研究者
J-GLOBAL ID:201601007243122609   更新日: 2022年06月13日

種田 あずさ

オイタ アズサ | Oita Azusa
所属機関・部署:
職名: 主任研究員
ホームページURL (2件): https://www.naro.go.jp/laboratory/niaes/introduction/chart/0402/index.htmlhttps://www.naro.go.jp/english/laboratory/niaes/index.html
研究分野 (6件): 環境負荷低減技術、保全修復技術 ,  環境材料、リサイクル技術 ,  循環型社会システム ,  グリーンサステイナブルケミストリー、環境化学 ,  環境影響評価 ,  応用生物化学
研究キーワード (13件): 産業連関分析 ,  マテリアルフロー分析 ,  産業エコロジー ,  食料消費 ,  食料生産 ,  食料システム ,  物質循環 ,  持続可能性 ,  窒素 ,  リン ,  環境フットプリント ,  生物多様性 ,  リスクマネジメント
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2019 - 2022 豪雨による作物供給リスクを考慮した日本各地域の栄養塩負荷誘発構造の解明
  • 2017 - 2020 未利用資源有効活用に向けた窒素・リン・カリウムの社会・環境技術選択システム設計
  • グローバルサプライチェーンを通じた都市、企業、家庭の環境影響評価に関する研究
論文 (19件):
  • Aurup Ratan Dhar, Azusa Oita, Kazuyo Matsubae. Food Nitrogen Footprint of the Indian Subcontinent Toward 2050. Frontiers in Nutrition. 2022. 9. 899431-899431
  • Sustainability of Vertical Farming in Comparison with Conventional Farming: A Case Study in Miyagi Prefecture, Japan, on Nitrogen and Phosphorus Footprint. 2022. 14. 2. 1042-1042
  • Arunima Malik, Azusa Oita, Emily Shaw, Mengyu Li, Panittra Ninpanit, Vibhuti Nandel, Jun Lan, Manfred Lenzen. Drivers of global nitrogen emissions. Environmental Research Letters. 2022. 17. 1. 015006-015006
  • Azusa Oita, Kiwamu Katagiri, Tetsuya Eguchi, Ryoko Morioka, Junko Shindo, Kentaro Hayashi, Kazuyo Matsubae. Nutrient-extended input-output (NutrIO) method for the food nitrogen footprint. Environmental Research Letters. 2021. 16. 115010-115010
  • Kentaro Hayashi, Hideaki Shibata, Azusa Oita, Kazuya Nishina, Akihiko Ito, Kiwamu Katagiri, Junko Shindo, Wilfried Winiwarter. Nitrogen budgets in Japan from 2000 to 2015: Decreasing trend of nitrogen loss to the environment and the challenge to further reduce nitrogen waste. Environmental Pollution. 2021. 286. 117559-117559
もっと見る
MISC (12件):
もっと見る
書籍 (4件):
  • 図説窒素と環境の科学: 人と自然のつながりと持続可能な窒素利用
    朝倉書店 2021 ISBN:9784254180572
  • Ecological risk management: for conservation biology and ecotoxicology
    2021 ISBN:9789813369337
  • 流域ガバナンス : 地域の「しあわせ」と流域の「健全性」
    京都大学学術出版会 2020 ISBN:9784814003037
  • Encyclopedia of Food Security and Sustainability
    Elsevier 2018 ISBN:9780128126875
講演・口頭発表等 (57件):
  • 窒素フットプリントおよび食料システムの窒素フロー解析
    (日本土壌肥料学会2021年度北海道大会 2021)
  • Using response categories to classify the impacts of reactive nitrogen
    (The 2021 Ecological Society of America Annual Meeting 2021)
  • Approaches to assess nitrogen impacts on ecosystems and environments - Challenges of Towards International Nitrogen Management System (INMS) project
    (The 2021 Ecological Society of America Annual Meeting 2021)
  • Footprint modeling for nitrogen impacts through our resource demand
    (日本生態学会関東地区会シンポジウム(オンライン開催):"Human-nature systems in ecological studies and ecosystem/resource management" 2021)
  • Input-output based analysis on reactive nitrogen demands in Japanese industry
    (The International Industrial Ecology Day 2021 2021)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2012 - 2016 横浜国立大学 環境リスクマネジメント専攻
  • 2001 - 2005 京都大学 資源生物科学科
学位 (1件):
  • 博士(環境学) (横浜国立大学)
経歴 (7件):
  • 2021/04 - 現在 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 農業環境研究部門 土壌環境管理研究領域 主任研究員
  • 2019/04 - 2021/03 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 農業環境変動研究センター 物質循環領域 主任研究員
  • 2018/07 - 2019/03 東北大学 大学院環境科学研究科先進社会環境学専攻 助教
  • 2018/04 - 2018/06 東北大学 大学院環境科学研究科先進社会環境学専攻 学術研究員
  • 2017/04 - 2018/03 国立研究開発法人理化学研究所 環境資源科学研究センター 特別研究員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2021/03 - 日本LCA学会 奨励賞 窒素フットプリントモデルによる栄養塩管理に関する研究
所属学会 (4件):
日本生態学会 ,  環太平洋産業連関分析学会 ,  国際産業エコロジー学会 ,  日本LCA学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る