研究者
J-GLOBAL ID:201601007159418527   更新日: 2020年09月01日

植田 光晴

ウエダ ミツハル | Ueda Mitsuharu
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www2.kuh.kumamoto-u.ac.jp/neurology/
研究分野 (1件): 神経内科学
研究キーワード (1件): アミロイドーシス
論文 (236件):
  • Hiroaki Kitaoka, Chisato Izumi, Yasuhiro Izumiya, Takayuki Inomata, Mitsuharu Ueda, Toru Kubo, Jun Koyama, Motoaki Sano, Yoshiki Sekijima, Nobuhiro Tahara, et al. JCS 2020 Guideline on Diagnosis and Treatment of Cardiac Amyloidosis. Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society. 2020
  • Mitsuharu Ueda, Yoshiki Sekijima, Haruki Koike, Taro Yamashita, Tsuneaki Yoshinaga, Tomonori Ishii, Yukio Ando. Monitoring of asymptomatic family members at risk of hereditary transthyretin amyloidosis for early intervention with disease-modifying therapies. Journal of the neurological sciences. 2020. 414. 116813-116813
  • Seitaro Oda, Masafumi Kidoh, Yasunori Nagayama, Seiji Takashio, Hiroki Usuku, Mitsuharu Ueda, Taro Yamashita, Yukio Ando, Kenichi Tsujita, Yasuyuki Yamashita. Trends in Diagnostic Imaging of Cardiac Amyloidosis: Emerging Knowledge and Concepts. Radiographics : a review publication of the Radiological Society of North America, Inc. 2020. 190069-190069
  • Yihong Ma, Mitsuharu Ueda, Akihiko Ueda, Satoru Shinriki, Akihito Nagatoshi, Aito Isoguchi, Masamitsu Okada, Masayoshi Tasaki, Toshiya Nomura, Yasuteru Inoue, et al. Novel dot-blot assay for detection of vascular Notch3 aggregates in patients with CADASIL. Journal of the neurological sciences. 2020. 415. 116931-116931
  • Hironobu Naiki, Yoshiki Sekijima, Mitsuharu Ueda, Kenichi Ohashi, Yoshinobu Hoshii, Masayuki Shimoda, Yukio Ando. Human amyloidosis, still intractable but becoming curable: The essential role of pathological diagnosis in the selection of type-specific therapeutics. Pathology international. 2020. 70. 4. 191-198
もっと見る
MISC (477件):
  • 増田 曜章, 植田 光晴, 大林 光念, 安東 由喜雄. 遺伝性トランスサイレチンアミロイドーシスの早期診断に有用な皮神経脱落の解析. 自律神経. 2019. 56. 4. 264-268
  • 三隅 洋平, 増田 曜章, 植田 光晴, 野村 隼也, 磯口 藍斗, 井上 泰輝, 岡田 匡充, 山下 太郎, 安東 由喜雄. 医原性ATTRアミロイドーシスと遺伝性ATTRアミロイドーシスの臨床像の比較検討. 臨床神経学. 2019. 59. Suppl. S240-S240
  • 増田 曜章, 植田 光晴, 三隅 洋平, 野村 隼也, 磯口 藍斗, 井上 泰輝, 田崎 雅義, 山下 太郎, 大林 光念, 安東 由喜雄. 遺伝性トランスサイレチンアミロイドーシスにおける体幹部神経障害の病態解析. 臨床神経学. 2019. 59. Suppl. S313-S313
  • 山下 太郎, 植田 光晴, 野村 隼也, 岡崎 孝広, 岡田 匡充, 礒口 藍斗, 田崎 雅義, 津田 幸元, 井上 泰輝, 増田 曜章, et al. 野生型ATTRアミロイドーシスにおける診断のための生検部位の検討. 臨床神経学. 2019. 59. Suppl. S313-S313
  • 野村 隼也, 三隅 洋平, 田崎 雅義, 増田 曜章, 植田 光晴, 山下 太郎, 安東 由喜雄. 遺伝性ATTRアミロイドーシスにおける血管障害の解析. 臨床神経学. 2019. 59. Suppl. S314-S314
もっと見る
学位 (1件):
  • 医学博士 (熊本大学)
経歴 (2件):
  • 2020/04 - 現在 熊本大学 大学院生命科学研究部 脳神経内科学講座 教授
  • 2013/04 - 2020/03 熊本大学 病院 講師
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る