研究者
J-GLOBAL ID:201601007087083851   更新日: 2020年08月25日

清水 勇気

シミズ ユウキ | Shimizu Yuki
所属機関・部署:
職名: 研究員
研究分野 (1件): 神経科学一般
研究キーワード (6件): ラジアルグリア ,  ゲノム編集 ,  神経発生 ,  メダカ ,  ゼブラフィッシュ ,  神経再生
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2018 - 2021 脊椎動物における成体脳の再生能力を制御する分子機構の解明
論文 (7件):
  • Mariko Kiyooka, Yuki Shimizu, Toshio Ohshima. Histone deacetylase inhibition promotes regenerative neurogenesis after stab wound injury in the adult zebrafish optic tectum. BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS. 2020. 529. 2. 366-371
  • Yuto Ueda, Yuki Shimizu, Nobuyuki Shimizu, Tohru Ishitani, Toshio Ohshima. Involvement of sonic hedgehog and notch signaling in regenerative neurogenesis in adult zebrafish optic tectum after stab injury. JOURNAL OF COMPARATIVE NEUROLOGY. 2018. 526. 15. 2360-2372
  • Yuki Shimizu, Yuto Ueda, Toshio Ohshima. Wnt signaling regulates proliferation and differentiation of radial glia in regenerative processes after stab injury in the optic tectum of adult zebrafish. GLIA. 2018. 66. 7. 1382-1394
  • Shiori Shitasako, Yoko Ito, Ryoichi Ito, Yuto Ueda, Yuki Shimizu, Toshio Ohshima. Wnt and Shh signals regulate neural stem cell proliferation and differentiation in the optic tectum of adult zebrafish. DEVELOPMENTAL NEUROBIOLOGY. 2017. 77. 10. 1206-1220
  • Keisuke Nozawa, Yanbin Lin, Ryota Kubodera, Yuki Shimizu, Hideomi Tanaka, Toshio Ohshima. Zebrafish Mecp2 is required for proper axonal elongation of motor neurons and synapse formation. DEVELOPMENTAL NEUROBIOLOGY. 2017. 77. 9. 1101-1113
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2015 - 2018 早稲田大学 生命医科学専攻 博士課程
  • 2013 - 2015 早稲田大学 生命医科学専攻 修士課程
  • 2009 - 2013 早稲田大学 生命医科学科
経歴 (3件):
  • 2019/04 - 現在 国立研究開発法人産業技術総合研究所 バイオメディカル研究部門細胞分子機能研究グループ 研究員
  • 2018/04 - 2019/03 早稲田大学 先進理工学部生命医科学科 助教
  • 2016/04 - 2018/03 早稲田大学 先進理工学部生命医科学科 助手
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る