研究者
J-GLOBAL ID:201601010022519238   更新日: 2021年05月07日

陽川 憲

ヨウカワ ケン | Yokawa Ken
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.mtrl.kitami-it.ac.jp/~murata/yokawa/index.html
研究分野 (1件): 植物分子、生理科学
研究キーワード (10件): Membrane Trafficking ,  Anesthesia ,  麻酔 ,  細胞膜 ,  エンドサイトーシス ,  光応答 ,  活性酸素 ,  生化学 ,  根の研究 ,  植物生理学
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2020 - 2022 土壌凍結による根の低温傷害メカニズムと環境モニタリングによる予測システムの構築
  • 2020 - 2022 ハッカ属植物の根の温度感知によるテルペン類代謝調節機構の解明
  • 2020 - 2021 植物の根による土中の温度低下の感知と低温障害を回避する生理学的メカニズムの解明
  • 2018 - 2021 植物細胞の低温感知部位の解明:低温センサー蛋白質フォトトロピンの細胞内局在
  • 2018 - 2020 植物の根の屈性にかかわる環境応答メカニズムの解明と新たな栽培法への応用
全件表示
論文 (50件):
  • Shiori Ashibe, Kanade Irisawa, Ken Yokawa, Yoshikazu Nagao. Mechanism of the adverse effect of hyaluronidase used for oocyte denudation on early development of bovine embryos. Zygote. 2021. 24. 1-5
  • Honma Y, Adhikari P, Kuwata K, Kagenishi T, Yokawa K, Notaguchi M, Kurotani K, Toda E, Bessho-Uehara K, Liu X, et al. High-quality sugar production by osgcs1 rice. Communications Biology. 2020. 3. 617
  • Baluška F, Yokawa K. Anesthetics and plants: Sensory systems and cognition-based adaptive behavior implicate that plants are not senseless automatons. Protoplasma. 2020
  • Yokawa K, Kagenishi T, Baluška F. Anesthetics, anesthesia and plants. Trends in Plant Science. 2019. 24. 1. 12-14
  • Wan Y, Yokawa K, Baluška F, ual contribution. Arabidopsis roots and light - Complex Interactions. Molecular Plant. 2019. 12. 11. 1428-1430
もっと見る
MISC (14件):
もっと見る
特許 (3件):
書籍 (4件):
  • Advances in Unconventional computing
    Springer 2016
  • Climate change and plant abiotic tolerance
    Wiley, Germany 2013 ISBN:9783527334919
  • Bioluminescence and Chemiluminescence
    World Scientific Publishing Co. Pte. Ltd. 2009
  • 翻訳版 人工光合成 ~生物学的基礎から工業技術的応用まで~
    株式会社エヌ・ティー・エス 2008
講演・口頭発表等 (33件):
  • シロイヌナズナ根の細胞膜を介した低温感受による気孔開閉と光合成効率への影響
    (日本農芸化学2020大会 2020)
  • トウモロコシ根の光応答:根端の異なる領域間での代謝物比較解析
    (日本農芸化学2020大会 2020)
  • ハッカ植物の精油成分調節メカニズムの解明と栽培応用
    (オホーツク農林水産工学連携研究センター第2回シンポジウム 2020)
  • シロイヌナズナの根が低酸素条件下で生成するエタノールによる細胞骨格と細胞膜への影響
    (第50回記念根研究集会 2019)
  • 光刺激によるシロイヌナズナ根端アミロプラストの状態と重力屈性への影響
    (第50回記念根研究集会 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2007 - 2009 北九州市立大学 博士課程後期(早期修了)
  • 2005 - 2007 早稲田大学 博士課程前期
  • 1999 - 2003 広島大学 生物科学科
学位 (3件):
  • 学士(理学) (広島大学)
  • 修士(工学) (早稲田大学)
  • 博士(工学) (北九州市立大学)
経歴 (10件):
  • 2021/04 - 現在 北見工業大学 工学部 准教授
  • 2018/11 - 2021/03 北見工業大学 工学部 助教
  • 2017/07 - 2018/10 宇都宮大学 バイオサイエンス教育研究センター 特任助教
  • 2014/04 - 2017/03 首都大学東京 JSPS特別研究員 PD
  • 2012/04 - 2014/03 ボン大学 植物細胞分子研究所 JSPS海外特別研究員
全件表示
委員歴 (7件):
  • 2019/04 - 現在 根研究学会 評議員
  • 2018/01 - 現在 ボン大学 ボン大学同窓ネットワーク日本支部 世話人
  • 2018/01 - 現在 Plant Root 科目編集委員
  • 2015/04 - 現在 文部科学省 科学技術・学術政策研究所 科学技術予測センター 専門調査員
  • 2014/04 - 現在 Plant Signaling & Behavior 編集委員
全件表示
受賞 (6件):
  • 2017/11 - 第47回根研究集会 優秀発表賞
  • 2014/03 - ドイツ語圏日本学術振興会研究者同窓会 JSPS Club Alumni Award
  • 2010/05 - Berthold Technologies, Germany Marlene DeLuca Award to outstanding luminescence researchers
  • 2007/03 - 電気学会 電気学会九州支部長賞
  • 2007/03 - 早稲田大学 優秀修士論文賞
全件表示
所属学会 (5件):
日本農芸化学会 ,  根研究学会 ,  日本分子生物学会 ,  The Society of Plant Signaling and Behavior ,  日本植物生理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る