研究者
J-GLOBAL ID:201601010746238630   更新日: 2022年04月01日

一柳 錦平

Ichiyanagi Kimpei
研究分野 (1件): 大気水圏科学
研究キーワード (4件): 気象学 ,  水文学 ,  Meteorology ,  Hydrology
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2021 - 2025 北極温暖化増幅に対する北極域の水・物質循環の影響評価
  • 2017 - 2020 海氷減少が北極陸域水循環に与える影響の実態解明
  • 2016 - 2019 インドネシア全域における降水の安定同位体マップの作成
  • 2016 - 2018 無農薬有機栽培の水田で地下水の硝酸性窒素汚染は減らせるか?
  • 2012 - 2014 降水同位体観測による台風や豪雨をもたらす水蒸気の起源解析
全件表示
論文 (85件):
  • 壁谷直紀・清水 晃・酒井佳美・鳥山淳平・釣田竜也・小林政広・清水貴範・一柳錦平. 自動採水器を用いた時間別降雨採取装置の開発. 九州森林研究. 2022. 75. 85-87
  • Hotaek Park, Masahiro Tanoue, Atsuko Sugimoto, Kimpei Ichiyanagi, Go Iwahana, Tetsuya Hiyama. Quantitative Separation of Precipitation and Permafrost Waters Used for Evapotranspiration in a Boreal Forest: A Numerical Study Using Tracer Model. Journal of Geophysical Research: Biogeosciences. 2021. 126. 12
  • Mojtaba Heydarizad, Masoud Minaei, Kimpei Ichiyanagi, Rogert Sorí. The effects of local and regional parameters on the δ18O and δ2H values of precipitation and surface water resources in the Middle East. Journal of Hydrology. 2021. 600
  • Jeerapong Laonamsai, Kimpei Ichiyanagi, Supapap Patsinghasanee, Kiattipong Kamdee. Controls on stable isotopic characteristics of water vapour over Thailand. Hydrological Processes. 2021. 35. 7
  • Jeerapong Laonamsai, Kimpei Ichiyanagi, Supapap Patsinghasanee. Isotopic temporal and spatial variations of tropical rivers in Thailand reflect monsoon precipitation signals. Hydrological Processes. 2021. 35. 3. e14068
もっと見る
MISC (46件):
  • 田上雅浩, 一柳錦平. International Symposium on Isotope Hydrology-Advancing the Understanding of Water Cycle Processes参加報告. 日本水文科学会誌. 2019. 49. 2. 127-129
  • 一柳 錦平. European Geosciences Union (EGU) General Assembly 2018参加報告. 日本水文科学会誌. 2018. 48. 2. 123-125
  • 一柳 錦平. 2016 American Geophysical Union Fall Meeting参加報告. 日本水文科学会誌 = Journal of Japanese Association of Hydrological Sciences. 2017. 47. 1. 23-25
  • 一柳錦平, 安藤昭太郎. 熊本地震による河川水位の変化. 日本水文科学会誌. 2017. 47. 1. 11-15(J-STAGE)
  • 一柳 錦平, 田上 雅浩, 藪崎 志穂, 宮下 雄次. 序文 特集 同位体マッピング研究の最前線 (特集 シンポジウム 同位体マッピング研究の最前線). 日本水文科学会誌 = Journal of Japanese Association of Hydrological Sciences. 2016. 46. 2. 69-71
もっと見る
書籍 (4件):
  • 上天草市史 姫戸町・龍ヶ岳町編1 自然 大地と海と空の煌めき
    熊本県上天草市 2021 ISBN:9784903638836
  • 新しい地球惑星科学
    倍風館 2019
  • 持続可能な地下水利用に向けた挑戦 -地下水先進地域熊本からの発信-
    熊本大学政創研業書 2016 ISBN:9784792392574
  • 気象学における水安定同位体比の利用
    日本気象学会 2009 ISBN:9784904129036
講演・口頭発表等 (164件):
  • Relationship between sea ice retreat and precipitation isotopic ratios around Arctic region
    (Pan-Arctic Water-Carbon Cycles and Terrestrial Changes in;the Arctic 2022)
  • Considering warming impact on stable isotopes in precipitation observed at Tiksi in northern Siberia
    (Pan-Arctic Water-Carbon Cycles and Terrestrial Changes in the Arctic 2022)
  • The 16th International Student Conference on Advanced Science and Technology (ICAST2021), Kumamoto University
    (The 16th International Student Conference on Advanced Science and Technology (ICAST2021) 2021)
  • 自動採水器を用いた時間別降雨採水装置の開発
    (第77回九州森林学会)
  • 降水の安定同位体比に見られる北極域での海氷後退による応答
    (水文・水資源学会/日本水文科学会2021年度研究発表会 2021)
もっと見る
学歴 (7件):
  • 2002 - 名古屋大学 論理博第751号取得
  • 1994 - 1995 名古屋大学
  • - 1995 名古屋大学
  • 1993 - 1994 名古屋大学
  • 1991 - 1993 三重大学
全件表示
学位 (1件):
  • 博士(理学) (名古屋大学)
経歴 (11件):
  • 2016/04 - 現在 熊本大学 大学院先端科学研究部(理学系)地球環境科学 准教授
  • 2018/04 - 2019/03 海洋研究開発機構 地球環境変動領域 招聘主任研究員
  • 2008/04 - 2018/03 海洋研究開発機構 地球環境変動領域 招聘研究員
  • 2008/04 - 2016/03 熊本大学 大学院自然科学研究科(理学系)地球環境科学 准教授
  • 2005/04 - 2008/03 海洋研究開発機構 地球観測研究センター 研究員
全件表示
委員歴 (13件):
  • 2021/09 - 現在 水文科学会2021年度名誉会員候補者推薦委員,委員長
  • 2019/04 - 現在 日本水文科学会 学会賞選考委員
  • 2019/04 - 2020/03 日本水文科学会 会計委員
  • 2016/04 - 2019/03 日本水文科学会 評議員,会計委員長
  • 2013/04 - 2016/03 日本水文科学会 評議員,広報・企画委員
全件表示
受賞 (3件):
  • 2016/09 - 日本学術振興会 平成28年度科研費審査委員の表彰
  • 2003/05 - 日本水文科学会 研究奨励賞
  • 2002/03 - 海洋研究開発機構 地球観測フロンティア研究システム優秀研究賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る