研究者
J-GLOBAL ID:201601011454494305   更新日: 2020年10月14日

三隅 将吾

Misumi Shogo
論文 (85件):
  • Kishimoto N., Misumi S. Various functions of host proteins revealed by proteome analysis using infectious HIV-1 particles. Proteome Letters. 2020
  • El-Desoky AHH, Eguchi K, Kato H, Kishimoto N, Misumi S, Watanabe T, Tsukamoto S. Chamaejasmins, cytotoxic guaiane sesquiterpenes from the root of Stellera chamaejasme L. Fitoterapia. 2020. 146. 104714
  • Kishimoto N, Yamamoto K, Iga N, Kirihara C, Abe T, Takamune N, Misumi S. Alpha-enolase in viral target cells suppresses the human immunodeficiency virus type 1 integration. Retrovirology. 2020. 17. 31
  • Shin-Ichiro Hattori, Nobuyo Higshi-Kuwata, Jakka Raghavaiah, Debananda Das, Haydar Bulut, David A Davis, Yuki Takamatsu, Kouki Matsuda, Nobutoki Takamune, Naoki Kishimoto, et al. GRL-0920, an Indole Chloropyridinyl Ester, Completely Blocks SARS-CoV-2 Infection. mBio. 2020. 11. 4
  • Tatsuya Isayama, Hikaru Etoh, Naoki Kishimoto, Toshimasa Takasaki, Ayumi Kuratani, Tomoki Ikuta, Tomoki Tatefuji, Nobutoki Takamune, Atsunobu Muneoka, Yoshihiro Takahashi, et al. 10-Hydroxydecanoic Acid Potentially Elicits Antigen-Specific IgA Responses. Biological and Pharmaceutical Bulletin. 2020. 43. 8. 1202-1209
もっと見る
書籍 (2件):
  • 認定動物看護師教育コアカリキュラム2019 準拠 基礎動物看護学3
    2020 ISBN:9784866710877
  • 動物微生物学・動物感染症学
    2016 ISBN:9784899959069
講演・口頭発表等 (72件):
  • 二機能性アルギニン転移酵素はHIV-1カプシドタンパク質に作用し、HIV-1感染性を維持するための最適な脱殻過程を制御する
    (第93回 日本生化学会大会 2020)
  • 細胞外小胞に焦点を当てた、安全かつ有効性の高い不活化全粒子インフルエンザワクチン作出のための基礎研究
    (フォーラム2020 衛生薬学・環境トキシコロジー 2020)
  • Arginyltransferase 1はHIV-1脱殻過程を管理する宿主性タンパク質である
    (フォーラム2020 衛生薬学・環境トキシコロジー 2020)
  • 宿主性タンパク質Arginyltransferase 1はHIV-1脱殻過程に対して2つの制御能を有する
    (第19回 次世代を担う若手ファーマ・バイオフォーラム2020 2020)
  • Tetragalloyl-D-Lysine Dendrimerによるワクチン抗原ラベルはMicrofold細胞のポドカリキシンを介した抗原取込みを促進する
    (第19回 次世代を担う若手ファーマ・バイオフォーラム2020 2020)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る