研究者
J-GLOBAL ID:201601009182816354   更新日: 2024年06月16日

石井 角保

イシイ スミヤス | Ishii Sumiyasu
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 代謝、内分泌学
研究キーワード (3件): 甲状腺 ,  核内ホルモン受容体 ,  遺伝子転写
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2021 - 2024 HDAC3の甲状腺機能低下症における機能解明と新規手法開発によるゲノム区画化検討
  • 2023 - 2024 ホルモン受容機構異常に関する調査研究
  • 2019 - 2021 脳発達・成熟に対する周産期イソフラボン類の効果と作用メカニズムの解明
  • 2015 - 2018 原発性アルドステロン症の遺伝子変異を基盤とした新たな診断・治療・病態モデルの開発
論文 (40件):
  • Hiraku Suzuki, Yuki Fujiwara, Winda Ariyani, Izuki Amano, Sumiyasu Ishii, Ayane Kate Ninomiya, Seiichi Sato, Akinori Takaoka, Noriyuki Koibuchi. 17β-Estradiol (E2) Activates Matrix Mineralization through Genomic/Nongenomic Pathways in MC3T3-E1 Cells. International Journal of Molecular Sciences. 2024
  • Yuki Fujiwara, Izuki Amano, Sumiyasu Ishii, Mikiko Kishi, Noriyuki Koibuchi. Online Physiology Practice with Team-Based Learning During the COVID-19 Pandemic. Advances in medical education and practice. 2023. 14. 1435-1443
  • Ninomiya Ayane, Amano Izuki, Kokubo Michifumi, Takatsuru Yusuke, Ishii Sumiyasu, Hirai Hirokazu, Hosoi Nobutake, Koibuchi Noriyuki. Long-term depression-inductive stimulation causes long-term potentiation in mouse Purkinje cells with a mutant thyroid hormone receptor. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 2022. 119. 45. e2210645119
  • Alvin Susetyo, Sumiyasu Ishii, Yuki Fujiwara, Izuki Amano, Noriyuki Koibuchi. Histone Deacetylase 3 Inhibitor Alleviates Cerebellar Defects in Perinatal Hypothyroid Mice by Stimulating Histone Acetylation and Transcription at Thyroid Hormone-Responsive Gene Loci. International journal of molecular sciences. 2022. 23. 14
  • Sumiyasu Ishii, Noriyuki Koibuchi. COUP-TFII in Kidneys, from Embryos to Sick Adults. Diagnostics (Basel, Switzerland). 2022. 12. 5. 1181
もっと見る
MISC (286件):
  • 二ノ宮 彩音, 天野 出月, 小久保 倫文, 高鶴 裕介, 石井 角保, 平井 宏和, 細井 延武, 鯉淵 典之. 変異甲状腺ホルモン受容体を発現させたマウスプルキンエ細胞では、長期抑圧誘発刺激は長期増強を惹起する. 日本内分泌学会雑誌. 2023. 99. 1. 286-286
  • 石井 角保, 山田 正信. 甲状腺ホルモン不応症診療の手引きの作成. 日本内分泌学会雑誌. 2023. 98. 5. 1273-1273
  • 石井 角保, Susetyo Alvin, 天野 出月, 鯉淵 典之. ヒストン脱アセチル化酵素3阻害剤は生体内で標的遺伝子のヒストンをアセチル化し甲状腺機能低下症による小脳発達障害を軽減する. 日本内分泌学会雑誌. 2023. 98. 5. 1285-1285
  • 藤原 悠基, 宮崎 航, 天野 出月, 石井 角保, 鯉淵 典之. GH3細胞を用いたS-エクオールによる甲状腺ホルモン受容体への影響. 日本衛生学雑誌. 2023. 78. Suppl. S182-S182
  • 二ノ宮 彩音, Abdallah Mshaty, はい島 旭, 矢島 弘之, 小久保 倫文, Aghnia Khairinisa Miski, Ariyani Winda, 藤原 悠基, 石井 角保, 細井 延武, et al. 授乳期PFOS曝露による小脳機能の発達異常の体系的解析. 日本内分泌学会雑誌. 2022. 98. 3. 707-707
もっと見る
書籍 (13件):
  • 甲状腺ホルモン不応症診療の手引き
    南江堂 2023 ISBN:9784524233861
  • 下垂体疾患診療マニュアル 改訂第3版
    診断と治療社(東京) 2021 ISBN:9784787824912
  • ケアネット 希少疾病ライブラリ 甲状腺ホルモン不応症
    CareNet.com 2021
  • 新臨床内科学 第10版
    医学書院(東京) 2020 ISBN:9784260038065
  • 内分泌代謝科専門医研修ハンドブック
    診断と治療社(東京) 2018 ISBN:9784787822925
もっと見る
講演・口頭発表等 (36件):
  • 「甲状腺ホルモン不応症診療の手引き」の刊行
    (第66回日本甲状腺学会学術総会 2023)
  • 甲状腺ホルモン不応症とTSH産生PitNET
    (第33回臨床内分泌代謝Update 2023)
  • 甲状腺ホルモン不応症診療の手引きの作成
    (第65回日本甲状腺学会学術集会 2022)
  • Histone deacetylase 3 plays an important role in cerebellar developmental defects induced by hypothyroidism
    (ENDO 2022 2022)
  • 甲状腺ホルモン不応症の 診断基準ならびに診療指針の作成
    (第64回日本甲状腺学会学術総会 2021)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1999 - 2004 群馬大学大学院医学系研究科
  • 1991 - 1997 群馬大学医学部
経歴 (3件):
  • 2023/04 - 現在 新潟県立看護大学 生物・医学 教授
  • 2018/06 - 2023/03 群馬大学大学院 医学系研究科 応用生理学分野 講師
  • 2014/04 - 2018/05 群馬大学医学部附属病院 内分泌糖尿病内科 助教
受賞 (4件):
  • 2022/02 - Endocrine Journal Top Reviewers of 2021 Award
  • 2019/10 - 日本甲状腺学会基礎医学研究助成
  • 2012/11 - 日本甲状腺学会コスミック研究創成賞
  • 2004/11 - 日本甲状腺学会若手奨励賞
所属学会 (5件):
日本内科学会 ,  日本内分泌学会 ,  日本糖尿病学会 ,  日本甲状腺学会 ,  日本生理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る