研究者
J-GLOBAL ID:201601008172203293   更新日: 2021年10月20日

川端 麗香

Kawabata Reika
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (1件): ゲノム生物学
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2021 - 2025 肥満発症における視床下部のエピゲノム・エピトランスクリプトームの役割の解明
  • 2021 - 2024 炎症抑制性の生理活性脂質による血管の慢性炎症制御メカニズムの解明
  • 2021 - 2024 膵がん治療におけるO-GlcNAc分解酵素OGAの重要性とその分子機構の解明
  • 2021 - 2024 EphA4活性化により生じる高分化型口腔癌メトロノーム化学療法耐性機構の解明
  • 2020 - 2023 ヒストンメチル化酵素KMT2変異によるエピゲノム異常と子宮内膜がん発症および進展
全件表示
論文 (54件):
  • Hideyuki Takahashi, Reika Kawabata-Iwakawa, Shota Ida, Ikko Mito, Hiroe Tada, Kazuaki Chikamatsu. Upregulated glycolysis correlates with tumor progression and immune evasion in head and neck squamous cell carcinoma. Scientific reports. 2021. 11. 1. 17789-17789
  • Ikko Mito, Hideyuki Takahashi, Reika Kawabata-Iwakawa, Shota Ida, Hiroe Tada, Kazuaki Chikamatsu. Comprehensive analysis of immune cell enrichment in the tumor microenvironment of head and neck squamous cell carcinoma. Scientific reports. 2021. 11. 1. 16134-16134
  • Shinichiro Kina, Reika Kawabata-Iwakawa, Sho Miyamoto, Akira Arasaki, Hajime Sunakawa, Takao Kinjo. A molecular signature of well-differentiated oral squamous cell carcinoma reveals a resistance mechanism to metronomic chemotherapy and novel therapeutic candidates. Journal of drug targeting. 2021. 1-31
  • Laia Coll-SanMartin, Veronica Davalos, David Piñeyro, Margalida Rosselló-Tortella, Alberto Bueno-Costa, Fernando Setien, Alberto Villanueva, Isabel Granada, Neus Ruiz-Xiviller, Annika Kotter, et al. Gene Amplification-Associated Overexpression of the Selenoprotein tRNA Enzyme TRIT1 Confers Sensitivity to Arsenic Trioxide in Small-Cell Lung Cancer. Cancers. 2021. 13. 8
  • Hideyuki Takahashi, Susumu Rokudai, Reika Kawabata-Iwakawa, Koichi Sakakura, Tetsunari Oyama, Masahiko Nishiyama, Kazuaki Chikamatsu. AKT3 is a key regulator of head and neck squamous cell carcinoma. Cancer science. 2021
もっと見る
MISC (20件):
  • 清水 公裕, 後藤 優典, 川端 麗香, 大瀧 容一, 中澤 世識, 尾林 海, 河谷 菜津子, 伊部 崇史, 矢島 俊樹, 横堀 武彦, et al. 非小細胞性肺癌と高悪性度神経内分泌腫瘍の鑑別診断におけるStathmin 1染色の有用性. 日本癌治療学会学術集会抄録集. 2018. 56回. O1-6
  • 半田 正, 片山 彩香, 横堀 武彦, ゴンボドルジ・ナフチャ, 山根 有人, 川端 麗香, 藤井 孝明, 佐野 孝昭, 西山 正彦, 小山 徹也. Triple negative乳癌におけるCarboxypeptidase A4(CPA4)発現の臨床的意義. 日本病理学会会誌. 2018. 107. 1. 429-429
  • Kawabata R, Turtoi A, Otaka Y, Rokudai S, Yokobori T, Costanza B, Kuwano H, Nishiyama M. Intra tumor heterogeneity involving malignancy in liver metastatic colorectal cancer. Cancer Science (JCA学会誌). 2018. 109. 992
  • Rokudai S, Otaka Y, Gombodorji N, Horigome E, Suzuki K, Tanaka D, Erkhem Ochir B, Atlan B, Kawabata R, Yokobori T, et al. Novel Biomarker for Therapeutic Target in Lung Squamous Cell Carcinoma. Cancer Science (JCA学会誌). 2018. 109. 224-228
  • 堀込 瑛介, 六代 範, 半田 正, 片山 彩香, 堀越 郁子, 川端 麗香, 横堀 武彦, 鈴木 一設, 田中 大輝, Erkhem-Ohir Bilguun, et al. 難治性トリプルネガティブ乳癌に対するNGSによる新規治療標的の探索. 日本癌治療学会学術集会抄録集. 2017. 55回. P12-3
もっと見る
講演・口頭発表等 (40件):
  • Investigation of therapeutic networks in pancreatic cancer using multi-omics approach
    (第79回日本癌学会学術総会 2020)
  • 膵癌のマルチオミックス解析による治療標的ネットワークの解明.
    (第30回 日本消化器癌発生学会総会 2019)
  • 視床下部のFTOによるm6A修飾を介した体重調節機構
    (第39回日本肥満学会 2018)
  • Triple negative乳癌におけるCarboxypeptidase A4( CPA4)発現の臨床的意義
    (第107回日本病理学会総会 2018)
  • Myoferlin as an important crew in lipid metabolism and progression of colon cancer liver metastasis.
    (The 9th International Conference of the International Society of Gastroenterological Carcinogenesis (ISGC) 2017)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京理科大学)
経歴 (4件):
  • 2018/04 - 現在 群馬大学 未来先端研究機構 統合腫瘍学研究部門 講師
  • 2016/10 - 2018/03 群馬大学 大学院医学系研究科 助教
  • 2014/10 - 2016/09 群馬大学 未来先端研究機構 統合腫瘍学研究部門 助教
  • 2010/04 - 2014/09 国立研究開発法人国立がん研究センター 研究所 ゲノム生物学研究分野 博士研究員
所属学会 (2件):
日本癌治療学会 ,  日本癌学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る