研究者
J-GLOBAL ID:201601007437514346   更新日: 2021年07月12日

飯田 玲子

Iida Reiko
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (2件): 地域研究 ,  文化人類学、民俗学
研究キーワード (6件): インド ,  都市文化 ,  大衆芸能 ,  映画産業 ,  メディア ,  新中間層
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2021 - 2026 インド諸言語雑誌にみる近代思想の受容と女性表象
  • 2019 - 2022 新興中間層の台頭とインド映画の新局面-新ジャンルの成立と映画産業の変貌を焦点に-
  • 2018 - 2022 音楽の継承プロセスと非認知能力の拡張に関する人類学的研究:音、身体、情動
  • 2017 - 2021 現代インドにおける文化産業の多層化ーボリウッド映画と地域語映画の相関関係を事例に
  • 2015 - 2018 インド・マハーラーシュトラにおける集団意識とカースト・ダイナミクスの学際的研究
全件表示
論文 (8件):
  • 欲望を演じる人々の現在ーインド・マハーラーシュトラ州のタマーシャーー. arts/民族藝術. 2020
  • Reiko Iida. VCD Culture: A Case Study of a Manufacturing Process in Contemporary Maharashtra. Globalization of Indian Performing Arts in New Media Situation: Dynamics of Cultural Gyre. 2018. 1-8
  • 飯田玲子. タマーシャーの継承と再生産ータマスギールとは誰のことか?. マハーラーシュトラ州におけるダリトの実像ーその社会的・歴史的多様性(RINDASプロシーディングス). 2017. 68-80
  • 飯田玲子. 視覚メディアのポリティクス-カメラによってもたらされる新しい繋がりと排除. 声を繋ぎ、掘り起こす-多声化社会の葛藤とメディア(CIAS Discussion Paperシリーズ). 2016. 8-14
  • 飯田玲子. インドにおける大衆芸能と都市文化ー観衆と共に現代を生き抜くタマーシャーー. 京都大学. 2016
もっと見る
MISC (23件):
  • 飯田玲子. 国家の威信か人の命か-先の見えないインドの現在-. 東亜. 2021. 649. 62-63
  • 飯田玲子, 井上睦美, 神崎隼人, 桜木真理子, 二重作和代, 長塚正一郎. コロナ状況下においてフィールドワークはいかに可能なのか?-若手座談会の報告. 文化人類学. 2021. 85. 4. 770-772
  • 飯田玲子. インドの食文化と外食産業. 東亜. 2021. 645. 66-67
  • 印中の緊張関係と中国製品の不買運動. 東亜. 2020. 641. 66-67
  • デジタル化によるインドのコロナ対応. 東亜. 2020. 637. 64-65
もっと見る
書籍 (5件):
  • インド・剥き出しの世界
    春風社 2021 ISBN:9784861106651
  • ようこそ南アジア世界へ
    昭和堂 2020 ISBN:4812219183
  • インドにおける大衆芸能と都市文化 ータマーシャーの踊り子による模倣と欲望の上演
    ナカニシヤ出版 2020 ISBN:4779514320
  • 大学生・社会人のためのイスラーム講座
    ナカニシヤ出版 2018 ISBN:4779513316
  • インド文化事典
    丸善出版 2018 ISBN:9784621302354
講演・口頭発表等 (1件):
  • Who are the Kolhātī: Flexible Thinking about the Concept of Jātī by Tamasgīr Narratives in Maharashtra
    (JSPS Bilateral Program Workshop on Construction of Caste in Modern Maharashtra 2018)
学位 (1件):
  • 博士(地域研究) (京都大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る