研究者
J-GLOBAL ID:201601009239592202   更新日: 2021年06月12日

町田 正人

マチダ マサト | MASATO MACHIDA
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 触媒プロセス、資源化学プロセス
論文 (279件):
  • Junya Ohyama, Airi Hirayama, Yuka Tsuchimura, Nahoko Kondou, Hiroshi Yoshida, Masato Machida, Shun Nishimura, Kazuo Kato, Itsuki Miyazato, Keisuke Takahashi. Catalytic direct oxidation of methane to methanol by redox of copper mordenite. Catalysis Science and Technology. 2021. 11. 10. 3437-3446
  • Masato Machida. Heat- And corrosion-resistant catalytic materials for environmental and energy applications. Journal of the Ceramic Society of Japan. 2021. 129. 5. 234-240
  • Masato Machida, Asuka Ikematsu, Alam S. M. Nur, Hiroshi Yoshida. Catalytic SO3 Decomposition Activity of SiO2-Supported Alkaline Earth Vanadates for Solar Thermochemical Water Splitting Cycles. ACS Applied Energy Materials. 2021. 4. 1696-1703
  • Junya Ohyama, Airi Hirayama, Nahoko Kondou, Hiroshi Yoshida, Masato Machida, Shun Nishimura, Kenji Hirai, Itsuki Miyazato, Keisuke Takahashi. Data science assisted investigation of catalytically active copper hydrate in zeolites for direct oxidation of methane to methanol using H2O2. Scientific Reports. 2021. 11. 1. 2067-2067
  • Junya Ohyama, Takaaki Kinoshita, Eri Funada, Hiroshi Yoshida, Masato Machida, Shun Nishimura, Takeaki Uno, Jun Fujima, Itsuki Miyazato, Lauren Takahashi, et al. Direct design of active catalysts for low temperature oxidative coupling of methane via machine learning and data mining. Catalysis Science & Technology. 2021. 11. 524-530
もっと見る
MISC (78件):
特許 (22件):
  • 排気ガス浄化触媒組成物及び排気ガス浄化触媒
  • 排気ガス浄化触媒及び排気ガス浄化触媒構成体
  • 排気ガス浄化触媒組成物及び排気ガス浄化触媒
  • 排ガス浄化触媒用担体及び排ガス浄化触媒並びに排気ガス浄化用触媒構成体
  • 排気ガス浄化用触媒担体及び排気ガス浄化用触媒
もっと見る
書籍 (22件):
  • 触媒年鑑
    触媒学会 2020
  • 触媒化学 基礎から応用まで
    講談社 2015
  • 触媒の設計・反応制御事例集
    技術情報協会 2013
  • 触媒化学
    丸善 2011
  • 自動車触媒の最新技術および劣化対策と貴金属低減
    情報機構 2010
もっと見る
講演・口頭発表等 (218件):
  • 多成分スピネル酸化物固溶体の構造と三元触媒特性
    (第125回触媒討論会 2020)
  • 金属薄膜触媒によるアンモニア酸化
    (第125回触媒討論会 2020)
  • 担持Pd系三元触媒のin situ DRS法によるリアルタイム解析
    (第125回触媒討論会 2020)
  • Rhを担持した希土類リン酸塩の触媒特性
    (第58回セラミックス基礎科学討論会 2020)
  • Cu-Ni-Al-Cr 系スピネル酸化物触媒の構造解析
    (第58回セラミックス基礎科学討論会 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1987 - 1988 九州大学大学院
  • 1985 - 1987 九州大学大学院
  • 1981 - 1985 熊本大学 工業化学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (九州大学)
経歴 (6件):
  • 2016/04 - 現在 熊本大学大学院 先端科学研究部物質材料科学部門環境材料化学分野 教授
  • 2010/04 - 2016/03 熊本大学大学院 自然科学研究科産業創造工学専攻 教授
  • 2006/04 - 2010/03 熊本大学大学院 自然科学研究科複合新領域科学専攻 教授
  • 2003/04 - 2006/03 熊本大学 工学部物質生命化学科 教授
  • 1992/04 - 2003/03 宮崎大学 工学部物質工学科 助教授
全件表示
受賞 (3件):
  • 2020/11 - 日本セラミックス協会 第75 回(2020 年度) 日本セラミックス協会 学術賞 耐熱性および耐食性を有する触媒機能材料の開発
  • 2001/03 - 触媒学会 平成12年度触媒学会奨励賞 層状複合酸化物の設計と環境触媒への応用
  • 1993/01 - 触媒調製化学振興会 平成4年度触媒調製化学賞 高温燃焼触媒の調製と材料設計
所属学会 (7件):
米国化学会 ,  化学工学会 ,  日本希土類学会 ,  触媒学会 ,  電気化学会 ,  日本セラミックス協会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る