研究者
J-GLOBAL ID:201601010236675148   更新日: 2020年08月31日

菅野 太郎

Kanno Taro
研究分野 (1件): その他
論文 (61件):
  • Rithika Dulam, Kazuo Furuta, Taro Kanno. An Agent-Based Simulation to Study the Effect of Consumer Panic Buying on Supply Chain. 2020. 255-266
  • Genki Yamashita, Taro Kanno, Kazuo Furuta. Interactive Method to Elicit Local Causal Knowledge for Creating a Huge Causal Network. 2020. 437-446
  • Daichi Mitsuhashi, Taro Kanno, Satoru Inoue, Daisuke Karikawa, Kohei Nonose, Kazuo Furuta. Prescriptive and descriptive similarity of team contexts. Advances in Intelligent Systems and Computing. 2020. 959. 185-193
  • Satoru Inoue, Kazuhiko Yamazaki, Taro Kanno. User interface design for remote small airport operation. Advances in Intelligent Systems and Computing. 2020. 1018. 124-129
  • T. Kanno, S. Koike, T. Suzuki, K. Furuta. Human-centered modeling framework of multiple interdependency in urban systems for simulation of post-disaster recovery processes. Cognition, Technology and Work. 2019. 21. 2. 301-316
もっと見る
MISC (138件):
  • 菅野 太郎. レジリエンスのメタ定義と重要社会インフラのレジリエンス. 品質. 2019. 49. 2. 144-149
  • 菅野 太郎, 依田 祐樹, 古田 一雄. 認知タスク分析のためのインタビュアエージェント. ヒューマンインタフェース学会論文誌. 2019. 21. 4. 433-446
  • 吉田 悠, 青山 久枝, 井上 諭, 菅野 太郎, 古田 一雄. 情報の誘目性が航空管制タスクに与える影響. ヒューマンインタフェース学会論文誌. 2018. 20. 1. 125-134
  • 渡辺 哲朗, 菅野 太郎, 古田 一雄. 階層型共進化モデルと論理値型GPを用いた不良品回収制度の改善のための社会シミュレーション. 進化計算学会論文誌. 2017. 8. 2. 36-51
  • 古田一雄, 小宮山涼一, 藤井秀樹, 菅野太郎, 木藤浩之, 吉村忍, 山田知典. 重要インフラのレジリエンス分析と危機管理政策(1)-全体概要-. 安全工学シンポジウム講演予稿集. 2016. 2016. 332-333
もっと見る
書籍 (3件):
  • レジリエンス工学入門 : 「想定外」に備えるために
    日科技連出版社 2017 ISBN:9784817196248
  • 社会技術システムの安全分析 : FRAMガイドブック
    海文堂出版 2013 ISBN:9784303729981
  • 航空管制業務の安全性に関する認知システム工学研究
    古田一雄 2007
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る