研究者
J-GLOBAL ID:201601007243122609   更新日: 2020年10月07日

種田 あずさ

Oita Azusa | Oita Azusa
所属機関・部署:
職名: 主任研究員
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (2件): http://www.naro.affrc.go.jp/laboratory/niaes/introduction/chart/0502/index.htmlhttp://www.naro.affrc.go.jp/english/laboratory/niaes/research/division_of_biogeochemical_cycles/carbon_and_nutrient_nexus_unit/index.html
研究分野 (6件): 環境影響評価 ,  環境負荷低減技術、保全修復技術 ,  グリーンサステイナブルケミストリー、環境化学 ,  応用生物化学 ,  環境材料、リサイクル技術 ,  循環型社会システム
研究キーワード (13件): 食料生産 ,  食料消費 ,  産業エコロジー ,  マテリアルフロー分析 ,  産業連関分析 ,  リスクマネジメント ,  生物多様性 ,  環境フットプリント ,  リン ,  窒素 ,  持続可能性 ,  物質循環 ,  食料システム
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2019 - 2022 豪雨による作物供給リスクを考慮した日本各地域の栄養塩負荷誘発構造の解明
  • 2017 - 2020 未利用資源有効活用に向けた窒素・リン・カリウムの社会・環境技術選択システム設計
論文 (10件):
  • Azusa Oita, Farah Wirasenjaya, Jiarui Liu, Elizabeth Webeck, Kazuyo Matsubae. Trends in the food nitrogen and phosphorus footprints for Asia's giants: China, India, and Japan. Resources, Conservation and Recycling. 2020. 157. 104752-104752
  • Kentaro Hayashi, Azusa OIta, Kazuya Nishina. Concealed nitrogen footprint in protein-free foods: an empirical example using oil palm products. Environmental Research Letters. 2020. 15. 035006-035006
  • Kentaro Hayashi, Azusa Oita, Luis Lassaletta, Junko Shindo, Hideaki Shibata, Gen Sakurai, Sadao Eguchi. Reducing nitrogen footprints of consumer-level food loss and protein overconsumption in Japan, considering gender and age differences. Environmental Research Letters. 2018. 13. 12. 124027-124027
  • Azusa Oita, Yuuri Tsuboi, Yasuhiro Date, Takahiro Oshima, Kenji Sakata, Akiko Yokoyama, Shigeharu Moriya, Jun Kikuchi. Profiling physicochemical and planktonic features from discretely/continuously sampled surface water. The Science of the total environment. 2018. 636. 12-19
  • Azusa Oita, Ichiro Nagano, Hiroyuki Matsuda. Food nitrogen footprint reductions related to a balanced Japanese diet. Ambio. 2018. 47. 3. 318-326
もっと見る
MISC (7件):
  • 種田あずさ, 松八重一代. 慣行農法と代替農法の窒素・リン・カーボンフットプリントの比較-バジル栽培における事例. 日本生態学会大会講演要旨(Web). 2019. 66th. ROMBUNNO.P2-418 (WEB ONLY)
  • 江口 定夫, 柴田 英昭, 種田 あずさ, 新藤 純子, 松本 成夫, 森 昭憲, 中島 泰弘, 朝田 景, 志村 もと子, 林 健太郎, et al. 食料生産~消費過程における窒素利用効率と環境への窒素負荷-消費者影響の重要性と活用方向-. 日本土壌肥料学雑誌. 2018. 89. 3. 249-259
  • 種田あずさ, 大島嵩裕, 坪井裕理, 伊達康博, 伊達康博, 守屋繁春, 守屋繁春, 菊地淳, 菊地淳, 菊地淳. 時空間に対して離散的・連続的に採取した環境水のプランクトンと物理化学プロファイルの特徴抽出. 日本生物工学会大会講演要旨集. 2017. 69th. 289
  • 種田 あずさ, 柴田 英昭, 江口 定夫, 廣野 祐平, 仁科 一哉, 内田 義崇. 地球規模での窒素循環管理に向けた窒素フットプリント研究の最新動向 -国際ワークショップ参加報告-. 日本生態学会誌. 2017. 67. 2. 189-196
  • 松田 裕之, 種田 あずさ. 生態系アプローチを可視化する (特集 地球にちょうどいい生きかたの指標 : エコロジカル・フットプリント入門) -- (エコロジカル・フットプリントの実践). ビオシティ = Bio city. 2013. 56. 70-75
もっと見る
書籍 (1件):
  • Encyclopedia of Food Security and Sustainability
    Elsevier 2018 ISBN:9780128126875
講演・口頭発表等 (30件):
  • Indonesian Nitrogen Footprint of Food
    (第15回日本LCA学会研究発表会 2020)
  • Resource Use, Recycle, and Energy Emissions in Japanese System from Nitrogen Perspective
    (The 5th International Conference on Final Sinks (ICFS 2019) 2019)
  • Phosphorus Footprint on Food Supply Chains in Indonesia
    (The 6th Environmental Technology and Management Conference 2019)
  • Challenges to develop the global assessment guidance for the nitrogen impacts for human and nature
    (International Long Term Ecological Research Network 2nd Open Science Meeting (ILTER-OSM 2019) 2019)
  • Nitrogen impact assessment methodologies: A new comprehensive and global framework
    (International Symposium on Nitrogen Cycling and Its Environmental Impacts in East Asia 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2012 - 2016 横浜国立大学 環境リスクマネジメント専攻
  • 2001 - 2005 京都大学 資源生物科学科
学位 (1件):
  • 博士(環境学) (横浜国立大学)
経歴 (6件):
  • 2019/04 - 現在 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 農業環境変動研究センター 物質循環領域 主任研究員
  • 2018/07 - 2019/03 東北大学 大学院環境科学研究科先進社会環境学専攻 助教
  • 2018/04 - 2018/06 東北大学 大学院環境科学研究科先進社会環境学専攻 学術研究員
  • 2017/04 - 2018/03 国立研究開発法人理化学研究所 環境資源科学研究センター 特別研究員
  • 2016/04 - 2017/03 川崎市 環境総合研究所 任期付研究員
全件表示
所属学会 (4件):
日本生態学会 ,  環太平洋産業連関分析学会 ,  国際産業エコロジー学会 ,  日本LCA学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る