研究者
J-GLOBAL ID:201601008003989695   更新日: 2020年10月10日

佐藤 信弥

サトウ シンヤ | Satō Shinya
所属機関・部署:
職名: 客員研究員
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (1件): アジア史、アフリカ史
研究キーワード (4件): 古文字 ,  出土文献 ,  金文 ,  西周
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2019 - 2022 甲骨文字や金文などの統計分析に基づく漢字の造字理論研究
  • 2016 - 2019 甲骨文字から楷書に至るまでの漢字の歴史的機能変化
論文 (24件):
  • 佐藤 信弥. 論清華簡《攝命》的“蒿京”與西周甲骨金文中的“蒿”、“〓京”. 世界漢字學會第七屆年會 “面向世界的漢字研究重要領域及課題”國際學術研討會. 2019. 140-155
  • 佐藤 信弥. 金文通解 叔夨方鼎. 漢字學硏究. 2019. 7. 7-41
  • 佐藤 信弥. 說“禘”-從甲骨金文的“帝”、“啻”到傳世文獻的“禘”. 世界漢字學會第六屆年會 “漢字認知工具與表意文字歷史研究”國際學術研討會. 2018. 98-107
  • 佐藤 信弥. 金文中有關軍功的釐字. 第29屆中國文字學國際學術研討會論文集. 2018. 69-84
  • 佐藤 信弥. 金文通解 楚公逆鐘. 漢字學硏究. 2017. 5. 71-96
もっと見る
MISC (22件):
  • 佐藤信弥. 松井嘉徳著『記憶される西周史』. 古代文化. 2020. 72. 2. 138-140
  • 佐藤 信弥. 「電脳中国学」の20年 (創刊1000号記念 特集 進むデジタル化と問われる歴史学). 歴史学研究 = Journal of historical studies. 2020. 1000. 51-55,61
  • 佐藤信弥. 白川文字学の今後の展望--中国の研究との対比を中心に. 人文学論集. 2020. 38. 277-288
  • 佐藤 信弥. 二〇一七年古文字學論著目. 漢字学研究. 2019. 7. 159-175
  • 佐藤 信弥. 殷の言語と周の言語は異なるか. 桐墨 大東文化大学書道研究所報. 2019. 10. 2-2
もっと見る
書籍 (4件):
  • 中国古代史研究の最前線 (星海社新書)
    講談社 2018 ISBN:4065114381
  • 周-理想化された古代王朝 (中公新書 2396)
    中央公論新社 2016 ISBN:412102396X
  • 西周期における祭祀儀礼の研究
    朋友書店 2014 ISBN:4892811394
  • 白川静を読むときの辞典
    平凡社 2013
講演・口頭発表等 (5件):
  • 「〓」字の釈読と白川静の「〓」字説
    (日本漢字学会第2回研究大会 2019)
  • 礼説のはじまり-禘祭を例として-
    (東アジア恠異学会 第119回定例研究会 2018)
  • 商周金文中“蔑歴”之作用
    (世界漢字学会第五届年会“漢字文化圏各表意文字類型調査整理研究報告”国際学術研討会 2017)
  • 始祖伝説としての「太公望」
    (第66回東北中国学会大会 2017)
  • 西周期における任命儀礼の形式-特に冊命儀礼の「成立」をめぐって-
    (阪神中哲談話会 2007)
学歴 (4件):
  • 2008 - 関西学院大学大学院 日本史学専攻(博士(歴史学)取得)
  • 2002 - 2005 関西学院大学大学院博士課程後期課程 日本史学専攻(単位取得満期退学)
  • 2000 - 2002 関西学院大学大学院博士課程前期課程 日本史学専攻
  • 1995 - 1999 関西学院大学 史学科東洋史学専修
学位 (1件):
  • 博士(歴史学) (関西学院大学)
経歴 (8件):
  • 2020/09 - 現在 四天王寺大学 人文社会学部 非常勤講師
  • 2018/04 - 現在 立命館大学 文学部 授業担当講師
  • 2014/12 - 現在 大阪府立大学大学院 客員研究員
  • 2012/05 - 現在 立命館大学 白川静記念東洋文字文化研究所 客員研究員
  • 2019/10 - 2020/03 奈良教育大学 非常勤講師
全件表示
所属学会 (7件):
日本漢字学会 ,  東北中国学会 ,  中國出土資料學會 ,  史学研究会 ,  古代学協会 ,  東方学会 ,  中国史史料研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る