研究者
J-GLOBAL ID:201601010246013330   更新日: 2022年01月07日

千葉 周也

チバ シユウヤ | Chiba Shuya
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 応用数学、統計数学 ,  数学基礎
研究キーワード (3件): 離散数学 ,  グラフ理論 ,  組合せ論
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2020 - 2025 有向グラフ上の詰込み・分割問題に対する新手法の開発とその応用
  • 2017 - 2021 指定した成分数の2-因子とハミルトン閉路の差
  • 2017 - 2018 成分数指定の2-因子問題に対する新手法の開発とその応用
  • 2014 - 2018 グラフのErdos-Posa propertyと次数条件の相互関係に関する研究
  • 2011 - 2013 点素な星グラフの存在に関する研究
全件表示
論文 (50件):
  • Shuya Chiba, Akira Saito, Masao Tsugaki, Tomoki Yamashita. Spanning Bipartite Graphs with Large Degree Sum in Graphs of Odd Order. Graphs and Combinatorics. 2021. 37. 5. 1841-1858
  • Shuya Chiba, Jun Fujisawa. Induced Nets and Hamiltonicity of Claw-Free Graphs. Graphs and Combinatorics. 2021. 37. 3. 663-690
  • Shuya Chiba, Michitaka Furuya. A characterization of 2-connected {K1,3,N3,1,1}-free non-Hamiltonian graphs. Discrete Mathematics. 2021. 344. 5. 112321-112321
  • Shuya Chiba, Eishi Mishio, Pierre Montalbano. On degree sum conditions for directed path-factors with a specified number of paths. Discrete Mathematics. 2020. 343. 12. 112114-112114
  • Shuya Chiba, Suyun Jiang, Jin Yan. Partitioning a graph into cycles with a specified number of chords. Journal of Graph Theory. 2020. 94. 3. 463-475
もっと見る
書籍 (1件):
  • Hakata Workshop 2014, Discrete Mathematics and its Applications (MI Lecture Note. volume 56)(共同編集)
    Math-for-Industry, Kyushu University 2014
講演・口頭発表等 (73件):
  • Induced nets and Hamiltonicity of claw-free graphs
    (Hakata Workshop; Winter Meeting 2020-Discrete Mathematics and its Applications- 2020)
  • A proof of Broersma's conjecture on Hamiltonicity of claw-free graphs
    (2019年度応用数学合同研究集会 2019)
  • On degree conditions for directed path-factors in digraphs
    (The 14th International Student Conference on Advanced Science and Technology ICAST 2019 Kumamoto 2019)
  • The existence of a 2-factor with a specified number of components in a line graph
    (Japan-Mongolia Joint Workshop on Pure and Applied Mathematics 2019)
  • Degree conditions for directed path-factors in digraphs
    (第4回軽井沢グラフと解析研究集会 2019)
もっと見る
Works (1件):
  • 点素な部分グラフが存在するための十分条件に関する研究
    2009 - 2010
学歴 (3件):
  • 2007 - 2010 東京理科大学大学院 数学専攻 博士課程
  • 2005 - 2007 東京理科大学大学院 数学専攻 修士課程
  • 2001 - 2005 東京理科大学 応用数学科
学位 (3件):
  • 博士(理学) (東京理科大学)
  • 修士(理学) (東京理科大学)
  • 学士(理学) (東京理科大学)
経歴 (5件):
  • 2020/04 - 現在 熊本大学 大学院先端科学研究部(工学系) 応用数理解析分野 教授
  • 2018/10 - 2020/03 熊本大学 大学院先端科学研究部(工学系) 応用数理解析分野 准教授
  • 2016/04 - 2018/09 熊本大学 大学院先端科学研究部(工学系) 応用数理解析分野 講師
  • 2013/04 - 2016/03 熊本大学 大学院自然科学研究科(工学系) 応用数理講座 講師
  • 2010/04 - 2013/03 東京理科大学 理学部数理情報科学科 助教
受賞 (1件):
  • 2017/03 - 日本数学会 2016年度応用数学研究奨励賞 二部グラフ上の完全マッチングを含む2-因子と有向グラフ上の有向2-因子
所属学会 (1件):
日本数学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る