研究者
J-GLOBAL ID:201601007152729535   更新日: 2020年09月01日

加来 洋

Kaku Yo
研究分野 (1件): 皮膚科学
論文 (64件):
  • Hiroyuki Katsuragawa, Yosuke Yamada, Yoshihiro Ishida, Yo Kaku, Masakazu Fujimoto, Tatsuki R. Kataoka, Hironori Haga. A case of Langerhans cell sarcoma on the scalp: Whole-exome sequencing reveals a role of ultraviolet in the pathogenesis. Pathology International. 2020
  • Kosuke Katsuo, Yo Kaku, Kentaro Yamamura, Yoshihiro Ishida, Yuichiro Endo, Gyohei Egawa, Atsushi Otsuka, Kenji Kabashima. Atypical blue nevus of the labium minus confirmed by whole-exome sequencing. Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology : JEADV. 2020
  • Kosuke Katsuo, Yo Kaku, Jumpei Tahara, Chisato Yamashita, Yuichiro Endo, Gyohei Egawa, Teruki Dainichi, Kenji Kabashima. Venous leg ulcers associated with abdominal aortic aneurysm. International journal of dermatology. 2020. 59. 7. e252-e253
  • 石橋 茉実, 小野 さち子, 小松 貴義, 臼居 駿也, 加来 洋, 遠藤 雄一郎, 野村 尚史, 椛島 健治. 下肢に難治性の深い潰瘍を多発した結節性多発動脈炎の1例. 日本皮膚科学会雑誌. 2020. 130. 5. 1221-1221
  • 田原 純平, 加来 洋, 小松 貴義, 山下 千聡, 遠藤 雄一郎, 江川 形平, 大日 輝記, 椛島 健治. 交通外傷後に出現した前額部の異型髄膜腫の1例. 日本皮膚科学会雑誌. 2020. 130. 5. 1241-1241
もっと見る
MISC (40件):
  • T. Komatsu-Fujii, T. Dainichi, Y. Kaku, T. Murata, T. Nomura, K. Kabashima. Anti-laminin γ1 pemphigoid with IgE autoantibodies. Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology. 2020
  • 堀口 亜有未, 楠葉 展大, 石田 雄大, 加来 洋, 平田 勝啓, 遠藤 雄一郎, 大日 輝記, 椛島 健治. G-CSF産生臀部有棘細胞癌の1例. 臨床皮膚科. 2018. 72. 12. 993-998
  • 武内 敦子, 加来 洋, 楠葉 展大, 遠藤 雄一郎, 江川 形平, 椛島 健治. 外陰部硬化性萎縮性苔癬に合併し、切除後に再発をきたした有棘細胞癌の1例. 皮膚の科学. 2018. 17. 5. 295-295
  • 滝本 莉子, 遠藤 雄一郎, 加来 洋, 椛島 健治. ブレンツキシマブ・ベドチン投与後に広範囲に皮膚びらんを呈したSezary症候群の1例. 皮膚の科学. 2018. 17. 2. 130-130
  • 小亀 敏明, 加来 洋, 遠藤 雄一郎, 山下 千聡, 堀口 亜有未, 岩田 昌史, 椛島 健治. 手掌に悪性黒色腫を発症した長島型掌蹠角化症の1例. 角化症研究会記録集. 2018. 32. 90-93
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る