研究者
J-GLOBAL ID:201601007494726210   更新日: 2019年12月17日

村田奈々子

Nanako Murata
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): ヨーロッパ史・アメリカ史
論文 (22件):
  • 村田奈々子. ギリシアのヨーロッパ. 学際. 2017. 3. 52-64
  • 村田奈々子. ギリシア経済危機と政治変動. 東洋大学文学部紀要 史学科篇. 2017. 42. 73-105
  • 村田奈々子. The Memory in a Crisis: A Japanese Ship Helping Out Greek Refugees on the Quay of Smyrna in 1922. Mediterranean World. 2017. 13
  • 村田奈々子. ギリシャ国民がヨーロッパにつきつけた「NO」. 中央公論. 2015. 152-157
  • 村田奈々子. 理念(idea)としてのヨーロッパ. 言語と文化. 2015. 12. 243-267
もっと見る
MISC (11件):
  • 村田奈々子. ギリシャ急進左派連合の退潮ーどうなるポピュリズム. 外交. 2019. 56. 78-79
  • 村田奈々子. 北マケドニアの誕生. 外交. 2019. 54. 66-67
  • 村田奈々子. トルコの国民統合とギリシアの国民統合. メトロポリタン史学. 2018. 14. 75-77
  • 村田奈々子. Did a Japanese Ship Rescue Hundreds of Greek Refugees from Smyrna a Century Ago?. We Are Tomodachi. 2018. 26-27
  • 村田奈々子. 難民の危機救った日本船. 日本経済新聞. 2018
もっと見る
書籍 (7件):
  • ギリシアを知る事典
    2000
  • 世界歴史の旅
    2005
  • バルカンを知るための65章
    2005
  • ギリシア史
    2005
  • 物語 近現代ギリシャの歴史
    中央公論新社 2012
もっと見る
講演・口頭発表等 (6件):
  • ギリシャ・ポピュリズムの帰結--ユーロ危機後のSYRIZA政権
    (第39回日本EU学会 2018)
  • 歴史と伝承のあいだー1922年9月のスミルナの破滅と日本船
    (日本・ギリシャ修好120周年記念特別講演会 2019)
  • Narrative in Turmoil: Japanese Ship’s Rescue Operation in Smyrna in September 1922
    (Ινστιτούτο Διεθνών Οικονομικών Σχέσεων 2019)
  • An Aftermath of the Paris Peace Conference: Christian Refugees and a Japanese Ship in Izmir in 1922
    (The Roots of the Japanese Policy against the Middle East and Islam: Reconsiderations on 100th Anniversary of Paris Peace Conference (1919) 2019)
  • ギリシア・トルコ強制的住民交換と正教徒のアイデンティティ
    (2019年度立教大学史学会大会 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1987 - 1991 東京大学 文学部 第2類(史学)
  • 1992 - 2001 東京大学大学院 総合文化研究科
  • 2001 - 2009 ニューヨーク大学大学院
学位 (2件):
  • PhD in History (New York University)
  • 修士(学術) (東京大学)
経歴 (1件):
  • 2017/04 - 現在 東洋大学 教授
所属学会 (3件):
地中海学会 ,  日本政治学会 ,  東欧史研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る