研究者
J-GLOBAL ID:201601008392128012   更新日: 2020年08月10日

大塚 修

オオツカ オサム | OTSUKA Osamu
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): アジア史、アフリカ史
研究キーワード (4件): 写本学 ,  文献学 ,  イルハーン朝 ,  イラン史
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2020 - 2024 イスラーム時代西アジアにおけるイラン概念の復活と変容
  • 2020 - 2020 ガージャール朝時代イランにおける普遍史の変貌とイラン人意識
  • 2016 - 2020 13-15世紀ペルシア語文化圏における文芸活動の隆盛と宮廷文化
  • 2016 - 2019 ラシード・ウッディーン『歴史集成』写本のミニアチュールの総合的研究
  • 2014 - 2016 イラン概念再考:イルハーン朝末期の地方政権と古代ペルシアの記憶
全件表示
論文 (11件):
  • 大塚 修. 人類の起源を求めて--前近代ムスリム知識人による諸民族の系譜の創造--. 『西洋史研究』. 2019. 新輯48. 166-183
  • 大塚 修. The Hazaraspid Dynasty’s Legendary Kayanid Ancestry: the Flowering of Persian Literature under the Patronage of Local Rulers in the Late Il-khanid Period. Journal of Persianate Studies. 2019. 12. 2. 181-205
  • Osamu OTSUKA. Qāshānī, the First World Historian: Research on His Uninvestigated Persian General History, Zubdat al-Tawārīkh. Studia Iranica. 2018. 47. 1. 119-149
  • 大塚 修. 『集史』の伝承と受容の歴史 : モンゴル史から世界史へ. 東洋史研究. 2016. 75. 2. 347-312
  • 大塚 修. 『集史』第2巻「世界史」校訂の諸問題 : モハンマド・ロウシャンの校訂本に対する批判的検討を中心に. アジア・アフリカ言語文化研究. 2016. 91. 41-61
もっと見る
MISC (9件):
  • Osamu OTSUKA. Jāmi‘ al-tawārīḫ (Replacement volume). Perso-Indica. An Analytical Survey of Persian Works on Indian Learned Traditions (F. Speziale - C. W. Ernst, eds.). 2020
  • Osamu OTSUKA. Zubdat al-tawārīḫ. Perso-Indica. An Analytical Survey of Persian Works on Indian Learned Traditions (F. Speziale - C. W. Ernst, eds.). 2020
  • 亀谷学+大塚修+松本隆志. イブン・ワーディフ・ヤアクービー著『歴史』訳注(1). 人文社会科学論叢. 2020. 8. 123-154
  • 大塚 修. 書評 宮紀子著『モンゴル時代の「知」の東西』. 史林 = The Journal of history. 2019. 102. 4. 658-665
  • 大塚 修. 2016年の歴史学界-回顧と展望-:西アジア・北アフリカ(イスラーム時代). 『史学雑誌』. 2017. 126. 5. 284-289
もっと見る
書籍 (7件):
  • 東京大学教養学部歴史学部会編『東大連続講義 歴史学の思考法』
    岩波書店 2020
  • 千葉敏行編『1187年 : 巨大信仰圏の出現(歴史の転換期4)』
    山川出版社 2019 ISBN:9784634445048
  • 南塚信吾編『情報がつなぐ世界史 (MINERVA世界史叢書6)』
    ミネルヴァ書房 2018 ISBN:4623084701
  • 普遍史の変貌-ペルシア語文化圏における形成と展開-
    名古屋大学出版会 2017 ISBN:4815808910
  • Eva Orthmann & Petra G. Schmidl (eds.), Sciences in the City of Fortune: The Dustur al-Munajjimin and Its World
    EB-Verlag Dr. Brandt 2017
もっと見る
講演・口頭発表等 (34件):
  • 普遍史書研究から中東イスラーム地域史を再考する
    (立命館大学アジア・日本研究所学際セミナー 2020)
  • ペルシア語文化圏における普遍史の変貌と簿記術
    (2019年度九州史学会大会 2019)
  • Tha Transmission and Reception of the Jami' al-Tawarikh
    (International Workshop "The Fate of Rashid al-Din's Manuscripts" 2019)
  • ティムール朝歴史編纂事業再考--『ジャアファリーの歴史』を中心に--
    (日本オリエント学会第61回大会 2019)
  • Review on Part IV The Later Middle Period (ca. 1258-1453)
    (The Book Launch of the Wiley Blackwell History of Islam 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(文学) (東京大学)
経歴 (12件):
  • 2018/10 - 現在 東京大学 大学院総合文化研究科地域文化研究専攻 准教授
  • 2015/04 - 現在 青山学院大学 文学部 非常勤講師
  • 2019/04 - 2019/09 早稲田大学 文学学術院 非常勤講師
  • 2018/10 - 2019/03 東洋大学 文学部 非常勤講師
  • 2018/04 - 2018/09 早稲田大学 文学学術院 非常勤講師
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2019/06 - 現在 日本オリエント学会 編集委員
  • 2010/06 - 2012/05 歴史学研究会 委員
受賞 (1件):
  • 2016/11 - 日本オリエント学会 第38回奨励賞
所属学会 (8件):
白山史学会 ,  内陸アジア史学会 ,  The Association for the Study of Persianate Societies ,  西南アジア研究会 ,  日本イスラム協会 ,  日本中東学会 ,  史学会 ,  日本オリエント学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る