研究者
J-GLOBAL ID:201601009663895380   更新日: 2019年12月19日

島田 貴士

シマダ タカシ | Shimada Takashi
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (3件): 植物分子・生理科学 ,  応用分子細胞生物学 ,  植物保護科学
研究キーワード (3件): 植物病理 ,  オイルボディ・リピッドボディ ,  植物脂質
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2019 - 2022 植物ステロール代謝に関わる新奇制御因子HiSE1の機能解明
  • 2016 - 2021 植物のオイルボディとは何か:植物脂質の有効利用を目指して
  • 2019 - 2020 葉に脂質を高蓄積する高機能植物の開発
  • 2016 - 2019 ホスファチジルイノシトールリン酸から解き明かす炭疽病菌の感染メカニズム
  • 2018 - 2020 新奇細胞小器官・SEボディによるステロール代謝制御機構の解明
全件表示
論文 (13件):
  • Takashi L. Shimada, Tomoo Shimada, Yozo Okazaki, Yasuhiro Higashi, Kazuki Saito, Keiko Kuwata, Kaori Oyama, Misako Kato, Haruko Ueda, Akihiko Nakano, Takashi Ueda, Yoshitaka Takano and Ikuko Hara-Nishimura. HIGH STEROL ESTER 1 is a key factor in plant sterol homeostasis. Nature plants. 2019. 5. 11. 1154-1166
  • Shimada TL, Betsuyaku S, Inada N, Ebine K, Fujimoto M, Uemura T, Takano Y, Fukuda H, Nakano A, Ueda T. Enrichment of phosphatidylinositol 4,5-bisphosphate in the extra-invasive hyphal membrane promotes Colletotrichum infection of Arabidopsis thaliana. Plant & cell physiology. 2019
  • Shimada TL, Hayashi M, Hara-Nishimura I. Membrane Dynamics and Multiple Functions of Oil Bodies in Seeds and Leaves. Plant physiology. 2018. 176. 1. 199-207
  • Inada N, Betsuyaku S, Shimada TL, Ebine K, Ito E, Kutsuna N, Hasezawa S, Takano Y, Fukuda H, Nakano A, Ueda T. Modulation of Plant RAB GTPase-Mediated Membrane Trafficking Pathway at the Interface Between Plants and Obligate Biotrophic Pathogens. Plant & cell physiology. 2016. 57. 9. 1854-1864
  • Shimada TL, Hara-Nishimura I. Leaf oil bodies are subcellular factories producing antifungal oxylipins. Current opinion in plant biology. 2015. 25. 145-150
もっと見る
特許 (2件):
書籍 (1件):
  • ゲノムが拓く生態学 : 遺伝子の網羅的解析で迫る植物の生きざま
    文一総合出版 2011 ISBN:9784829910870
講演・口頭発表等 (43件):
  • シロイヌナズナ種子のオイルボディ形成におけるオレオシンの役割
    (第47回 日本植物生理学会年会 2006)
  • Seed-type oleosins control the size of oil body in Arabidopsis.
    (20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress 2006)
  • 種子型オレオシン欠損によるオイルボディ巨大化と発芽への影響
    (第48回 日本植物生理学会年会 2007)
  • Oleosins provide freezing tolerance to oil seeds by keeping oil-body sizes small
    (A Joint Meeting of The Second Asian Symposium on Plant Lipids & The 20th Japanese Symposium on Plant Lipids 2007)
  • オイルボディタンパク質・オレオシンの蓄積による油糧種子の凍結耐性の獲得
    (第49回 日本植物生理学会年会 2008)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2002 - 2006 京都大学 理学部
  • 2006 - 2008 京都大学 大学院理学研究科 修士課程
  • 2008 - 2011 京都大学 大学院理学研究科 博士後期課程
学位 (1件):
  • 博士(理学) (京都大学)
経歴 (5件):
  • 2008/04 - 2011/03 京都大学 日本学術振興会・特別研究員 (DC1)
  • 2011/04 - 2014/03 京都大学 日本学術振興会 特別研究員 (PD)
  • 2014/04 - 2016/03 東京大学 特任研究員
  • 2016/04 - 2016/10 自然科学研究機構・基礎生物学研究所 特任研究員
  • 2016/11 - 現在 千葉大学 助教
受賞 (1件):
  • 2011/09 - 日本生化学会 第84回日本生化学会大会 鈴木紘一メモリアル賞受賞 オイルボディ膜タンパク質・オレオシンがみせる種子発芽能力の維持機構
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る