研究者
J-GLOBAL ID:201601009920054243   更新日: 2024年02月20日

大平 豊

オオヒラ ユタカ | Yutaka Ohira
研究分野 (3件): 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論 ,  素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする実験 ,  天文学
研究キーワード (6件): 宇宙物理学 ,  宇宙線 ,  磁場 ,  プラズマ ,  衝撃波 ,  超新星残骸
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2021 - 2026 星・惑星形成過程における高エネルギー物理現象の探求
  • 2019 - 2023 宇宙誕生後最初に加速した宇宙線の加速機構とその影響の解明
  • 2016 - 2020 部分電離プラズマ中の宇宙線加速機構の解明と初期宇宙への応用
  • 2015 - 2018 現実的な非一様媒質中を伝播する超新星残骸衝撃波での宇宙線加速過程の研究
  • 2012 - 2014 部分電離プラズマ中の超新星残骸における宇宙線の加速機構と逃走過程の解明
全件表示
論文 (74件):
  • G. S. Diniz, Y. Wada, Y. Ohira, K. Nakazawa, M. Tsurumi, T. Enoto. Relativistic Runaway Electron Avalanche Development Near the Electric Field Threshold in Inhomogeneous Air. Geophysical Research Letters. 2023. 50. 20
  • Shota L Yokoyama, Yutaka Ohira. Resistive heating induced by streaming cosmic rays around a galaxy in the early Universe. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society. 2023. 523. 3. 3671-3677
  • G. S. Diniz, Y. Wada, Y. Ohira, K. Nakazawa, M. Tsurumi, T. Enoto. Ambient Conditions of Winter Thunderstorms in Japan to Reproduce Observed Gamma-Ray Glow Energy Spectra. Journal of Geophysical Research: Atmospheres. 2023. 128. 10
  • Yuri Sato, Kohta Murase, Yutaka Ohira, Ryo Yamazaki. Two-component jet model for multiwavelength afterglow emission of the extremely energetic burst GRB 221009A. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society: Letters. 2023. 522. 1. L56-L60
  • Yuri Sato, Kaori Obayashi, B. Theodre Zhang, Shuta J. Tanaka, Kohta Murase, Yutaka Ohira, Ryo Yamazaki. Synchrotron self-compton emission in the two-component jet model for gamma-ray bursts. Journal of High Energy Astrophysics. 2023. 37. 51-61
もっと見る
MISC (5件):
  • 大平 豊. EUREKA 初代宇宙線の加速-Acceleration of First Cosmic Rays. 天文月報 = The astronomical herald. 2019. 112. 1. 41-46
  • 手嶋政廣, 手嶋政廣, 窪秀利, 戸谷友則, 朝野彰, 浅野勝晃, 井岡邦仁, 池野祐平, 石尾一馬, 石尾一馬, et al. CTA報告117:全体報告. 日本物理学会講演概要集(CD-ROM). 2017. 72. 1. ROMBUNNO.18aS11-5-457
  • 手嶋 政廣, 窪 秀利, 戸谷 友則, 浅野 勝晃, 井岡 邦仁, 井川 大地, 石尾 一馬, 井上 進, 井上 剛志, 井上 芳幸, et al. 18pSB-3 CTA報告75 : 全体報告(18pSB 高エネルギーガンマ線(CTA,MAGIC),宇宙線・宇宙物理領域). 日本物理学会講演概要集. 2014. 69.2.1. 32
  • 大平 豊. 宇宙線の源と加速・伝播の理論. 日本物理学会誌. 2012. 67. 832-837
  • 大平 豊. EUREKA 超新星残骸衝撃波における中性粒子の影響-Effects of neutral particles on supernova remnant shocks. 天文月報 = The astronomical herald. 2011. 104. 1. 24-29
講演・口頭発表等 (124件):
  • 超高エネルギーガンマ線バーストの二成分を持つジェットからの多波長残光放射
    (日本天文学会年会講演予稿集 2023)
  • 初代宇宙線による銀河間空間の加熱
    (日本天文学会年会講演予稿集 2023)
  • 相対論的衝撃波における下流乱流磁場生成効果による粒子加速
    (日本天文学会年会講演予稿集 2023)
  • 抵抗性電場によって加速された宇宙線2次電子によるガスの電離
    (日本天文学会年会講演予稿集 2023)
  • パーカースパイラル磁場を持つ星風中を膨張する超新星残骸における宇宙線の逃走過程
    (日本物理学会講演概要集(CD-ROM) 2023)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2007 - 2010 大阪大学 大学院理学研究科
経歴 (4件):
  • 2018/01 - 現在 東京大学 大学院理学系研究科 地球惑星科学専攻 助教
  • 2014/04 - 2017/12 青山学院大学 理工学部 物理・数理学科 助教
  • 2012/04 - 2014/03 青山学院大学 理工学部 物理・数理学科 日本学術振興会 特別研究員(PD)
  • 2010/04 - 2012/03 高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所 研究員
委員歴 (1件):
  • 2023/12 - 2025/11 理論天文学宇宙物理学懇談会 運営委員
受賞 (2件):
  • 2020 - AAPPS-DPP, 2020 Young Researcher Award
  • 2017 - 日本物理学会 第11回(2017年)日本物理学会若手奨励賞
所属学会 (2件):
日本物理学会 ,  日本天文学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る