (研究・イノベーション学会第33回年次学術大会 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2007 - 2012 総合研究大学院大学 物理科学研究科 核融合科学専攻
  • 2003 - 2007 信州大学 理学部 物理科学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (総合研究大学院大学)
経歴 (4件):
  • 2019/04 - 現在 文部科学省 科学技術・学術政策研究所 主任研究官
  • 2015/04 - 2019/03 文部科学省 科学技術・学術政策研究所 研究員
  • 2013/02 - 2015/03 信州大学 助教(URA)
  • 2012/04 - 2013/01 日本学術振興会
受賞 (2件):
  • 2017/12 - 文部科学省 科学技術・学術政策研究所 所長賞
  • 2012/06 - 第9回核融合エネルギー連合講演会 若手優秀発表賞
所属学会 (4件):
リサーチ・アドミニストレーター協議会 ,  日本物理学会 ,  プラズマ・核融合学会 ,  研究・イノベーション学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る