研究者
J-GLOBAL ID:201601009624106017   更新日: 2020年09月01日

井上 (餅田) みゆき

イノウエーモチタ ミユキ | MIYUKI INOUE-MOCHITA
研究分野 (1件): 分子生物学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2015 - 2018 房水生理活性物質の相互作用による緑内障発症機序の解明
  • 2013 - 2015 TGF-βおよび炎症性サイトカインシグナルを分子基盤とした房水流出機構の解析
  • 2008 - 2010 網膜幹細胞の維持に関わる細胞間相互作用とその分子シグナルの解明
論文 (21件):
  • Inoue-Mochita M, Inoue T, Kojima S, Futakuchi A, Fujimoto T, Sato-Ohira S, Tsutsumi U, Tanihara H. Interleukin-6-mediated trans-signaling inhibits transforming growth factor-β signaling in trabecular meshwork cells. The Journal of biological chemistry. 2018. 293. 28. 10975-10984
  • Futakuchi A, Inoue T, Wei FY, Inoue-Mochita M, Fujimoto T, Tomizawa K, Tanihara H. YAP/TAZ Are Essential for TGF-β2-Mediated Conjunctival Fibrosis. Investigative ophthalmology & visual science. 2018. 59. 7. 3069-3078
  • Utako Tsutsumi-Kuroda, Toshihiro Inoue, Akiko Futakuchi, Kohei Shobayashi, Eri Takahashi, Sachi Kojima, Miyuki Inoue-Mochita, Tomokazu Fujimoto, Hidenobu Tanihara. Decreased MCP-1/CCR2 axis-mediated chemotactic effect of conjunctival fibroblasts after transdifferentiation into myofibroblasts. Experimental Eye Research. 2018. 170. 76-80
  • Akiko Futakuchi, Toshihiro Inoue, Tomokazu Fujimoto, Utako Kuroda, Miyuki Inoue-Mochita, Eri Takahashi, Saori Ohira, Hidenobu Tanihara. Molecular Mechanisms Underlying the Filtration Bleb-Maintaining Effects of Suberoylanilide Hydroxamic Acid (SAHA). INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE. 2017. 58. 4. 2421-2429
  • Tomokazu Fujimoto, Toshihiro Inoue, Saori Ohira, Nanako Awai-Kasaoka, Takanori Kameda, Miyuki Inoue-Mochita, Hidenobu Tanihara. Inhibition of Rho Kinase Induces Antioxidative Molecules and Suppresses Reactive Oxidative Species in Trabecular Meshwork Cells. JOURNAL OF OPHTHALMOLOGY. 2017. 2017. 7598140
もっと見る
MISC (20件):
  • 渡邊 文香, 二口 亜希子, 藤本 智和, 井上 みゆき, 井上 俊洋. 結膜下組織瘢痕化におけるIL-6ファミリーの影響について. 日本緑内障学会抄録集. 2019. 30回. 190-190
  • 米村 瞳, 井上 俊洋, 井上 みゆき, 二口 亜希子, 藤本 智和, 堤 詩子, 谷原 秀信. ヒト結膜線維芽細胞の筋線維芽細胞への分化に対するDNAメチル基転移酵素阻害剤の影響. 日本眼科学会雑誌. 2018. 122. 臨増. 165-165
  • 二口 亜希子, 井上 俊洋, 井上 みゆき, 藤本 智和, 谷原 秀信. Hippoシグナルのエフェクター、YAP/TAZがヒト結膜線維化モデルに及ぼす影響. 生命科学系学会合同年次大会. 2017. 2017年度. [2P-0440]
  • 藤本 智和, 井上 俊洋, 大平 さおり, 井上 みゆき, 谷原 秀信. 線維柱帯細胞におけるRho/ROCKシグナル活性化因子および阻害剤の貪食能に対する影響. 生命科学系学会合同年次大会. 2017. 2017年度. [3P-0413]
  • 二口 亜希子, 井上 俊洋, 藤本 智和, 黒田 詩子, 高橋 枝里, 井上 みゆき, 谷原 秀信. ボリノスタット(SAHA)が結膜線維芽細胞に及ぼす影響. 日本眼科学会雑誌. 2017. 121. 臨増. 184-184
もっと見る
学位 (1件):
  • 医学博士 (東北大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る