研究者
J-GLOBAL ID:201601010695229908   更新日: 2022年06月29日

谷口 真

タニグチ マコト | Makoto Taniguchi
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (1件): https://kaken.nii.ac.jp/d/r/30529433.ja.html
研究分野 (2件): 分子生物学 ,  細胞生物学
研究キーワード (11件): 細胞生物学 ,  分子生物学 ,  細胞膜 ,  ウイルス感染 ,  がん ,  脂質生化学 ,  スフィンゴ脂質 ,  セラミド ,  脂質ラフト ,  スフィンゴミエリン合成酵素 ,  スフィンゴミエリン
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2021 - 2024 血小板膜におけるスフィンゴミエリンを介したリン脂質露呈制御機構の解明
  • 2020 - 2023 SMS阻害による癌微小環境免疫療法の分子機構解明
  • 2016 - 2019 スフィンゴミエリン/脂質ラフトを標的としたインプラント周囲炎の新たな予防法の開発
  • 2017 - 2019 スフィンゴミエリン合成酵素欠損による急性骨髄性白血病進行の抑制機構の解明
  • 2014 - 2017 イオンチャネルを介したオメガ-3不飽和脂肪酸のアルツハイマー病脳改善作用
全件表示
論文 (43件):
  • Jun Fujita, Makoto Taniguchi, Chieko Hashizume, Yoshibumi Ueda, Shota Sakai, Tadakazu Kondo, Mayumi Hashimoto-Nishimura, Kentaro Hanada, Takeo Kosaka, Toshiro Okazaki. Nuclear Ceramide Is Associated with Ataxia Telangiectasia Mutated Activation in the Neocarzinostatin-Induced Apoptosis of Lymphoblastoid Cells. Molecular pharmacology. 2022. 101. 5. 322-333
  • Makoto Taniguchi, Toshiro Okazaki. Role of ceramide/sphingomyelin (SM) balance regulated through “SM cycle” in cancer. Cellular Signalling. 2021. 87. 110119-110119
  • Yoritaka Fujii, Makoto Taniguchi, Shingo Nagaya, Yoshibumi Ueda, Chieko Hashizume, Ken Watanabe, Hiroyuki Takeya, Takeo Kosaka, Toshiro Okazaki. A novel mechanism of thrombocytopenia by PS exposure through TMEM16F in sphingomyelin synthase 1 deficiency. Blood advances. 2021. 5. 20. 4265-4277
  • Akari Shintani, Hiromi Sakata-Haga, Keiichi Moriguchi, Mitsuhiro Tomosugi, Daisuke Sakai, Tsuyoshi Tsukada, Makoto Taniguchi, Masahide Asano, Hiroki Shimada, Hiroki Otani, et al. MC5R Contributes to Sensitivity to UVB Waves and Barrier Function in Mouse Epidermis. JID Innovations. 2021. 100024-100024
  • Asuka Watanabe, Misa Togi, Terutsugu Koya, Makoto Taniguchi, Takuya Sakamoto, Kuniyoshi Iwabuchi, Tomohisa Kato Jr, Shigetaka Shimodaira. Identification of CD56dim subpopulation marked with high expression of GZMB/PRF1/PI-9 in CD56+ interferon-α-induced dendritic cells. Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms. 2021. 26. 5. 313-327
もっと見る
MISC (25件):
特許 (1件):
講演・口頭発表等 (3件):
  • Ceramide/sphingomyelin balance regulated by sphingomyelin synthase in murine disease models.
    (日本薬学会 第141年会 2021)
  • スフィンゴミエリン合成酵素欠損マウス -動物病態モデルの利用と応用-
    (ConBio 2017 2017)
  • 日本脳炎ウイルス感染におけるスフィンゴミエリンの役割
    (第33回 日本生化学会北陸支部会 2015)
学歴 (1件):
  • 2003 - 2006 鳥取大学大学院 博士後期課程(分子生物学分野・佐藤建三教授)
経歴 (4件):
  • 2014/04 - 現在 金沢医科大学 総合医学研究所 講師
  • 2012/06 - 2014/03 金沢医科大学 総合医学研究所 助教
  • 2010/09 - 2012/05 鳥取大学 医学部 プロジェクト研究員(分子生物学分野・文科省 地域イノベーションクラスター事業)
  • 2006/04 - 2010/08 鳥取大学 医学部 プロジェクト研究員(臨床検査医学分野)
委員歴 (1件):
  • 2019/08 - 現在 スフィンゴテラピィ研究会 組織委員(事務局長)
受賞 (3件):
  • 2022/03 - 金沢医科大学総合医学研究所 令和3年度研究セミナー 奨励賞
  • 2021/03 - 金沢医科大学総合医学研究所 令和2年度研究セミナー 所長賞
  • 2017/01 - 金沢医科大学 優良教員賞(研究活動部門)
所属学会 (2件):
日本放射線安全管理学会 ,  日本生化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る