研究者
J-GLOBAL ID:201601010735093699   更新日: 2020年12月17日

藤原 寛太郎

フジワラ カンタロウ | Fujiwara Kantaro
所属機関・部署:
職名: 特任准教授
ホームページURL (1件): https://kaken.nii.ac.jp/d/r/00557704.ja.html
研究分野 (1件): 感性情報学
研究キーワード (1件): 数理工学,理論神経科学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2016 - 2019 活動電位形状に対する非線形ダイナミクス解析手法の構築
  • 2015 - 2018 2型糖尿病における人工的膵臓刺激装置設計のための数理モデル研究
  • 2012 - 2015 単一神経細胞の活動電位データを用いた統計解析手法の開発
  • 2008 - 2011 神経データにおける情報抽出のための統計解析手法の開発と数理モデル選択
論文 (68件):
  • Keita Koyama, Hiroyasu Ando, Kantaro Fujiwara. Effect of External and Internal Forces on Synchronization of Bursting Oscillator Networks. Proceedings of the 2020 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications. 2020. 131-134
  • Kantaro Fujiwara. Theoretical Modeling of Information Transmission in Visual Systems. Proceedings of the 2019 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications. 2019. 66-69
  • Hiroya Masuoka, Kantaro Fujiwara, Kazuo Emoto. Elucidation of Synapse Pruning Mechanism Supporting Brain Development Using Mathematical Model. Proceedings of the 2019 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications. 2019. 62-65
  • Kotaro Kasahara, Yutaka Shimada, Kantaro Fujiwara, Tohru Ikeguchi. Effects of TRPM2 Channel on Insulin Secretion. Proceedings of the 2019 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications. 2019. 54-57
  • Yutaka Shimada, Mayumi Tatara, Kantaro Fujiwara, Tohru Ikeguchi. Formation mechanisms of local structures in language networks. EPL-EUROPHYS LETT. 2019. 127. 5. 56003
もっと見る
MISC (87件):
  • 宮南風, 島田裕, 藤原寛太郎, 池口徹. 興奮性/抑制性ニューロン比率がシナプス伝達情報量に与える影響. 電子情報通信学会ソサイエティ大会論文集. 2020. N-1-10
  • Hiroya Masuoka, Kantaro Fujiwara, Kazuo Emoto. Elucidation of synaptic pruning mechanism supporting cerebellar motor learning. 日本神経回路学会􏱂􏰊全国大会講演論文集. 2019. 84
  • 宮 南風, 島田 裕, 藤原寛太郎, 池口 徹. 興奮性/抑制性ニューロン比率がシナプス結合強度とネットワーク構造に与える影響. 2019年電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集. 2019. N-1-10
  • 金丸 志生, 島田 裕, 藤原 寛太郎, 池口 徹. 数値計算精度か異なる整数ロシスティック写像の応答から生成した擬似乱数列への排他的論理和演算の有効性の検討. 2019年電子情報通信学会NOLTAソサイエティ大会. 2019. B-19
  • 宮南風, 島田 裕, 藤原 寛太郎, 池口 徹. 興奮性/抑制性ニューロン比率が発火率と学習に与える効果. 電子情報通信学会 2019年総合大会講演論文集. 2019. 1. N-1-25
もっと見る
書籍 (2件):
  • 理工系の基礎 情報工学 第IV部 インテリジェントシステム 第13章 脳情報を読み取るための数理
    丸善出版 2018
  • 社会を変える驚きの数学 第3章 数学がかなえる未来 神経の統計学
    ウェッジ選書 2008
講演・口頭発表等 (108件):
  • Effect of external and internal forces on synchronization of bursting oscillator networks
    (International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications 2020)
  • SNNをベースとした機械学習アルゴリズム
    (ニューロモルフィックワークショップ@AIST 2020)
  • Numerical simulation of oscillatory neural activity during development
    (A*star-IRCN Joint Workshop “Tracking Infant Brain Development” 2019)
  • Theoretical Modeling of Information Transmission in Visual Systems
    (International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications 2019)
  • Elucidation of Synapse Pruning Mechanism Supporting Brain Development Using Mathematical Model
    (International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(情報理工学) (東京大学)
経歴 (4件):
  • 2018 - 現在 東京大学 国際高等研究所 ニューロインテリジェンス国際研究機構 特任准教授
  • 2014 - 2018 東京理科大学 工学部 助教
  • 2011 - 2014 埼玉大学 大学院・理工学研究科 助教
  • 2008 - 2011 日本学術振興会 特別研究員(PD)
受賞 (2件):
  • 2014/12/03 - 電子情報通信学会非線形問題研究会発表奨励賞
  • 2010 - Daiwa Adrian Prize
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る