研究者
J-GLOBAL ID:201601011290903586   更新日: 2021年08月23日

藤井 昌和

フジイ マサカズ | Fujii Masakazu
所属機関・部署:
職名: 助教
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (3件): 固体地球科学 ,  固体地球科学 ,  固体地球科学
研究キーワード (8件): 氷-海洋-海底相互作用 ,  海底マグマ・熱水活動 ,  海洋底 ,  岩石磁気 ,  テクトニクス ,  固体地球物理 ,  海洋リソスフェア ,  蛇紋岩化作用
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2019 - 2023 マルチタイムスケール海洋地殻生産モデルの研究
  • 2020 - 2022 中央海嶺における海底マグマ活動が地球環境変動に与える影響に関する研究
  • 2018 - 2022 ゴンドワナ大陸分裂初期過程の解明:白亜紀スーパークロンに形成した海洋底はどこか?
  • 2017 - 2022 未探査領域への挑戦
  • 2018 - 2021 海洋リソスフェア内の水循環:トランスフォーム断層と海底断裂帯における水分布の解明
全件表示
論文 (21件):
  • Hiroshi Ichihara, Toru Mogi, Toshihiro Uchida, Hideyuki Satoh, Yusuke Yamaya, Masakazu Fujii, Shusaku Yamazaki, Kenji Okazaki, Noriko Tada. Imaging of a serpentinite complex in the Kamuikotan Zone, northern Japan, from magnetotelluric soundings. Earth, Planets and Space. 2021. 73. 1
  • Genta Mizuta, Yasushi Fukamachi, Daisuke Simizu, Yoshimasa Matsumura, Yujiro Kitade, Daisuke Hirano, Masakazu Fujii, Yoshifumi Nogi, Kay I. Ohshima. Seasonal Evolution of Cape Darnley Bottom Water Revealed by Mooring Measurements. Frontiers in Marine Science. 2021. 8
  • Ken-ichi Hirauchi, Izumi Segawa, Yui Kouketsu, Yumiko Harigane, Yasuhiko Ohara, Jonathan Snow, Atlanta Sen, Masakazu Fujii, Kyoko Okino. Alteration processes recorded by back-arc mantle peridotites from oceanic core complexes, Shikoku Basin, Philippine Sea. Island Arc. 2021. 30. 1
  • Vigan Mensah, Yoshihiro Nakayama, Masakazu Fujii, Yoshifumi Nogi, Kay I. Ohshima. Dense water downslope flow and AABW production in a numerical model: Sensitivity to horizontal and vertical resolution in the region off Cape Darnley polynya. Ocean Modelling. 2021. 101843-101843
  • Kazuya Kusahara, Daisuke Hirano, Masakazu Fujii, Alexander D. Fraser, Takeshi Tamura. Modeling intensive ocean-cryosphere interactions in Lützow-Holm Bay, East Antarctica. The Cryosphere. 2021. 15. 4. 1697-1717
もっと見る
MISC (1件):
書籍 (1件):
  • 新地球 Volume 1 マントル特集号
    出版社:マントル出版、発行所:オリンピア印刷株式会社 2020
講演・口頭発表等 (65件):
  • 地球物理データで見る南大洋の海洋底
    (若手研究者・学生を対象とした南大洋・南極研究集会 2020)
  • 南大洋航海における地球物理観測の概要:大陸分裂と海底拡大から1歩先へ
    (白鳳丸30周年記念世界一周航海(HEAW30) へ向けた研究戦略会議 2019)
  • 南大洋の海底地形観測の現状と展望 〜音で見える景色が生む疑問と制約〜
    (南極氷床・海氷・海洋システムの研究に関する今後 10 年を見据えた将来構想 2019)
  • Geophysical insights into tectonic, volcanic, sedimentation, and glacial processes in Indian and Southern Oceans: Preliminary geophysical results of R/V Hakuho-maru KH-19-1 cruise
    (Japan Geoscience Union Meeting 2019 2019)
  • Submersible magnetics reveals relationship between off-axis volcanism and hydrothermal systems of the Kairei and Yokoniwa fields at the Central Indian Ridge
    (Japan Geoscience Union Meeting 2019 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2011 - 2016 東京大学大学院
  • 2007 - 2011 名古屋大学
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京大学)
経歴 (2件):
  • 2016/04 - 現在 国立極地研究所 地圏研究グループ 助教
  • 2013/04 - 2016/03 東京大学 大気海洋研究所 日本学術振興会 特別研究員 DC1
受賞 (6件):
  • 2015/10 - 第138回地球電磁気・地球惑星圏学会優秀発表者
  • 2015/09 - Third InterRidge Theoretical Insitute Best Student Presentation Awards
  • 2014/08 - Asia-Oceania Geoscience Meeting Student Outstanding Presentation Awards
  • 2014/05 - 日本地球惑星科学連合2014年大会 学生優秀発表賞
  • 2013/10 - 第134回地球電磁気・地球惑星圏学会優秀発表者
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る