研究者
J-GLOBAL ID:201601009207744345   更新日: 2020年09月16日

陳 冠霖

チン カンリン | Chen Kuanlin
所属機関・部署:
職名: 助理教授
ホームページURL (1件): https://sites.google.com/view/chenkk/
研究キーワード (13件): 評価 ,  自然性 ,  音声知覚 ,  音声産出 ,  非流暢性 ,  フィラー ,  音韻構造 ,  音節 ,  プロソディー ,  モーラ ,  イントネーション ,  アクセント ,  日本語
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2019 - 2021 「台灣日語學習者的填補詞使用之研究」 MOST 108-2410-H-031-081
論文 (3件):
  • 陳冠霖. OJADにおける音声合成技術を用いた日本語音声教育の可能性-文末イントネーションを中心に-. 東吳日語教育學報. 2020. 53. 145-168
  • 陳 冠霖. アクセントの推測発音と自然性評価に見られる台湾人日本語学習者と日本語母語話者の差異. 間谷論集. 2018. 12. 131-150
  • 陳 冠霖. 台湾における日本語「-2型アクセント」の生起の要因についての一考察. 日本語・日本文化研究. 2016. 26. 92-102
MISC (3件):
  • 陳 冠霖. 日本留學與生活-去日本居住之前必須要知道的10件事-. 台湾 東呉大学. 2018
  • 陳 冠霖. 台湾の問題、歴史と言葉について. 日本 大阪青山大学. 2017
  • 陳 冠霖. 台湾から見た国籍と言語使用. 日本 箕面市立第四中学校. 2017
講演・口頭発表等 (11件):
  • 人工智慧音箱『Google Home Hub』與CLIL的結合
    (東吳大學人工智慧日語研究中心成果發表會(台湾 東呉大学) 2020)
  • 台湾人日本語学習者のロールプレイ会話におけるフィラーの生起頻度について
    (第29回小出記念日本語教育研究会(日本 国際基督教大学) 2020)
  • 自然言語処理技術を活用した日本語音声教育-文末イントネーションを中心に-
    (「AIと日本語教育」国際シンポジウム(台湾 淡江大学) 2019)
  • 台湾人日本語学習者と日本語母語話者による聴覚自然性評価の差異-フィラー、ポーズ、発話速度を加工した合成音声を利用して-
    (台湾輔仁大学日本語文学科創立50周年・台湾日本語文学会創立30周年記念国際シンポジウム(台湾 輔仁大学) 2018)
  • 日本語学習者が自然だと感じる日本語音声の特徴ー発話速度、ポーズ、フィラーを中心にー
    (日本語日本文化教育研究会第31回研究発表会(日本 大阪大学中之島センター) 2018)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2015 - 2018 日本 大阪大学 博士後期課程
  • 2015 - 2015 日本 大阪大学 研究生
  • 2009 - 2013 台湾 台湾大学 日本語文学研究科 博士前期課程
  • 2006 - 2009 台湾 東呉大学 日本語文学科
学位 (1件):
  • 日本語日本文化博士 (大阪大学)
経歴 (8件):
  • 2020/08 - 現在 台湾 東呉大学 日本語文学学科 助理教授
  • 2019/08 - 2020/07 台湾 東呉大学 日本語文学学科 特任助理教授
  • 2019/05 - 2019/07 台湾 国立台湾師範大学 進修推廣學院 非常勤講師
  • 2018/11 - 2019/04 台湾 国立台湾大学 文学院語文中心 非常勤講師
  • 2017/07 - 2018/06 日本 箕面市国際交流協会 多文化理解プログラム 講師
全件表示
受賞 (1件):
  • 2016/12 - 早稲田大学 edX講座 Japanese Pronunciation for Communication 発音の達人コンテスト
所属学会 (4件):
小出日本語教育研究会 ,  台湾日語教育学会 ,  台湾日本語文学会 ,  日本音声学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る