研究者
J-GLOBAL ID:201601010746238630   更新日: 2020年09月28日

一柳 錦平

Ichiyanagi Kimpei
研究分野 (1件): 大気水圏科学
研究キーワード (4件): 気象学 ,  水文学 ,  Meteorology ,  Hydrology
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2017 - 2020 海氷減少が北極陸域水循環に与える影響の実態解明
  • 2016 - 2019 インドネシア全域における降水の安定同位体マップの作成
  • 2016 - 2018 無農薬有機栽培の水田で地下水の硝酸性窒素汚染は減らせるか?
  • 2012 - 2014 降水同位体観測による台風や豪雨をもたらす水蒸気の起源解析
  • 2010 - 2012 日本近海の爆弾低気圧活動の変動機構と気象・海象災害発生プロセスの研究
全件表示
論文 (74件):
  • Akata Naofumi, Iwata Chie, Kato Akemi, Tanaka Masahiro, Tazoe Hirofumi, Shima Nagayoshi, Ichiyanagi Kimpei, Hegedus Miklos, Bator Gergo, Kovacs Tibor, et al. Low-volume Electrolytic Enrichment for Tritium Measurement Using Improved Solid Polymer Electrolyte System at NIFS and Its Application. Radiation environment and medicine : covering a broad scope of topics relevant to environmental and medical radiation research. 2020. 9. 2. 93-97
  • Kimpei Ichiyanagi, Minato Imatsu, Kiyoshi Ide, Jun Shimada. Effects on fluvial discharges of the 2016 Kumamoto earthquakes, Japan. Journal of Hydrology. 2020. 583
  • Kimpei Ichiyanagi, Kiyoshi Ide, Masahiro Tanoue. Seasonal variability of stable isotopes in precipitation and spring water around Mt Kimpo, Kumamoto, southwestern Japan*. ISOTOPES IN ENVIRONMENTAL AND HEALTH STUDIES. 2020. 56. 2. 149-157
  • 一柳 錦平, 松永 緑, 田上 雅浩, 嶋田 純. 都城市における降水の安定同位体比の季節変動. 日本水文科学会誌. 2020. 50. 2. 85-94
  • 一柳 錦平, 井手 淨, 嶋田 純, 市川 勉. 熊本市江津湖周辺における地下水湧出量の再考察. 日本水文科学会誌. 2020. 50. 1. 3-11
もっと見る
MISC (31件):
  • 田上雅浩, 一柳錦平. International Symposium on Isotope Hydrology-Advancing the Understanding of Water Cycle Processes参加報告. 日本水文科学会誌. 2019. 49. 2. 127-129
  • 一柳 錦平. European Geosciences Union (EGU) General Assembly 2018参加報告. 日本水文科学会誌. 2018. 48. 2. 123-125
  • 一柳錦平, 安藤昭太郎. 熊本地震による河川水位の変化. 日本水文科学会誌. 2017. 47. 1. 11-15(J-STAGE)
  • 一柳 錦平, 田上 雅浩, 藪崎 志穂, 宮下 雄次. 序文 特集 同位体マッピング研究の最前線 (特集 シンポジウム 同位体マッピング研究の最前線). 日本水文科学会誌 = Journal of Japanese Association of Hydrological Sciences. 2016. 46. 2. 69-71
  • S. Mori, J.-I. Hamada, P.-M. Wu, K. Ichiyanagi, M. Hattori, H. Kamimera, A. Arbain, S. Lestari, Reni Sulistyowa ti, F. Syamsudin, et al. Local Circulations and Diurnal Convections Formed Along Coastal Zones over the Indonesian Maritime Continent ke y to Understanding the IMC Weather and Climate. AOGS. 2014
もっと見る
書籍 (3件):
  • 新しい地球惑星科学
    倍風館 2019
  • 持続可能な地下水利用に向けた挑戦 -地下水先進地域熊本からの発信-
    熊本大学政創研業書 2016 ISBN:9784792392574
  • 気象学における水安定同位体比の利用
    日本気象学会 2009 ISBN:9784904129036
講演・口頭発表等 (152件):
  • Estimating Temporal and Seasonal Groundwater Sources Using Isotopic Mass Balance Analysis.
    (The 14th International Student Conference on Advanced Science and Technology (ICAST) 2019 Kumamoto 2019)
  • シベリア,ティクシにおける降水同位体比の変動
    (日本気象学会2019年度秋季大会 2019)
  • Identifying Correlated Water Extreme Event and Isotope Meteoric Water in Thailand Tributaries of Lower Mekong River Basin: During 2013-2015.
    (2019 International Conference on Climate Change, Disaster Management and Environmental Sustainability 2019)
  • Temporal Variability of Stable Isotopes in Precipitation Observed at Tiksi, Russia
    (27th International Union of Geodesy and Geophysics (IUGG) General Assembly 2019)
  • Re-consideration of discharge rate of spring water in Lake Ezu, Kumamoto
    (JpGU 2019 2019)
もっと見る
学歴 (7件):
  • 2002 - 名古屋大学 論理博第751号取得
  • 1994 - 1995 名古屋大学
  • - 1995 名古屋大学
  • 1993 - 1994 名古屋大学
  • 1991 - 1993 三重大学
全件表示
学位 (1件):
  • 博士(理学) (名古屋大学)
経歴 (11件):
  • 2016/04 - 現在 熊本大学 大学院先端科学研究部(理学系)地球環境科学 准教授
  • 2018/04 - 2019/03 海洋研究開発機構 地球環境変動領域 招聘主任研究員
  • 2008/04 - 2018/03 海洋研究開発機構 地球環境変動領域 招聘研究員
  • 2008/04 - 2016/03 熊本大学 大学院自然科学研究科(理学系)地球環境科学 准教授
  • 2005/04 - 2008/03 海洋研究開発機構 地球観測研究センター 研究員
全件表示
委員歴 (12件):
  • 2019/04 - 現在 日本水文科学会 学会賞選考委員
  • 2019/04 - 2020/03 日本水文科学会 会計委員
  • 2016/04 - 2019/03 日本水文科学会 評議員,会計委員長
  • 2013/04 - 2016/03 日本水文科学会 評議員,広報・企画委員
  • 2008/09 - 2014/06 日本気象学会 電子情報委員
全件表示
受賞 (3件):
  • 2016/09 - 日本学術振興会 平成28年度科研費審査委員の表彰
  • 2003/05 - 日本水文科学会 研究奨励賞
  • 2002/03 - 海洋研究開発機構 地球観測フロンティア研究システム優秀研究賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る