研究者
J-GLOBAL ID:201601007009248798   更新日: 2020年09月01日

大森 伸之介

オオモリ シンノスケ | Ohmori Shinnosuke
所属機関・部署:
職名: 主任研究員
研究分野 (1件): 遺伝育種科学
論文 (12件):
MISC (14件):
もっと見る
特許 (2件):
講演・口頭発表等 (15件):
  • 温度勾配チャンバーを用いたイネ閉花受粉性突然変異体spw1-clsの温度反応性評価
    (育種学研究 2016)
  • イネ発芽後の種子根および鞘葉の伸長速度の品種・系統間差異
    (育種学研究 2016)
  • イネ閉花受粉性突然変異体spw1-cls2の圃場条件における特性評価
    (育種学研究 2016)
  • 2つの新規閉花受粉性イネ突然変異体の原因遺伝子のマッピング
    (育種学研究 2015)
  • 各地で栽培したspw1-cls変異を持つ閉花受粉性イネ系統の開花率と開花/閉花予測地図の試作
    (日本作物学会講演会要旨・資料集 2014)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(農学) (筑波大学)
受賞 (2件):
  • 2019/03 - 日本育種学会 2018年度論文賞 The cleistogamy of the superwoman1-cleistogamy1 mutation is sensitive to low temperatures during the lodicule-forming stage
  • 2012/10 - 日本作物学会 第234回講演会優秀発表賞 東北・関東・東海・北陸の各地で栽培したspw1-cls変異を持つ閉花受粉性イネ系統の開花率
所属学会 (2件):
日本作物学会 ,  日本育種学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る