研究者
J-GLOBAL ID:201601010695229908   更新日: 2020年10月24日

谷口 真

タニグチ マコト | Makoto Taniguchi
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (1件): https://kaken.nii.ac.jp/d/r/30529433.ja.html
研究分野 (2件): 分子生物学 ,  細胞生物学
研究キーワード (11件): 細胞生物学 ,  分子生物学 ,  細胞膜 ,  ウイルス感染 ,  がん ,  脂質生化学 ,  スフィンゴ脂質 ,  セラミド ,  スフィンゴミエリン ,  スフィンゴミエリン合成酵素 ,  脂質ラフト
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2017 - 2019 スフィンゴミエリン合成酵素欠損による急性骨髄性白血病進行の抑制機構の解明
  • 2013 - 2016 日本脳炎ウイルス感染におけるスフィンゴミエリン/脂質ラフトの役割
論文 (30件):
  • Shilei Zhao, Xin Guo, Makoto Taniguchi, Kazuya Kondo, Sohsuke Yamada, Chundong Gu, Hidetaka Uramoto. Detection of Mediastinal Lymph Node Metastases Using Indocyanine Green (ICG) Fluorescence Imaging in an Orthotopic Implantation Model. Anticancer research. 2020. 40. 4. 1875-1882
  • Makoto Taniguchi, Yoshibumi Ueda, Michiko Matsushita, Shingo Nagaya, Chieko Hashizume, Kenta Arai, Kazuya Kabayama, Koichi Fukase, Ken Watanabe, Lusi Oka Wardhani, et al. Deficiency of sphingomyelin synthase 2 prolongs survival by the inhibition of lymphoma infiltration through ICAM-1 reduction. FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology. 2020. 34. 3. 3838-3854
  • Xiaoyan Liu, Nobuyoshi Tajima, Makoto Taniguchi, Nobuo Kato. The enantiomer pair of 24S- and 24R-hydroxycholesterol differentially alter activity of large-conductance Ca2+ -dependent K+ (slo1 BK) channel. Chirality. 2020. 32. 2. 223-230
  • Goichi Matsumoto, Chieko Hashizume, Ken Watanabe, Makoto Taniguchi, Toshiro Okazaki. Deficiency of sphingomyelin synthase 1 but not sphingomyelin synthase 2 reduces bone formation due to impaired osteoblast differentiation. Molecular medicine (Cambridge, Mass.). 2019. 25. 1. 56-56
  • Kobayashi I, Kondo M, Yamamori S, Kobayashi-Sun J, Taniguchi M, Kanemaru K, Katakura F, Traver D. Enrichment of hematopoietic stem/progenitor cells in the zebrafish kidney. Scientific reports. 2019. 9. 1. 14205-14205
もっと見る
MISC (22件):
  • Makoto Taniguchi, Toshiro Okazaki. Ceramide/Sphingomyelin Rheostat Regulated by Sphingomyelin Synthases and Chronic Diseases in Murine Models. Journal of lipid and atherosclerosis. 2020. 9. 3. 380-405
  • 谷口 真, 岡崎 俊朗. 第35章 がんとセラミド関連物質. セラミド研究の新展開 ~基礎から応用へ~. 2019. 286-302
  • 橋爪 智恵子, 谷口 真, 岡崎 俊朗. 第5章 セラミド関連脂質シグナリング ~セラミドの多様な生理活性~. セラミド研究の新展開 ~基礎から応用へ~. 2019. 51-63
  • 谷口 真, 橋爪 智恵子, 岡崎 俊朗. 【脂質クオリティ研究の基礎と臨床】膜リン脂質クオリティと疾患制御 細胞内セラミド代謝と疾患制御. 医学のあゆみ. 2019. 269. 13. 1095-1102
  • 谷口 真. ウイルス感染におけるスフィンゴミエリン生合成の役割. 生化学. 2018. 90. 2. 173-177
もっと見る
講演・口頭発表等 (2件):
  • スフィンゴミエリン合成酵素欠損マウス -動物病態モデルの利用と応用-
    (ConBio 2017 2017)
  • 日本脳炎ウイルス感染におけるスフィンゴミエリンの役割
    (第33回 日本生化学会北陸支部会 2015)
学歴 (1件):
  • 2003 - 2006 鳥取大学大学院 博士後期課程(分子生物学分野・佐藤建三教授)
経歴 (4件):
  • 2014/04 - 現在 金沢医科大学 総合医学研究所 講師
  • 2012/06 - 2014/03 金沢医科大学 総合医学研究所 助教
  • 2010/09 - 2012/05 鳥取大学 医学部 プロジェクト研究員(分子生物学分野・文科省 地域イノベーションクラスター事業)
  • 2006/04 - 2010/08 鳥取大学 医学部 プロジェクト研究員(臨床検査医学分野)
受賞 (1件):
  • 2017/01 - 金沢医科大学 優良教員賞(研究活動部門)
所属学会 (2件):
日本放射線安全管理学会 ,  日本生化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る