研究者
J-GLOBAL ID:201601010280738750   更新日: 2021年04月17日

平山 真敏

ヒラヤマ マサトシ | MASATOSHI HIRAYAMA
所属機関・部署:
職名: 医員
研究分野 (1件): 外科系歯学
論文 (20件):
  • 竹下 尚志, 吉田 遼司, 劉 隣, 高橋 望, 平山 真敏, 中山 秀樹. 頸部痛を契機に診断に至った特発性総頸動脈解離の1例. 日本口腔外科学会雑誌. 2020. 66. 1. 20-24
  • Ryoji Yoshida, Masashi Nagata, Akiyuki Hirosue, Kenta Kawahara, Masafumi Nakamoto, Masatoshi Hirayama, Nozomu Takahashi, Yuichiro Matsuoka, Junki Sakata, Hikaru Nakashima, et al. Efficacy of adjuvant chemotherapy with S-1 in stage II oral squamous cell carcinoma patients: A comparative study using the propensity score matching method. PloS one. 2020. 15. 4. e0231656
  • Junki Sakata, Akiyuki Hirosue, Ryoji Yoshida, Kenta Kawahara, Yuichiro Matsuoka, Tatsuro Yamamoto, Masafumi Nakamoto, Masatoshi Hirayama, Nozomu Takahashi, Takuya Nakamura, et al. HMGA2 Contributes to Distant Metastasis and Poor Prognosis by Promoting Angiogenesis in Oral Squamous Cell Carcinoma. International journal of molecular sciences. 2019. 20. 10
  • Miki Tsuruta, Masatoshi Hirayama, Poh Yin Yew, Sachiko Yoshimura, Hiroyuki Kishi, Hiroshi Hamana, Satoru Senju, Atsushi Irie, Junji Yatsuda, Tomomi Kamba, et al. Bladder cancer-associated antigens-derived long peptides activate both CTLs and Th1-cells expressing converged TCRs. CANCER SCIENCE. 2018. 109. 731-731
  • 平山 真敏, 西村 泰治. 【がん免疫療法-What's now and what's next?-】(第2章)最近のがん免疫療法開発の臨床的成果と位置づけ がんワクチン CTLとTh細胞を共に活性化できるがんペプチドワクチン療法の開発. 遺伝子医学MOOK. 2017. 31. 110-116
もっと見る
MISC (37件):
  • 井上 淳貴, 吉田 遼司, 坂田 純基, 川原 健太, 平山 真敏, 廣末 晃之, 永田 将士, 中山 秀樹. 舌癌における頸部後発転移予測システムの開発. 日本癌学会総会記事. 2020. 79回. PJ14-7
  • 平山 真敏, 川原 健太, 廣末 晃之, 村端 由希, 竹下 尚志, 福間 大喜, 永田 将士, 吉田 遼司, 中山 秀樹. 咬筋肥大症に対して咬筋切除術と下顎角部外側皮質骨矢状分割術を施行した1例. 日本顎変形症学会雑誌. 2020. 30. 2. 138-138
  • 平山 真敏, 碇 竜也, 佐々木 匡理, 堀之内 康文. 小児下顎骨関節突起骨折後の骨リモデリングを経時的に観察し得た1症例. 口腔顎顔面外傷. 2019. 18. 2. 69-69
  • 平山 真敏, 碇 竜也, 佐々木 匡理, 堀之内 康文. 急激なPT-INRの延長をきたしたワルファリン内服中の高齢者ARONJの1例. 歯科薬物療法. 2019. 38. 2. 136-136
  • 平山 真敏, 碇 竜也, 佐々木 匡理, 堀之内 康文. 当科における3年間の顎顔面骨折の臨床的検討. 口腔顎顔面外傷. 2018. 17. 2. 86-87
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る